【動画】<日本代表編成会議3>中村憲剛に清武… 期待の若手選手から、まだ「見たい」あの選手も選出!

元の記事へ移動

いわきFCが体現する日本サッカーの新基準。既存クラブとは明確に一線画す壮大な冒険【いわきFCの果てなき夢】

元の記事へ移動

天皇杯全日本サッカー選手権大会でJ1の北海道コンサドーレ札幌を撃破するなど、痛快無比なジャイアントキリング旋風とともに脚光を浴びたいわきFC。J1から数えて7部に相当する、福島県社会人リーグ1部を主戦場としたアマチュア軍団は、既存のJクラブとは明らかに一線を画す壮大な夢を描いている。異彩を放つ挑戦を追う本シリーズ。第1回はクラブスローガン『WALK TO THE DREAM』に込められた思いに迫った。(取材・文:藤江直人)

強豪国に勝つために、日本が目指すべきスタイル。「風間理論」で今こそ考えたいポゼッション

元の記事へ移動

11月の欧州遠征でブラジル、ベルギーと対戦した日本代表。ベルギーには僅差での敗北となったが、ブラジル戦では大きな力の差を見せつけられた。強豪国を倒すために日本が目指すべきスタイルとはなんだろうか。風間八宏監督と共に『技術解体新書』(カンゼン)を著した西部謙司氏が、日本を強くするためのヒントとして「風間理論」を読み解く。(取材・文:西部謙司)

230億円の値がついた驚異の18歳エムバペ。とびきり速いFWが備える器用さ【西部の目】

元の記事へ移動

モナコでセンセーショナルな活躍を見せ、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したキリアン・エムバペ。ティエリ・アンリ2世とうたわれ、すでにフランス代表でもプレーしている18歳だが、その真の魅力はどこにあるだろうか。ネイマール、カバーニと3トップを形成する大物感十分のFWがさらに飛躍するために必要なものとは。(文:西部謙司)

「効率的だからドリブルよりパス」は正解なのか。聖和学園高校、打開力を養うための育成論

元の記事へ移動

東北に徹底してドリブルにこだわる高校サッカーチームがある――。ここ3年、連続で全国の舞台に立っている聖和学園高校(宮城県)だ。2015年度の高校サッカー選手権では、ライバル野洲高を7-1で下し、見るものに衝撃を与えた。しかし、時には「ドリブルしかない」「足先のテクニック」ばかりだと揶揄されることもある。それでも加見成司監督は「個」の育成を重視したスタイルを変えるつもりはない。11月7日発売の『聖和の流儀』では、ドリブルスタイルにこだわる理由や育成論について、さまざまな思いが綴られている。今回は、先んじてその一端を紹介する。(文:加見成司)

人体の弱点をつく。風間理論による解決策。身体能力に左右されずゴールを奪う方法

元の記事へ移動

川崎フロンターレでも、名古屋グランパスでも選手の技術を向上させ、圧倒的な攻撃力を発揮してきた風間理論。そこに日本サッカーの得点力を上げるヒントが隠されている。このほど風間八宏監督との共著書『技術解体新書』(カンゼン)を上梓した著者が独特の言葉を用いる風間理論の中でも「外す」に着目し、「決定力」「得点力」の正体を解き明かす。(取材・文:西部謙司)