[2月20日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FWアラン(讃岐、1989、ブラジル)*裏へ抜け出す際のスピードとドリブルでの仕掛けを持ち味とするアタッカー。

World
GKアルトゥール・ボルツ(ボーンマス、1980、ポーランド)*鋭い反応と的確なポジショニングが持ち味。
FWチーロ・インモービレ(ラツィオ、1990、イタリア)*裏への飛び出し、パワーとスピードを兼ね備えているストライカー。

Former
DFネナド・マスロバル(元市原ほか、1967、モンテネグロ)*Jで活躍した親日家のDF。
DFシニシャ・ミハイロビッチ(元ラツィオほか、1969、セルビア)*「グランシニストラ(偉大なる左足)」の愛称でFKからハットトリックを達成したこともあるDF。

Others
浅香光代(女優、1931)
志村けん(タレント、1950)
森田剛(V6:歌手、1979)
石田明(NON STYLE:芸人、1980)
三戸なつめ(タレント、1990)
伊藤万理華(乃木坂46:アイドル、1996)
藤田ニコル(モデル、1998)

[2月19日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW萬代宏樹(水戸、1986)*逆境に強く、最後まで泥臭くゴールに迫る長身ストライカー。
MF日高慶太(秋田、1990)*美しい軌道を描く正確なパスで攻撃を組み立てるMF。
DF水本勝成(鹿児島、1990)*足の速さを武器に相手の突破を封じるDF。
FW佐々木一輝(富山、1991)*京都産業大出身。スピードを生かした突破力が魅力のFW。
FW安西海斗(山形、1998)*柏U-18出身。丁寧なパスでゲームを作るMF。

World
MF小林大悟(NE・レボリューション、1983)*得点も狙える司令塔。バンクーバーから14年2月に加入した。
FWマウロ・イカルディ(インテル、1993、アルゼンチン)*ワイルドなプレースタイルで得点を量産するストライカー。

Former
MFソクラテス(元コリンチャンスほか、1954、ブラジル)*医学免許を持つ元ブラジル代表。ジーコらとともに組んだ中盤は黄金のカルテットと呼ばれた。
DFジャンルカ・ザンブロッタ(元ユベントスほか、1977、イタリア)*左右両サイドに対応できるユーティリティー性が持ち味だった元イタリア代表DF。
MF秋葉勝(元山形ほか、1984)*戦術理解度と適応力に長け、多くの指揮官に重宝されたMF。山形ユースの最高傑作。

Others
薬丸裕英(タレント、1966)
あべこうじ(タレント、1975)
山本高広(タレント、1975)
中島美嘉(歌手、1983)
琴欧洲勝紀(相撲、1983)
ガリガリガリクソン(タレント、1986)

[2月18日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

World
GKイドリス・カメニ(フェネルバフチェ、1984、カメルーン)*身体能力の高いGK。積極的な飛び出しと瞬発力が持ち味。
MFロマン・ノイシュテッター(フェネルバフチェ、1988、ドイツ)*恵まれたフィジカルをいかしたハードな守備が持ち味。
DFナタン・アケ(ボーンマス、1995、オランダ)*足もとの技術やパス精度が高いDF。チェルシー育ち。

Former
FWロベルト・バッジオ(元ユベントスほか、1967、イタリア)*スピードと技術を高次元で兼備したファンタジスタ。
MFクロード・マケレレ(元R・マドリーほか、1973、フランス)*無尽蔵のスタミナと卓越した危機察知能力で、所属した各チームを支えた守備職人。
DFガリー・ネビル(元マンチェスター・U、1975、イングランド)*安定感抜群で非常に完成度の高いSB。

Others
オノ・ヨーコ(アーティスト、1933)
ジョン・トラボルタ(俳優、1954)
影山ヒロノブ(歌手、1961)
斎藤雅樹(野球、1965)
ねづっち(タレント、1975)
高島彩(アナウンサー、1979)
TETSUYA(EXILE:ダンサー、1981)

[2月17日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
DF吉田豊(鳥栖、1990)*静岡学園高出身。フィジカルの強さと運動量が持ち味のDF。
DF浜崎拓磨(水戸、1993)*攻撃参加からの正確なクロスが持ち味。
MF荒木大吾(磐田、1994)*サイドからの鋭い突破でチャンスを生み出すMF。
MF宮崎幾笑(金沢、1998)*左足を駆使したドリブルやミドルなど、積極性が売りのMF。

Former
FWヘニー・マイヤー(元川崎Vほか、1962、オランダ)*Jリーグ開幕当時川崎Vでプレーし、記念すべきJリーグ初ゴールを挙げたFW。

Others
マイケル・ジョーダン(バスケット、1963)
YUKI(ミュージシャン、1972)
吉瀬美智子(女優、1975)
パリス・ヒルトン(モデル、1981)
斎藤ちはる(乃木坂46:アイドル、1997)

[2月16日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW金崎夢生(鹿島、1989)*裏へ抜け出すスピード、屈強なフィジカル、正確なキックを兼ね備える現代型FW。
DF谷口功(鹿児島、1991)*桃山学院大出身。ヘディングやコーチングに優れたDF。
DF松原健(横浜FM、1993)*長い脚が目を引くサイドバック。オーバーラップからのクロスが持ち味。
FW瀧谷亮(岐阜、1994)*前線で体を張れるポストプレイヤー。打点の高いヘディングが魅力。
GK永石拓海(C大阪、1996)*長い手足を生かしたセービングが魅力。福岡大から18年に加入した。
DF中山雄太(柏、1997)*ボールタッチと多彩なパスセンス、恵まれたフィジカルが武器のDF。

World
DFディエゴ・ゴディン(A・マドリー、1986、ウルグアイ)*空中戦に強くセットプレーではターゲット役となるDF。
DFアンドレア・ラノッキア(インテル、1988、イタリア)*卓越したラインコントロールや空中戦での強さが武器。
DFハーフナー・ニッキ(SVホルン、1995)*FWハーフナー・マイクの実弟。高さを生かした守備が武器のDF。

Former
MF金田喜稔(元日産自動車、1958)*元日本代表MF。現在はサッカー解説者として活躍。
MF尹晶煥(元C大阪ほか、1973)*現役時代はテクニシャン。現在はソリッドなチームを作る監督として知られる。C大阪監督。

Others
相川七瀬(歌手、1975)
オダギリジョー(俳優、1976)
香椎由宇(女優、1987)
松岡茉優(女優、1995)
荻野由佳(NGT48:アイドル、1999)

[2月15日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
DF内野貴志(長野、1988)*対人プレーの強さと正確なロングフィードを武器とするDF。
MF赤尾公(鹿児島、1988)*冷静に状況判断、的確なパスが持ち味。フィジカルも強い。
DFンドカ・ボニフェイス(水戸、1996)*浦和東高、日本体育大出身のDF。屈強なフィジカルが魅力。

World
GKルイ・パトリシオ(S・リスボン、1988、ポルトガル)*ジャンプ力と鋭い反射神経、安定したセービングが持ち味のGK。
MFジョフレイ・コンドグビア(バレンシア、1993、フランス)*長身で正確なキックが魅力。運動量もあり、パスセンスも光る。

Others
浅田美代子(タレント、1956)
堀ちえみ(女優、1967)
山崎邦正(タレント、1968)
西脇綾香(Perfume:歌手、1989)
尾形春水(モーニング娘。:アイドル、1999)

[2月14日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

World
DFバカリ・サニャ(ベネベント、1983、フランス)*スピードを生かした仕掛け、1対1で力を発揮するSB。
FWエジソン・カバーニ(パリSG、1987、ウルグアイ)*ポストプレーや高さを生かしたヘディングが得意で足もとも器用なFW。
MFアンヘル・ディ・マリア(パリSG、1988、アルゼンチン)*左足の精度が高く、ドリブルの仕掛けやシュートの技術に優れたMF。
MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム、1992、デンマーク)*キックが正確でマルチに高い能力を備えるMF。

Former
FW永井雄一郎(元浦和ほか、1979)*高速ドリブルが魅力のアタッカー。単独でカウンターを成立させられるスキルを持っていた。

Others
斎藤隆(野球、1970)
平子理沙(モデル、1971)
JUJU(歌手、1976)
冲方丁(作家、1977)
もう中学生(お笑い芸人、1983)
市川紗椰(タレント、1987)

スピードの化身「マーキュリアル」の先行販売ライブストリーミングが15日22時よりオンエア

元の記事へ移動

スピードの化身「マーキュリアル」の先行販売ライブストリーミングが15日22時よりオンエア
 2月15日22時からナイキフットボールのFacebook Live上で「マーキュリアル」の先行販売ライブストリーミング「NIKE FOOTBALL LIVE」をKAMO原宿の2階から配信する。タレントのJOYをMCに迎え、鹿島アントラーズのDF西大伍FC東京のDF太田宏介がスペシャルゲストとして登場。「マーキュリアル」のイノベーションについて、そして現代フットボールで求められる「スピード」について語り尽くす特別番組となっている。

 日本と世界の間に存在する「スピード」の差を埋めるにはどうしたらいいのか。現代フットボールでは、アタッカーだけでなく、ボランチにも、センターバックにも、サイドバックにも、すべてのポジションで「スピード」が求められている。時代とともに変化してきた「スピード」の定義とその重要性。史上最高のアップデートを遂げたスピードの化身「マーキュリアル」だからこそ、現代サッカーで必要な「スピード」にも適応し、プレイヤーのパフォーマンスを最大限に引き出すことができる。

 15日22時より配信される「NIKE FOOTBALL LIVE」では、実際にマーキュリアルを着用してプレーする西と太田の2人が、「スピード」をテーマに語り合い、今こそ「マーキュリアル」が必要な理由に迫る。番組では最速で売り切る実演販売士のレジェンド松下氏が登場。「マーキュリアル」の実演販売をライブストリーミングで実践する。

nike_pc

nike_SP

元国際審判員の名木氏がインドネシアの審判ダイレクターに就任

元の記事へ移動

ブラジルW杯のピッチに立った元国際審判員の名木利幸氏(左から2番目)
 元国際審判員の名木利幸氏がインドネシアの審判ダイレクターに就任した。日本サッカー協会(JFA)が発表している。

 JFAでは、アジアにおけるサッカー発展を目的として、アジア各地に指導者を派遣している。インドネシアの審判ダイレクターに就任した名木氏は、2014年ブラジルW杯を含む数々の国際大会で副審を務めてきた、日本を代表する元国際審判員。JFAを通じて以下のようにコメントしている。

「日本サッカー協会(JFA)は昨年12月、インドネシアサッカー協会(PSSI)とより強固で良好な関係を築き両国におけるサッカーの発展を目的とするパートナーシップ協定を締結しました。私は、インドネシアの審判技術の向上と審判育成を主なターゲットとして取り組みます。

 インドネシアの人口は2億3千万人を超え、世界第4位。サッカーは最も人気のあるスポーツで、国内では非常に注目を集めています。プロリーグも再編成され、今後さらに高まるサッカー熱に、なんとしても応えなければならないと考えています。インドネシアの国土は東西5000kmを超え、島も13000以上あります。カバーするエリアは大変広いですが、PSSIの皆さん、そしてチームとして時間をともに過ごす審判仲間と、与えられた環境の中でインドネシアサッカーの発展に貢献すべく日々努力と精進を重ねます。

 日本の皆さまにもぜひインドネシアのサッカーに興味を持って注目していただければ幸いです。最後に、このような素晴らしい挑戦をする機会を与えてくださったPSSIとJFAに感謝申し上げます」

[2月13日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FWリカルド・サントス(C大阪、1987、ブラジル)*17年に貴州人和から加入。長身を武器にパワフルなプレーでゴールを奪うFW。
FW佐藤悠希(長野、1988)*状況判断力に優れ、チャンスに強く、積極的に得点に絡むFW。
DFユン・ソギョン(柏、1990、韓国)*スプリント能力は高く運動量も豊富。クロスの精度も高いサイドバック。

World
DFラファエル・マルケス(アトラス、1979、メキシコ)*巧みなカバーリングが持ち味のDF。
MFケビン・ストロートマン(ローマ、1990、オランダ)*精度の高い左足キックで局面を打開できるMF。
DFママドゥ・サコ(クリスタル・パレス、1990、フランス)*身体能力が高く、豊富な運動量と足もとのテクニックを備えるDF。
DFエリアカン・マンガラ(エバートン、1991、フランス)*無尽蔵のスタミナでマーカーを潰しにいく密着マークが武器。両足をバランスよくつかいこなす。
FWメンフィス・デパイ(リヨン、1994、オランダ)*スピード豊富でキックの精度も高い。2014-15シーズンはエールディビジの得点王に輝いた。

Former
ピエルルイジ・コッリーナ(元審判員、1960、イタリア)*的確なレフェリングでW杯決勝など大一番の試合で主審をまかされることが多かった。
DFセバスティアン・ケール(元ドルトムントほか、1980、ドイツ)*足もとのテクニックに長け、肉弾戦においても力を発揮できる万能なDF。14-15シーズン限りで現役を引退した。
GK藤ヶ谷陽介(元G大阪ほか、1981)*反射神経の良さと正確なセービングを武器とするGK。G大阪では多くのタイトル獲得に貢献した。

Others
森本レオ(俳優、1943)
南こうせつ(シンガーソングライター、1949)
竹宮惠子(漫画家、1950)
矢野顕子(シンガーソングライター、1955)
出川哲朗(タレント、1964)
南原清隆(ウッチャンナンチャン:タレント、1965)
ヒロミ(タレント、1965)
生田智子(女優、1967)
有村架純(女優、1993)