[9月19日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF早坂良太(札幌、1985)*JFLのHondaFCから鳥栖に加入し、18年から札幌へ。恵まれた体格、スピードが持ち味。
DF奈良竜樹(川崎F、1993)*当たり負けしないフィジカルを備え、スピードもあるDF。
DF藤嵜智貴(沼津、1994)*国士舘大から18年に新加入。清水ユース出身。
MF品田愛斗(FC東京、1999)*FC東京U-18から18年にトップ昇格。キックの精度が高くハードワークもできるMF。
FW兵藤健斗(名古屋、2000)*名古屋U-18からの2種登録選手。左足のキックと力強いフィジカルが魅力。

World
GKエドゥアルド(フィテッセ、1982、ポルトガル)*チェルシーからローン移籍で加入したGK。2010年南アフリカW杯ではポルトガル代表の正守護神。
DFキーラン・トリッピアー(トッテナム、1990、イングランド)*強烈かつ精度の高い右足キックを武器とする英国代表サイドバック。

Former
FW鬼武健二(元ヤンマーほか、1939)*現役時代は俊足ウインガー。28歳でヤンマーの監督に就き、JSL最多勝記録を持つ。第3代Jリーグチェアマン。
GKデビッド・シーマン(元アーセナルほか、1963、イングランド)*長髪が特徴の元イングランド代表守護神。1998年、2002年W杯出場。
MF伊藤彰(元川崎Fほか、1972)*川崎FのJ参入時に在籍したMF。2017年5月から11月まで大宮の監督を務めていた。

Others
小柴昌俊(物理学者、1926)
山口小夜子(モデル、1949)
高山善廣(プロレスラー、1966)
細田守(アニメ監督、1967)
西川貴教(T.M.Revolution:ミュージシャン、1970)
久保ミツロウ(漫画家、1975)
IMALU(タレント、1989)
福田沙紀(女優、1990)
渡辺美優紀(元NMB48:アイドル、1993)
兒玉遥(HKT48:アイドル、1993)

欧州4ビッグクラブのユニフォームとカラー連動したスパイク!「SPECTRAL MODE PACK」が公開

元の記事へ移動

ストリートトレンドを取り入れたパステルカラーの「SPECTRAL MODE PACK」
 アディダスは18日、スパイクの新たなカラーコレクション『SPECTRAL MODE PACK(スペクトラルモードパック)』を発表した。今回の新色は2018-19シーズンでアディダスがユニフォームを提供しているバイエルン(ドイツ)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、レアル・マドリー(スペイン)、ユベントス(イタリア)の4クラブのユニフォームと連動されたカラーリングになっているのが特徴だ。


 しなやかなレザータッチを求めるプレーヤー向けの『COPA(コパ)』はバイエルンのアウェーユニフォームと連動したクリアミントを採用。ボールコントロールを重視するプレーヤー向けの『PREDEATOR(プレデター)』はユナイテッドのアウェーユニフォームと同じピンクを採用している。

 また、縦へのスピードにこだわるプレーヤー向けの『X(エックス)』はレアルのホームユニフォームと同じホワイト、アジリティを武器にするプレーヤー向けの『NEMEZIZ(ネメシス)』はユベントスのアウェーユニフォームと連動したアッシュシルバーとなっている。


 『SPECTRAL MODE PACK』のスパイクは、アディダスオンラインショップとサッカーショップKAMO原宿店で数量限定トップモデルを9月18日から先行発売。25日より全国のアディダス取扱店舗にて一般発売開始される。

★SPECTRAL MODE PACKの詳細はこちら

【ルール】知的障がい者サッカー

元の記事へ移動

【競技の特徴】
■出場資格
・知的障がい者で、クラス分けはない。国内の公式大会に出場する際は、都道府県・政令指定都市発行の療育手帳の取得が必要。国際大会に出場する際は、知的障がいを証明する書類(臨床心理士、精神科医、行政が発行したもの)に加え、IQ検査サマリーシートなど多数の書類の提出が必要。ポジションによる差異はない。
・健常者と同じルールに基づくため、健常者と一緒にプレーすることも可能。
・通常は11人制だが、フットサル(5人制)や、アスリート(知的障がい者)6人、パートナー(健常者)5人が一緒のピッチでプレーする「ユニファイドサッカー」なども行われている。

【試合のルール】
■人数 11人(フィールドプレーヤー10人、GK1人)、男女ミックスも可能。

■交代 国際大会は3人、国内大会は7人が主流

■試合時間 45分ハーフ(選手の年齢や障害の程度にあわせて20分ハーフや40分ハーフで行うこともある)

■ピッチサイズ 通常のサッカーのフルコートと同じ。FIFA推奨は長さ105m×幅68m

■ボール 5号球(通常のサッカーと同じ)

●障がい者サッカー特集ページ

【ルール】ブラインドサッカー

元の記事へ移動

【ルール】ブラインドサッカー
【競技の特徴】
■出場資格
フィールドプレーヤー(FP)は全盲。ゴールキーパー(GK)は弱視者または晴眼者。

※視覚障がい者の「見えにくい状態」は3つのカテゴリーに分かれる。ブラインドサッカーはB1、ロービジョンフットサルはB2、B3の選手がプレーする。
B1:全盲から光を感じられるまで
B2:矯正後の診断で、視力0.03まで、ないし、視野5度まで
B3:矯正後の診断で、視力0.1まで、ないし、視野20度まで
※国際大会では開幕前に専門医による視力検査があり、全盲と診断された人のみ出場できる。

※国内ルールで、目の見える人も弱視の人も同じようにアイマスクを着用することで全盲の選手とともにプレーできる。男女ミックスの出場も可能。頭を保護するため、ヘッドギアの着用が義務付けられている。

■3つの特徴
①音が出るボール
転がると音が出る特別なボールを使用。大きさはフットサルと同じ大きさ。音が出ることでボールの位置を把握できる。

②「ボイ(Voy)」
ディフェンスはボールを取りに行くとき、自分の位置を知らせるための「ボイ!」という声を出さないといけない。「ボイ(Voy)」はスペイン語で「行く!」という意味。

③目の見える人の協力
ゴール裏にガイド(案内役)がいて、ピッチの選手にゴールの位置(距離、角度)などを伝える。サイドラインには高さ1mほどのサイドフェンスが設置され、ボールがサイドラインを割らないことや、選手がピッチの大きさや向きを把握することも助ける。

【試合のルール】
■人数 選手5人(FP4人、GK1人)、スタッフ2人(監督1人とガイド1人)

■試合時間 20分ハーフ(プレイングタイム)

■ピッチサイズ 長さ40m×幅20m(通常のフットサルコートとほぼ同じ)

●障がい者サッカー特集ページ

[西日本第1節]兵庫サムライスターズの行廣が5発。A-pfeile広島BFCに快勝し、暫定首位

元の記事へ移動

暫定首位に立った兵庫サムライスターズ(右)
【ブラインドサッカー西日本リーグ2018 第1節】(広島経済大学フットボールパーク)
 前の試合で王者・LEO STYLE北九州を破った兵庫サムライスターズは勢いが衰えず、北九州から決勝ゴールを奪ったFP行廣雄太がひとりで5得点の大活躍。守備も広島の攻撃を確実に防ぎ、5-0と大勝し、暫定で首位に立った。

A-pfeile広島BFC 0-5(前半0-1)兵庫サムライスターズ

得点者
[兵庫サムライスターズ]
行廣雄太(前半4分、後半5分、6分、16分、18分)

出場メンバー
[A-pfeile広島BFC]
GK1 門脇弘樹
FP3 中本啓介
FP4 組地弘真
FP12 村尾竜次
FP22 後藤将起
ガイド 林由香

後半
GK1 門脇弘樹
FP3 中本啓介
FP4 組地弘真
FP6 矢次祐汰
FP12 村尾竜次
ガイド 林由香
監督木村 陽一

[兵庫サムライスターズ]
前半
GK38 赤坂勇星
FP4 原口淳
FP8 天川敬史 
FP11 行廣雄太
FP17 今嶋善幸
ガイド グェンビック ゴク

後半
GK38 赤坂勇星
FP4 原口淳 
FP10 森岡健一
FP11 行廣雄太
FP17 今嶋善幸
ガイド グェンビック ゴク
監督桝岡良啓
【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号


試合のハイライト映像はこちらです


●障がい者サッカー特集ページ

6発中4発が利き足と反対の左足弾。ブラサカ日本代表・黒田に見る「けがの功名」

元の記事へ移動

黒田智成は大けがを肥やしに成長してきた
 ブラインドサッカー日本代表の黒田智成は16日、たまハッサーズの一員として東日本リーグDerrot Saber 茨城戦に挑み、4ゴールをあげる大活躍。チームの快勝に貢献した。2試合連続ゴールを決めた黒田はリーグ戦で早くも通算6点。内訳は左足4点、右足で2点決めた。

「利き足は右なんです。2011年の練習中に右ひざの前十字靭帯を断裂して右足でけれない時期があって、その時に左足でける練習をしたのが転機でした。最近では左のシュートのほうが入るようになった。今度はもうちょっと右足でも頑張りたい」

 黒田は笑いながら振り返ったが、けがをした時期は、あまり思い出したくない悪夢だ。負傷したのは、ロンドンパラリンピック出場権がかかった2011年のアジア選手権(仙台大会)のわずか2か月前。完治には手術しかなかったが、メスを入れたら1年間はプレーできなくなる。当時からすでに日本代表のエースだった黒田を欠くことは、チームにとっても考えられない。ましてや、黒田自身にも手術の選択肢はなく、右ひざの負傷を抱えながらもプレーを続けた。

黒田が取材の時に発する言葉はいつも明確だ


 アジア選手権でロンドンパラリンピックの出場を逃した後に手術。そこから約1年間は本格的なサッカーはできなかった。手術した右足への恐怖感が抜けず、ボールを蹴る練習も左足から再開。そこで自分の持っていた左足のパワーに気づいたのだ。

「どちらかの足だけだとGKも予測しやすくなってしまう。どちらからでも打てるように、インステップでもトゥーでも打てるようにしたい。(相手の)目先を変えていったほうが可能性は広がりますから」
 
 この日のゴール量産で、”ブラサカの澤穂希”こと、埼玉T.Wingsの菊島宙に1差に迫った。高校生の菊島が、中学の社会科教師の黒田に直接教わることはないが、ともに八王子盲学校に通う「心の師弟」。師匠はこれからもゴール量産で、弟子に手本を見せ続けるつもりだ。

(取材・文 林健太郎)
●障がい者サッカー特集ページ

[9月18日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF稲本潤一(札幌、1979)*フィジカルが強く、ボール奪取力が高い元日本代表MF。
DF北本久仁衛(神戸、1981)*対人の強さだけでなく、クレバーな守備にも定評のあるDF。
GK清水健太(讃岐、1981)*ハイボール処理やシュートストップに優れ、果敢な飛び出しでピンチを防ぐGK。
DF栗原勇蔵(横浜FM、1983)*ジャンプ力とスピードがあり、フィジカルの強さを生かした守備が持ち味。
GK大久保択生(FC東京、1989)*帝京高出身のGK。ハイボール処理とキャッチングに定評がある。
MF伊藤優汰(新潟、1992)*切れ味鋭いドリブルとラストパスの精度に優れたレフティー。
FW河田篤秀(新潟、1992)*新潟シンガポールから「逆輸入」で新潟に加入したストライカー。
DF韓浩康(秋田、1993)*山形から16年途中に期限付き移籍で加入し、18年から完全移籍。ヘディングに自信を持つDF。
DF西山雄介(鳥取、1994)*山梨学院大から17年に新加入。15年は甲府の特別指定選手だった。
MF柳雄太郎(YS横浜、1995)*明海大から18年に加入。帝京長岡高時代には選手権出場経験を持つ。
DF阿部海大(岡山、1999)*東福岡高から18年に加入した超高校級DF。すでにポジションを得ている。

World
MFルイス・ホルトビー(ハンブルガーSV、1990、ドイツ)*ボルシアMGユース出身。高いボールコントロール技術と豊富な運動量が持ち味。
MFマックス・マイヤー(クリスタル・パレス、1995、ドイツ)*機動性に優れ、小気味良いドリブルが持ち味。優れた得点感覚も持ち合わせる。
MFクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント、1998、アメリカ)*17歳でブンデスリーガ、アメリカA代表デビューを果たした俊英。

Former
GKピーター・シルトン(元ノッティンガムほか、1949、イングランド)*20年以上にわたりイングランド代表に君臨した伝説的な守護神。47歳まで現役でプレーした。
DF井原正巳(元横浜FMほか、1967)*日本代表通算122試合に出場した「アジアの壁」。現在は福岡を指揮している。
DFソル・キャンベル(元アーセナルほか、1974、イングランド)*屈強なフィジカルと抜群の読みを武器としたDF。

Others
神谷明(声優、1946)
マック赤坂(活動家、1948)
土井隆雄(宇宙飛行士、1954)
うじきつよし(俳優、1957)
中井貴一(俳優、1961)
ランス・アームストロング(自転車レーサー、1971)
大貫亜美(PUFFY:歌手、1973)
大森靖子(シンガーソングライター、1987)
福田彩乃(タレント、1988)
鎌田紘子(モデル、1989)

[西日本第1節]LEO STYLE北九州の元日本代表、山口が5発。岡山 DEVIL BUSTERSに大勝

元の記事へ移動

山口修一(右から2人目)が元日本代表の貫禄を見せた
【ブラインドサッカー西日本リーグ2018 第1節】(広島経済大学フットボールパーク)

 西日本リーグの第1節第3試合は、前の試合で無得点に終わった昨季の王者・LEO STYLE北九州の攻撃力が爆発。元日本代表のFP山口修一が前半だけでハットトリックを達成するなど5得点、大島蓮翔も3得点し、岡山 DEVIL BUSTERSに8-0と大勝した。

岡山 DEVIL BUSTERS 0-8(前半0-5)LEO STYLE北九州

得点者
[LEO STYLE北九州]
山口修一 (前半2分、8分、14分、後半1分、13分)
大島蓮翔 (前半4分、17分、後半19分)

[岡山 DEVIL BUSTERS]
前半
GK1 藤原比呂志
FP4 佐藤雄一 
FP7 牧野小百合
FP17 幸田凌侑
FP21 矢萩佑太
ガイド山根清志

後半
GK1 藤原比呂志
FP17幸田凌侑  
FP21矢萩佑太
FP44梶野雅章
FP88山川大樹
ガイド山根清志
監督安藤久志

[LEO STYLE北九州]
前半
GK1 濱惇一郎
FP10 山口修一
FP6 早水研
FP9 高見澤信彦
FP11 大島蓮翔
ガイド早水明日美

後半
GK1 濱惇一郎
FP10 山口修一
FP6 早水研
FP9 高見澤信彦
FP11 大島蓮翔
ガイド早水明日美
監督光安和久
【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号


試合のハイライト映像はこちらです


●障がい者サッカー特集ページ

[西日本第1節]ブラサカのリーグ戦が開幕。A-pfeile広島BFCが後半の2ゴールで岡山 DEVIL BUSTERSを突き放す

元の記事へ移動

西日本リーグは5チームで争われる
【ブラインドサッカー西日本リーグ2018 第1節】(広島経済大学フットボールパーク)

 西日本リーグが17日、開幕。A-pfeile広島BFCが終始攻め続け、後半の2ゴールで突き放した。対する岡山 DEVIL BUSTERSも前半、ペナルティエリアで相手のファウルを受け、PKを得たが、決められず。先制ゴールの決定機を逃し、主導権をつかめなかった。

A-pfeile広島BFC 2-0(前半0-0)岡山 DEVIL BUSTERS

得点者
[ A-pfeile広島BFC ]
組地弘真(後半8分)村尾竜次(後半13分)

出場メンバー
[A-pfeile広島BFC]
前半
GK1 門脇弘樹
FP4 組地弘真
FP3 中本啓介
FP12 村尾竜次
FP22 後藤将起
ガイド林由香

後半
GK1 門脇弘樹
FP4 組地弘真
FP3 中本啓介
FP12 村尾竜次
FP6 矢次祐汰
ガイド 林由香
監督木村陽一

[岡山 DEVIL BUSTERS]
前半
GK1 藤原比呂志
FP17 幸田凌侑 
FP88 山川大樹 
FP7 牧野小百合
FP44 梶野雅章
ガイド福島聡子

後半
GK1 藤原比呂志
FP17 幸田凌侑 
FP10 藤原大志 
FP21 矢萩佑太
FP44 梶野雅章
ガイド福島聡子
監督安藤 久志
【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号


試合のハイライト映像はこちらです


●障がい者サッカー特集ページ

[西日本第1節]早くも下剋上!昨季2位の兵庫サムライスターズが同1位のLEO STYLE北九州に競り勝つ

元の記事へ移動

赤のユニフォームの兵庫サムライスターズが古豪の意地を見せた
【ブラインドサッカー西日本リーグ2018 第1節】(広島経済大学フットボールパーク)

 西日本リーグの第1節第2試合は、昨季2位の兵庫サムライスターズが同1位のLEO STYLE北九州を1-0で振り切った。参戦2年目のLEO STYLE北九州は、元日本代表のFP山口修一を中心に攻撃を組み立ててきたが、得点には至らず。2007年に発足し、歴史のある兵庫サムライスターズは北九州の攻撃を食い止め、後半18分、行廣雄太の右サイドの難しい角度からあげたゴールを守り切った。

LEO STYLE北九州 0-1(前半0-0)兵庫サムライスターズ

得点者
[兵庫サムライスターズ ]
行廣雄太(後半18分)

出場メンバー
[LEO STYLE北九州]
前半
GK1 濱惇一郎
FP10 山口修一
FP6 早水研
FP9 高見澤信彦
FP11 大島蓮翔
ガイド早水明日美

後半
GK1 濱惇一郎
FP10 山口修一
FP6 早水研
FP9 高見澤信彦
FP11 大島蓮翔
ガイド早水明日美
監督上村将輝

[兵庫サムライスターズ ]
前半
GK38 赤坂勇星
FP4 原口淳 
FP8 天川敬史 
FP11 行廣雄太
FP17 今嶋善幸
ガイド グェンビック ゴク

後半
GK38 赤坂勇星
FP4 原口淳 
FP10 森岡健一
FP11 行廣雄太
FP17 今嶋善幸
ガイド グェンビック ゴク
監督桝岡良啓
【注】GKはゴールキーパー、FPはフィールドプレーヤー、番号は背番号


試合のハイライト映像はこちらです


●障がい者サッカー特集ページ