世界のトッププレイヤー能力値ランキング。Fチャン編集部が選定、実力者たちの本当の凄さとは?(10~1位編)【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を独断で数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブを参考)。

ベルギーの「あのカウンター」が成功する理由。日本も英国も葬った“創造主”デ・ブライネ【ロシアW杯】

元の記事へ移動

ロシアワールドカップの3位決定戦を制したのはベルギーだった。並みいる強豪相手に印象深いサッカーを見せてきた赤い悪魔たちは、過去最高成績を母国にもたらし大会を去る。「黄金世代」とも言われる今大会のベルギーをけん引したケビン・デ・ブライネは、イングランドとの最後の試合でもクオリティの高さを遺憾なく発揮した。(文:舩木渉)

個をつなぐ「偽CFデ・ブルイネ」という奇策。ベルギーが見つけた“正解”、最高の状態で準決勝へ【西部の目/ロシアW杯】

元の記事へ移動

 ロシアワールドカップ準々決勝・ブラジル戦において、ベルギーはケビン・デ・ブルイネを「偽CF」として起用。この策が当たり、王国を打ち破った。デ・ブルイネを触媒にエデン・アザールやロメル・ルカクの『個』もさらに光るようになった。奇策にも映るこの戦い方だが、実は彼らの力を最大限発揮するための正解かもしれない。(文:西部謙司)

ベルギーは日本戦を“糧”に。ブラジル撃破の周到な計画と爆発した『個』。王国は必然の敗戦【ロシアW杯】

元の記事へ移動

 ロシアワールドカップ準々決勝が現地時間6日に行われ、ベルギー代表がブラジル代表を2-1で下した。エデン・アザール、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカクらを擁し黄金世代と称される今大会のベルギー。日本戦で得た教訓を生かしつつ、王国を破るためのプランも実践。主力を累積警告で欠くブラジルも全てを出し尽くした。ベスト4進出に相応しいのはベルギーのほうだった。(文:青木務)