なぜ、冨安健洋は失点に絡んだのか? ボローニャの“核”だからこそ潰しにきたウディネーゼの戦略

元の記事へ移動

セリエA第6節、ウディネーゼ対ボローニャは1-0でウディネーゼが勝利した。日本代表DF冨安健洋はこの試合でも右サイドバックとして先発起用されたが、試合を決めた1点は冨安の右サイドを崩されてのものだった。しかし、それはウディネーゼがボローニャの右サイド攻略を戦術上1番の対策としていたからだった。(取材・文:神尾光臣【ウディネ】)