W杯だけではない!もうひとつの国際大会「ユニファイドフットボールカップ」が米国で開幕

元の記事へ移動

イタリア選手との競り合いにも負けない日本代表のアスリート・黒羽吏選手
W杯が終わっても、熱い夏は終わらない。「2018年スペシャルオリンピックスユニファイドフットボールカップ・シカゴ presented by TOYOTA」が現地17日開幕した。

 ユニファイドサッカーとは知的障害のある「アスリート」と障害のない「パートナー」が同じチームでプレーするスペシャルオリンピックスの取組。1968年にシカゴで開催した「第1回スペシャルオリンピックス国際大会」の50周年記念として開催され、今大会はユニファイドサッカーの国際大会としては記念すべき第1回となる。

 男子11人制は14カ国16チームが参加し、4組に分かれてグループステージを行い、勝ち点制で各組の順位を競う。勝てば勝ち点3、引き分けは1、負けは0。30分ハーフで行われ、各組1位は1位突破チームのみで行われる準決勝以降のトーナメントに。各組2位は2位突破チームのみで行われるトーナメントに進み、決勝はそれぞれ20日に行われる。

 SO(スペシャルオリンピックス)日本代表はグループステージ第1戦としてSOイタリア代表と対戦し、0-0の引き分けに終わった。

 日本代表と比べて高さにまさるSOイタリア代表は、コーナーから精度の高いクロスをあげ、何度となく日本のゴールを襲ったが、パートナーのGK大内翔太選手の好セーブ、アスリートのDF日下部克規選手らの体を張ったディフェンスで、ゴールネットを揺らすことは許さず。試合終了直前3分前、日本代表は決勝ゴールを奪う決定機を作ったが、決めきれなかった。

 勝ち点1をつかんだ日本代表は現地18日、SOジャマイカ代表、19日にSOナイジェリア代表と対戦する。

[7月18日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
DFカルフィン・ヨン・ア・ピン(横浜FC、1986、オランダ)*CBや左SB、ボランチなど様々なポジションで出場。左足の鋭いキックも持ち味。
DF平出涼(鹿児島、1990)*スピードを武器とする守備が持ち味。
FW小牟田洋佑(群馬、1992)*恵まれた体格で地上戦での技術を併せ持つストライカー。
MF朴利基(琉球、1992)*鍛え抜かれたフィジカルと走力が武器で得点能力も高い。
MF三橋秀平(福島、1994)*球際で強さを発揮するだけでなく、切れのあるドリブルも魅力のMF。
DF熊本雄太(山形、1995)*早稲田大出身のサイドバック。力強い対人戦とキックが魅力。
MF渡井理己(徳島、1999)*静岡学園高出身のテクニシャン。天皇杯2回戦で初出場を飾った。
DF小林友希(神戸、2000)*各年代で代表に名を連ねるDF。1年時からトップチームに2種登録されている。

World
DF青山直晃(ムアントン・U、1986)*ヘディングや対人プレーの強さが持ち味のCB。
FWナビル・フェキル(リヨン、1993、フランス)*15年のリーグアン最優秀若手選手。ロシアW杯では決勝の後半から出場し、優勝の輪に加わった。

Former
FWアルツール・フリーデンライヒ(元フラメンゴほか、1892、ブラジル)*生涯1329ゴールを決めている元ブラジル代表のストライカー。
DFジャチント・ファケッティ(元インテルほか、1942、イタリア)*イタリア代表通算94試合に出場している伝説的な左SB。元同国主将。
MFアマル・オシム(元ジェリェズニチャルほか、1967、ボスニア・ヘルツェゴビナ)*元千葉監督で元日本代表監督のイビチャ・オシムの長男。

Others
板尾創路(タレント、1963)
千葉真子(陸上、1976)
広末涼子(女優、1980)
山本美月(モデル、1991)

元日本代表FW高原がオーナーの沖縄SV、“最短J昇格”を目指して監督招聘プロジェクト発足

元の記事へ移動

高原直泰オーナーの沖縄SVが監督招聘へ
 元日本代表FW高原直泰がクラブ代表、監督、選手を務める沖縄SVがクラウドファンディングを通じて、監督を招聘するための活動費を募っている。

 現在、九州リーグに所属する沖縄SVは、オーナーを務める高原のもと2015年に沖縄県を拠点に創設。毎年、Jリーグ昇格を目指して沖縄県3部リーグから順調に上位リーグにステップアップしてきた。

 チームは創設時より、システムや戦術についての話はなく、『周りの状況に合わせて一人ひとりがプレーの判断を出来るように』、『周りの状況に合わせて一人ひとりがプレーの判断を出来るように』というコンセプトのもとやってきた。

 しかし、高原としても3役をこなすのは、3年が目途と考えていた模様。現場の体制をしっかり整え、更なる高みを目指すためにも、新たに監督を招聘したいという決断に至ったようだ。

 そのためにクラウドファンディングで監督を招聘するための活動費を募集。今回のプロジェクトを通じて、「今より強固なチームを一緒に作り、最短でのJリーグ昇格を目指していきます」としている。

 なお、クラウドファンディングに支援いただいた方には、2019シーズンの沖縄SV特別オーナーに就任してもらう予定。総会への参加権、クラブ公式サイトにオーナーとして名前を掲載する。また、金額に応じて沖縄SVのクラブグッズや選手たちも協力して育てたマンゴー、好きな選手との食事会、新監督招聘後に一緒にベンチ入りできる権利などのリターンがあるという。

 詳しくはコチラ(https://www.makuake.com/project/okinawasv2/)からご確認ください。

[7月17日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
GK岡西宏祐(甲府、1990)*至近距離から放たれるボールに対してもしっかりと反応できるレスポンスの高さが魅力。
GK佐川亮介(YS横浜、1993)*埼玉栄高、拓殖大を経て2016年に加入したGK。
FW武颯(福島、1995)*横浜FMアカデミー、早稲田大出身のストライカー。昨季は関東大学2部得点王に輝いた。
FW福元友哉(岡山、1999)*市立船橋高出身の長身ストライカー。裏抜けとポストプレー、クロスへの反応など総合的な能力を持つ。

World
DFイバン・ストリニッチ(サンプドリア、1987、クロアチア)*高い攻撃意識とスピードが武器のSB。
DFバンジャマン・メンディ(マンチェスター・C、1994、フランス)*身体能力の高さを誇るDF。お調子者として知られ、SNSの更新頻度とクオリティーに注目。
DFビクトル・リンデロフ(マンチェスター・U、1994、スウェーデン)*屈強なフィジカル、鋭い読みを兼ね備えるDF。

Former
DFカルロス・アウベルト(元サントスほか、1944、ブラジル)*70年W杯優勝時のブラジル代表主将。攻撃的SB。
DFヤープ・スタム(元アヤックスほか、1972、オランダ)*90年代後半から2000年代前半にかけてオランダ代表を支えたCB。オランダ史上最高のDFと呼ばれた。
FWクラウディオ・ロペス(元ラツィオほか、1974、アルゼンチン)*抜群のスピード、正確な左足シュートを持ち味とするFW。
MFマルコス・セナ(元ビジャレアルほか、1976、スペイン)*EURO2008で活躍した精度の高いパスを繰り出すMF。FK、CKも得意。15年6月に現役引退した。

Others
アンゲラ・メルケル(政治家、1954、ドイツ)
大竹しのぶ(女優、1957)
清宮克幸(ラグビー、1967)
北村一輝(俳優、1969)
古坂大魔王(タレント、1973)
トシ(タカアンドトシ:芸人、1976)
羽根田卓也(カヌー、1987)
浅田舞(タレント、1988)
梅本まどか(SKE48:アイドル、1992)
北野日奈子(乃木坂46:アイドル、1996)

[7月16日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW林容平(大分、1989)*クロスボールに対する飛び込みや素早い反転からのシュートを得意とするストライカー。
DF高橋諒(湘南、1993)*高い守備能力とともに、豊富な運動量を活かした攻撃参加も得意。
MF廣田隆治(山口、1993)*神戸ユース出身でドリブルテクニックに優れたMF。
MF塚川孝輝(岡山、1994)*ボール奪取力、泥くさくチームのために体を張るMF。
FW岸本武流(水戸、1997)*フィジカルが強く、正確で力強いシュートが魅力。
DF小田逸稀(鹿島、1998)*東福岡高出身。身体能力が高く、対人の強さにも定評があるSB。
MF石川啓人(鳥栖、1998)*キックの精度、キープ力が高い万能型アタッカー。
DF三原秀真(愛媛、2001)*愛媛U-18からの2種登録選手。シーズン開幕時の時点では全チーム中最年少での選手登録だった。

World
MFムサ・デンベレ(トッテナム、1987、ベルギー)*大柄だがスピードがあり、恵まれた身体能力に優れた技術を持つMF。
MFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ、1988、スペイン)*サッカーIQ、ボールコントロールの質が抜群に高く、中盤に安定感をもたらす。
MFガレス・ベイル(R・マドリー、1989、ウェールズ)*足もとのテクニックと抜群のスピードを生かした高速ドリブルが魅力。
MFアンドロス・タウンゼント(クリスタル・パレス、1991、イングランド)*強引なドリブル突破、強烈なミドルシュートが武器のスピードスター。

Former
MF大木武(元富士通ほか、1961)*甲府をJ1に導いた経験を持つJ有数の指導者。17年からは岐阜を率いてポゼッションサッカーを繰り広げる。

Others
桂文枝(落語家、1943)
児嶋一哉(アンジャッシュ:芸人、1972)
袴田吉彦(俳優、1973)
宇野実彩子(AAA:ミュージシャン、1986)
ダレノガレ明美(ファッションモデル、1990)
山田哲人(野球、1992)

[7月15日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW田中順也(神戸、1987)*精度の高い左足のシュートが持ち味のFW。
MF宮阪政樹(大分、1989)*明治大や大学選抜で主将を務めた経験を持つMF。豊富な運動量と正確な右足を兼ね備える。
MF谷口彰悟(川崎F、1991)*空中戦、足もとの高い技術にも定評がある。ボール奪取能力にも長けている。
GK杉本大地(横浜FM、1993)*京都ユース出身。シュートストップに自信を持つGK。
FWガブリエル・シャビエル(名古屋、1993、ブラジル)*名古屋のJ1昇格を牽引したテクニシャン。左足のボールタッチはJトップクラス。

World
FWグラツィアーノ・ペッレ(山東魯能、1985、イタリア)*長身で空中戦に強く、足もとの技術もあるFW。
DFダニーロ(マンチェスター・C、1991、ブラジル)*ユーティリティー性も兼ね備えるパワフルなSB。
MF武藤嘉紀(マインツ、1992)*抜群のスピードと優れたボディバランスを生かしたドリブル突破が持ち味。

Former
FWマリオ・ケンペス(元バレンシアほか、1954、アルゼンチン)*78年W杯で得点王を獲得し、アルゼンチンを世界一へと導いたストライカー。愛称はエル・マタドール(闘牛士)。
DF柱谷哲二(元V川崎ほか、1964)*気合を前面に出したプレースタイルから"闘将"と呼ばれた。日本代表通算72試合に出場した。
DF三浦泰年(元清水ほか、1965)*カズの実兄。元日本代表DFで清水のほか、V川崎、福岡、神戸でもプレーした。
FWマルコ・ディ・バイオ(元ユベントスほか、1976、イタリア)*元イタリア代表のストライカー。鋭い動き出しと思い切りのいいシュートが魅力。

Others
瀬古利彦(陸上、1956)
永瀬正敏(俳優、1966)
柴田英嗣(アンタッチャブル:タレント、1975)
狩野舞子(バレー、1988)
柏木由紀(AKB48:アイドル、1991)
久住小春(元モーニング娘。:アイドル、1992)

[7月14日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF河合竜二(札幌、1978)*果敢なタックルなど中盤で奮闘する守備のスペシャリスト。
FW小川慶治朗(湘南、1992)*スピード感あふれるドリブル突破が得意なFW。
MF牛之濱拓(栃木、1992)*豊富な運動量、ドリブルが持ち味のMF。
GK富澤雅也(長崎、1993)*長い手足を生かした守備力が持ち味。
FW岩田拓也(群馬、1994)*明治大出身で群馬から育成型期限付き移籍で加入。豊富な運動量が持ち味。
DF高山和真(大宮、1996)*高さや強さだけでなく、フィードやパスで後方から攻撃の起点となれるDF。
FW垣田裕暉(金沢、1997)*恵まれた体格を生かしたポストプレーや運動量も多いFW。

World
DFセルゲイ・イグナシェビッチ(CSKAモスクワ、1979、ロシア)*ロシアW杯でディフェンスリーダーを担った38歳。安定したプレーが躍進をもたらした。
GKサミル・ハンダノビッチ(インテル、1984、スロベニア)*状況判断に優れ、長身を生かしたハイボールの処理能力が高いGK。
MFセルジュ・グナブリー(ホッフェンハイム、1995、ドイツ)*リオ五輪得点王。身体能力が高く、ボールタッチの柔らかいドリブルが魅力。

Former
MF宮澤ミシェル(元市原、1963)*フランス人の父と日本人の母を持つMF。ファルカン政権時代には日本代表を経験。
FW黄善洪(元C大阪ほか、1968、韓国)*元韓国代表のストライカー。1999年にはJリーグ得点王に輝いた。
MFフランシスコ・フラン(元デポルティボ、1969、スペイン)*スペインの強豪・デポルティボの象徴的的存在だったレフティの司令塔。

Others
椎名桔平(俳優、1964)
水谷豊(俳優、1952)
原田マハ(作家、1962)
桜庭和志(格闘家、1969)
平野耕太(漫画家、1974)
本谷有希子(作家、1979)
夢眠ねむ(でんぱ組.inc:アイドル、1987)
山本彩(NMB48:アイドル、1993)

[7月13日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
FW苔口卓也(富山、1985)*抜群のスピードとシュート力が武器のFW。
DF橋内優也(松本、1987)*対人能力が強く、粘り強い守備が魅力のDF。

World
GKギジェルモ・オチョア(スタンダール、1985、メキシコ)*鋭い反射神経、何事にも動じないメンタリティが魅力。

Former
FWクレイグ・ベラミー(元リバプールほか、1979、ウェールズ)*一旦スピードに乗ると止められないドリブルが持ち味のアタッカー。

Others
ハリソン・フォード(俳優、1942)
関口宏(司会者、1943)
中森明菜(歌手、1965)
北斗晶(タレント、1967)
遠藤章造(ココリコ:タレント、1971)
大地洋輔(ダイノジ:タレント、1972)
鈴木紗理奈(タレント、1977)
道重さゆみ(元モーニング娘。:アイドル、1989)
のん(女優、1993)

[7月12日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF益子義浩(盛岡、1987)*運動量豊富なMF。昨季はリーグ戦16試合に出場した。
MF永島悠史(岐阜、1996)*高いテクニックを持つアタッカー。キープ力やパスセンスに優れる。
DF草住晃之介(FC東京、2000)*FC東京U-18からの2種登録選手。鋭い突破と力強いキックが強み。

World
MFハメス・ロドリゲス(バイエルン、1991、コロンビア)*左足から繰り出される長短のパスは精度が高く、得点能力にも優れる。
DFルーク・ショー(マンチェスター・U、1995、イングランド)*ドリブル突破を積極的に仕掛けていく攻撃的SB。

Former
FWクリスチャン・ビエリ(元インテルほか、1973、イタリア)*元イタリア代表のストライカー。力強さだけでなくスピードとテクニックも持ち合わせていた。
DF新井場徹(元鹿島ほか、1979)*献身的な守備が光るSB。
FWアントニオ・カッサーノ(元サンプドリアほか、1982、イタリア)*柔らかなボールタッチから繰り出されるドリブルやパス、一瞬の閃きで局面を打開するFW。

Others
森永卓郎(評論家、1957)
片平なぎさ(女優、1959)
渡辺美里(シンガー・ソングライター、1966)
イ・ビョンホン(俳優、1970)
小林麻耶(アナウンサー、1979)
南條愛乃(声優、1984)
亀田和毅(ボクシング、1991)
石橋杏奈(女優、1992)
百田夏菜子(ももいろクローバーZ:アイドル、1994)