【J1 第15節 広島×C大阪】独走に待った!広島が今季2敗目…“休養十分”C大阪が高木俊幸の2発で快勝【動画】

元の記事へ移動


news_245249_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年5月20日(日)00:00:00.00 ID:000
[5.20 J1第15節 広島0-2C大阪 エディオンスタジアム広島(20,219人)]
得点:
81' 高木 俊幸
84' 高木 俊幸


首位を独走するサンフレッチェ広島に今季2度目の土がついた。
ホームでセレッソ大阪と対戦した広島は、0-2で敗戦。
5試合ぶりとなる敗戦で、連勝は4で止まった。
 
ルヴァン杯ではグループリーグ敗退となった広島だが、リーグ戦では首位を独走。
約2か月の中断前の一戦に勝利し、今季2度目の5連勝を飾れるか。
メンバーはFWティーラシンが5試合ぶりに先発復帰した。

C大阪はACLの関係で2週間ぶりのリーグ戦となる。
1試合少ないが、試合前の段階で広島と勝ち点差14の5位。
差を縮めて中断期間を迎えたい。
5月5日の長崎戦との先発変更はMF清武弘嗣とFW杉本健勇が復帰した。

開始5分にC大阪がチャンス。
日本代表MF山口蛍が右サイドに展開すると、MF福満隆貴がダイレクトで折り返す。
これを杉本が流し込むが、福満のポジションがオフサイドと判定され、得点は認められない。

広島も前半14分にMF稲垣祥のシュートでチャンスを作る。
さらに同29分にはFWパトリックのヘディングでの落としからDF水本裕貴がゴールを狙うが、いずれも韓国代表GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。

スコアレスで折り返した後半、すぐにC大阪にアクシデント。
3分に清武が自ら交代を要求。
自力歩行でベンチに引き上げていった。
代わって7分からFW高木俊幸が緊急出場することになった。
清武は今月2日の名古屋戦での前半途中に交代。
日本代表メンバーからも落選した清武。
復帰戦でまたも途中交代となってしまった。

後半は広島が押し込む展開になる。
しかし12分のMF柴崎晃誠が蹴ったCKをDF野上結貴が合わせるが、ライン上でDF松田陸に防がれる。
そしてクリアされたボールも左ポストに嫌われ、得点にはならない。

すると後半36分、C大阪が広島の一瞬の隙を突く。
キム・ジンヒョンからロングボールが前線に出ると、FWヤン・ドンヒョンがヘディングでそらす。
これに走り込んだ高木が左足でGK林卓人の股下を抜くシュートを蹴り込み、先制点を奪う。
さらに同39分には左ミドルレンジで相手クリアボールを受けた高木が胸トラップから右足シュート。

これが見事にゴール右隅をとらえ、一気に畳みかけた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?245249-245249-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク




続きを読む

「長崎が本当に羨ましい…」V・ファーレン長崎の新スタジアム建設にサンフレッチェサポーターが羨望の声

元の記事へ移動


soccer_stadium


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 00:00:00.00 ID:000
昨年J2・2位から昇格し、今シーズンからJ1に戦いの場を移しているV・ファーレン長崎。
現在チームは11位と初めてのJ1で奮闘しているが、そんな中チームの未来に関する明るい話題が飛び込んできた。

24日、V・ファーレンのホームタウンである長崎市は、長崎駅から北側にある工業跡地の再開発に関し、チームの親会社である「ジャパネットホールディングスグループ」を優先交渉権者に決定したと発表。

これにより、近い将来この土地にチームの新スタジアムが建設されることが濃厚になったと複数メディアが報じている。

発表が掲載されている長崎市の公式サイトによると、今回の土地は現在三菱重工業が所有している「幸町工業跡地」で、既に三菱・ジャパネットの両社は基本協定書の締結を行っているという。

また、発表コメントの最後には「長崎市及び県内全体の活性化に資するプロジェクトとなるよう、取り組んでまいりたいと考えています」との記述もあり、新スタジアム建設に対する地元政財界の前向きな姿勢が伺える。

昨シーズンの開幕前後には経営問題に見舞われていたチームが、ピッチ内外で見せる驚きの変貌ぶり。

今回の一件を受けて、ネット上では

「ますます応援したくなった」

「これは面白いことになりそう」

「できたら絶対遠征しよう」と、V・ファーレンをはじめとした各チームのサポーターから喜びの声が挙がっている。

ただ、同じくJ1を戦っているサンフレッチェ広島のサポーターからは

「うちにも欲しいなあ」

「追い抜かされちゃったね」

「長崎が本当に羨ましい…」

といった羨望の声が。

2003年から検討が始まったサンフレッチェの新スタジアム建設構想が、15年経った現在でも着地点を見出せていないという現状がこうした声の背景にあるようだ。

お互いに“平和都市”という共通点を持っている広島と長崎。
ただ、“新スタジアム建設”という観点から見ると、両都市の明暗は分かれてしまっているのかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/89976069/


スタジアム問題関連記事:
http://blog.livedoor.jp/keydrop/tag/スタジアム問題

関連記事:
V・ファーレン長崎・髙田社長、新スタジアム建設検討表明!JR長崎駅から500メートル

V・ファーレン長崎、三菱重工跡地落札決定の見込み、新スタジアム構想さらに前進



スポンサーリンク





6 名前:2018/04/26(木) 15:29:10.86 ID:5adQguRU0.net

県のメイン駅の駅近徒歩圏でスタジアムとか夢があるね。


11 :2018/04/26(木) 15:30:10.57 ID:f5G8gM/g0.net

まだはやいけど長崎って今シーズンJ1残留しそうだよな


12 :2018/04/26(木) 15:30:53.63 ID:XH0aUJ3+0.net

ムサシには頑張ってほしい


32 :2018/04/26(木) 15:41:58.08 ID:EedcVA610.net

小峰が選挙出てなければ二人でもっと表だって行動出来たろうにな


35 :2018/04/26(木) 15:45:10.09 ID:Mk1wdgnV0.net

高田社長就任以降の長崎は、マジで小説レベルの躍進だからな
それで駅前に専スタとか、ありえんレベルw

続きを読む

広島、史上最速ペースでの首位独走続く。14試合での最多勝ち点&最小失点

元の記事へ移動


Sanfrecce_Hiroshima_logo


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018/05/13(日) 00:00:00.00 ID:000
明治安田生命J1リーグ第14節の試合が12日に行われ、ベガルタ仙台とサンフレッチェ広島が対戦。

アウェイの広島が3-1の勝利を収めた。

今季絶好調で首位を独走する広島だが、この試合では12分に奥埜博亮に先制点を奪われてしまう。
だが41分にパトリックのゴールで同点に追いつくと、後半にも柏好文とパトリックがゴールを加えて逆転勝利を飾った。

パトリックはこれで今季10得点となり、二桁一番乗りを達成するとともに得点ランク首位に浮上した。

広島はこれでリーグ戦4連勝。
開幕から9試合を無敗で突き進んだあと、第10節のFCの東京戦で初黒星を喫したが、再び勢いを取り戻している。

Jリーグ「史上最速」ペースの記録更新も続けている。
開幕から14試合での勝ち点37という数字は、前節に続いて現行の勝ち点制度(延長戦廃止以降)での最多記録を更新した。

過去には浦和レッズが2004年と2016年の2ndステージで勝ち点34を獲得したのが最多だった。

特に驚異的なのは、14試合でわずか6失点という守備の堅さだ。
今節は4試合ぶりの失点を喫したとはいえ、14試合のうち実に10試合を完封。

2016年1stステージの浦和に並び、14試合時点での最少失点タイ記録となっている。

https://www.footballchannel.jp/2018/05/12/post269085/



スポンサーリンク





2 :2018/05/13(日) 08:50:54.85

ウタカがアラウージョだったのではなかった!

パトリックがアラウージョだった!!

あ、Jリーグさんビッグクラブ設立の野望は崩れましたね


5 :2018/05/13(日) 08:52:50.78

いつか失速するだろ、って言われて失速しないパターン


6 :2018/05/13(日) 08:53:31.02

WC中断でどうなるか、今季はすべてそこにかかっている


188 :2018/05/13(日) 10:11:16.15

>>6
代表がいないんだから、落ちる要素がない


9 :2018/05/13(日) 08:56:10.84

広島ベースに代表作ろうか

続きを読む

【動画】パトリックが強すぎると話題に!!『戦術パトリック』【J1 第14節 仙台×広島】

元の記事へ移動


news_244573_1


000: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 00:00:00.00 ID:000

【公式】ゴール動画:パトリック(広島)89分 ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島 明治安田生命J1リーグ 第14節 2018/5/12
https://youtu.be/iP06pL1XrWQ




関連記事:
【J1 第14節 仙台×広島】重戦車のごとくダメ押し弾!広島が仙台に逆転勝ち、2発のパトリックは今季10得点に【動画】


スポンサーリンク





9 :2018/05/12(土) 17:43:26.22

パトリック元気やなぁ


15 :2018/05/12(土) 17:44:59.19

広島戻り速いから、ちょっとでも時間掛けると
もう固められちゃうな


17 :2018/05/12(土) 17:45:26.00

今日は広島守備あんまりピリッとしないけど


18 :2018/05/12(土) 17:45:43.49

広島はフィジカルコーチがいいのかしら


23 :2018/05/12(土) 17:46:11.30

>>18
池田誠剛

続きを読む

<サンフレッチェ広島>史上最速ペースでの首位独走続く。14試合での最多勝ち点&最小失点

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/05/13(日) 08:49:29.55 ID:CAP_USER9.net

明治安田生命J1リーグ第14節の試合が12日に行われ、ベガルタ仙台とサンフレッチェ広島が対戦。アウェイの広島が3-1の勝利を収めた。

 今季絶好調で首位を独走する広島だが、この試合では12分に奥埜博亮に先制点を奪われてしまう。だが41分にパトリックのゴールで同点に追いつくと、後半にも柏好文とパトリックがゴールを加えて逆転勝利を飾った。パトリックはこれで今季10得点となり、二桁一番乗りを達成するとともに得点ランク首位に浮上した。

 広島はこれでリーグ戦4連勝。開幕から9試合を無敗で突き進んだあと、第10節のFCの東京戦で初黒星を喫したが、再び勢いを取り戻している。

 Jリーグ「史上最速」ペースの記録更新も続けている。開幕から14試合での勝ち点37という数字は、前節に続いて現行の勝ち点制度(延長戦廃止以降)での最多記録を更新した。過去には浦和レッズが2004年と2016年の2ndステージで勝ち点34を獲得したのが最多だった。

 特に驚異的なのは、14試合でわずか6失点という守備の堅さだ。今節は4試合ぶりの失点を喫したとはいえ、14試合のうち実に10試合を完封。2016年1stステージの浦和に並び、14試合時点での最少失点タイ記録となっている。

フットボールチャンネル 5/12(土) 19:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00269085-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180512-00269085-footballc-000-1-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526168969
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 2018] 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

元の記事へ移動

2018年05月16日に行なわれたJリーグカップ「2018 JリーグYBCルヴァンカップ」グループステージ第6節、浦和レッズ対サンフレッチェ広島のYouTube速報動画です。 試合は、ホ […]

続きを読む

サンフレッチェ広島DF和田拓也のインタビュー中に通りかかったベガルタ仙台FW石原直樹「2ショットは駄目。ネタになっちゃう」

元の記事へ移動

002以前から顔の系統が同じだと評判だった石原直樹(現ベガルタ仙台)と和田拓也(現サンフレッチェ広島)。    RTで石原直樹(広島)と和田拓也(大宮)似すぎってのが流れてきたから顔だけ入れ替えてみたけど違和感なさすぎて困る。 ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)