【朗報】サッカークラブワールドカップ、ガチの大会に生まれ変わる

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2019/03/16(土) 06:09:00.76
国際サッカー連盟(FIFA)評議会は15日、2021年からクラブワールドカップ参加チームを24に増やすことを承認した。FIFA公式サイトが伝えている。
FIFAは以前からこれまでのクラブワールドカップを廃止し、4年に一度、24チームが参加するクラブワールドカップを開催することを検討していた。これについて15日の評議会で話し合われ、賛成25票、反対7票で、正式に承認されている。

3チームずつ8つのグループに分かれ、これを勝ち抜いたクラブが決勝トーナメントを戦うことになる。
FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、「これからが本当のクラブワールドカップになるでしょう。真の世界王者が誕生するのです」と語った。

しかし、ヨーロッパクラブ連盟(ECA)は、クラブワールドカップが新フォーマットに移行する場合、ボイコットも辞さない構えだという。
2021年までに問題は解決するだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00313589-footballc-socc
no title

続きを読む

【英国人の視点】鹿島・安部裕葵に感じる“本物”の予感。大舞台に立つだけでは満足しない、その資質

元の記事へ移動

鹿島アントラーズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)王者としてクラブワールドカップに挑んだが、3位決定戦でリーベル・プレートに敗れた。しかし、この大会で19歳の安部裕葵が大器の片鱗をのぞかせた。(文:ショーン・キャロル)

レアルにとって意味のないクラブW杯。実力差は明らか、改めて考える大会の存在意義

元の記事へ移動

現地時間22日に行われたFIFAクラブワールドカップ決勝戦、アル・アイン対レアル・マドリーの一戦は4-1で後者が勝利している。マドリーと他のクラブとの実力差は明らかだった。優勝は必然だったというべきだろう。そこで問われるのはクラブW杯の存在意義だ。(文:小澤祐作)

鹿島、衝撃の4失点完敗を意味のある敗戦に。南米王者リーベルから学ぶべき勝利へのこだわり

元の記事へ移動

現地時間22日に行われたFIFAクラブワールドカップの3位決定戦、鹿島アントラーズは0-4で南米王者リーベル・プレートに敗れた。終盤までゴールに迫り続け、大量得点を奪ったアルゼンチンの強豪と、チャンスを作りながらゴールネットを揺らせなかったアジア王者との間にはどんな差があったのだろうか。(文:編集部)