クロアチアが「選手追放」の混乱にも揺らがない理由。強く結ばれた“家族”の絆【ロシアW杯】

元の記事へ移動

クロアチアは、ロシアワールドカップ・グループリーグにおいて圧巻の強さを見せた。しかし、初戦ではニコラ・カリニッチが交代出場を拒否して追放&強制送還される事件も起きている。選手の造反劇はチームを壊す要因ともなるが、クロアチアはどのチームよりも団結した姿を見せている。(文:長束恭行)

モドリッチを別格たらしめる武器。時を操るリズム、自在の「前足」に凝縮された凄み【西部の目/ロシアW杯】

元の記事へ移動

 ロシアワールドカップ・グループリーグD組は実力国が揃ったが、クロアチアは3連勝で首位通過を果たした。中心はルカ・モドリッチ。第2節のアルゼンチン戦では特筆すべきワンプレーがあった。相手のタイミングを外し、味方を生かす。決勝トーナメントでも世界最高のMFは時間を操作する。(文:西部謙司)

“モドリッチ世代”。クロアチアが誇る世界級のタレントたち。『98年超え』も夢ではない【ロシアW杯】

元の記事へ移動

 ロシアワールドカップ・グループリーグD組最終節、クロアチア代表はアイスランド代表と対戦して2-1で勝利。一時は同点に追いつかれるなど反撃を食らったが、3戦全勝で首位通過を果たした。初戦終了後にはメンバーが一人、チームを去るアクシデントもあった。だが、結束をむしろ深まった感がある。安定した戦い、陣容を見ても隙は少ない。先人が成し遂げた偉業を越えることも不可能ではない。(文:青木務)