[国際親善試合 2018] アルバニア代表 vs ウクライナ代表

元の記事へ移動

2018年06月03日にフランスのエヴィアンで行なわれた「国際親善試合2018」(インターナショナル・フレンドリーマッチ)、アルバニア代表対ウクライナ代表のYouTube速報動画です。 […]

続きを読む

【岩政大樹×ウクライナ戦】なぜ日本は守備に隙が生まれるのか? 頑固なハリルは諸刃の剣に

元の記事へ移動

日本代表は27日、ウクライナ代表と対戦し1-2で敗れた。この試合ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップの日本代表メンバーに選ばれ、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

【西部の目】ハリルJは個性の薄いチームに。失われた特徴、“素の状態”のレベル低下

元の記事へ移動

27日、日本代表はキリンチャレンジカップでウクライナ代表と対戦し1-2で敗れた。追いかける展開の中でセットプレーから同点としたものの、後半に突き放された。中島翔哉という収穫はあったが、地力の差が結果に表れた試合だ。また、ある弊害によって、以前は備えていた日本の良さの一つがなくなっている。(取材・文:西部謙司)

英国人が見たウクライナ戦「ハリルの考えわからない」「いまセルフィーを撮ったら…」

元の記事へ移動

日本代表は27日、キリンチャレンジカップinヨーロッパでウクライナ代表と対戦し、1-2で敗れた。この試合中、日本代表やJリーグなどを幅広く取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

【識者の眼】柴崎岳の創造性がハリルJを導くか。流れを支配する多彩なセンス

元の記事へ移動

日本代表は27日、ウクライナ代表との国際親善試合に臨む。あわや敗戦の状態まで追い込まれたマリ戦からの停滞感を払拭できるだろうか。攻撃のカギを握るのはスペインで卓越したゲームメイク力とパスセンスを磨いたMF柴崎岳のプレーかもしれない。(取材・文:河治良幸【リエージュ】)

ハリルJなぜ停滞? 長谷部・川島ら重鎮が答えた、たった1つの要因

元の記事へ移動

連日伝えられる日本代表の動向からは停滞感が漂っている。ワールドカップまで3ヶ月を切った今、そういったネガティブな雰囲気をポジティブなものに変えていくには何が必要なのか。27日のウクライナ戦で選手たちが表現すべきことを、サムライブルーの重鎮たちが語る。(取材・文:元川悦子【リエージュ】)