【J1 第20節 広島×湘南】衝撃の結末…湘南に一時逆転の首位広島、終了間際の同点OGで連勝逃す【動画】

元の記事へ移動


news_251192_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年8月5日(日) 00:00:00.00 ID:000
[8.5 J1第20節 広島2-2湘南 エディオンスタジアム広島(11,304人)]
得点:
45+5' パトリック
78' 柏 好文

32' 山﨑 凌吾
90+2' オウンゴール


首位サンフレッチェ広島がホームで11位湘南ベルマーレと2-2で引き分けた。
前半32分に湘南のFW山崎凌吾にPKで先制点を許したが、同アディショナルタイム5分にFWパトリックがPKで同点とすると、後半33分にはMF柏好文が逆転ゴールを奪取。
だが、同アディショナルタイム2分にDF和田拓也のオウンゴールで同点となり、土壇場で勝ち点3を取りこぼした。

スコアレスの時間が続いた中、アウェーの湘南は前半30分に右サイドからのクロスがDF千葉和彦のハンドを誘い、PKを獲得。
同32分にキッカーを務めた山崎は、GK林卓人にコースを読まれながらも左足でゴール右隅に突き刺す。
山崎は2試合連続弾となり、徳島からの加入後3得点目をマークした。

広島はビッグセーブを連発するGK秋元陽太を攻略できずにいたが、前半アディショナルタイム3分に左CKの流れからPA内の競り合いでDF佐々木翔がDF山根視来のファウルを受けてPKを得る。
キッカーのパトリックは同アディショナルタイム5分、GK秋元の逆を突いて右足でゴール左に沈め、同点弾を奪取。
得点ランク首位を独走するパトリックの今季15得点目で、広島が1-1と同点に追いついて前半を終えた。

攻撃のリズムをつかんだ広島は後半に入り、何度も湘南のゴールを脅かすが、前半と同様にGK秋元が再三のビッグセーブ。
それでも後半33分に逆転ゴールが生まれた。
PA左外から途中出場のMF川辺駿がパスを出すと、千葉がヒールで流したボールに柏が反応。
1度目のシュートは相手にブロックされたが、こぼれ球を自ら右足で蹴り込み、2-1とした。

しかし、試合はこれで終わらない。
後半アディショナルタイム2分、裏へのロングボールの処理に向かったDF和田拓也がヘディングでGK林に戻そうとすると、林も前に飛び出しており、そのまま無人のゴールへ。
広島は痛恨のオウンゴールで連勝を逃し、勝ち点1を拾った湘南は5戦無敗(3勝2分)となった。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?251192-251192-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む

広島、4ゴール完勝の理由。『量』ではなく『質』で圧倒、試合を決めた“あの時間”の強かさ

元の記事へ移動

明治安田生命J1リーグ第19節が1日に行われ、サンフレッチェ広島は横浜F・マリノスに4-1で勝利した。前節の大敗から中3日、チームは短期間で「らしさ」を取り戻した。強い危機感が“復活”の一因となったが、すでに広島は一つの負けで揺らぐような集団ではなくなっている。(取材・文:青木務)

【J1 第18節 広島×浦和】浦和が敵地で首位叩き! 広島は今季ワースト4失点…【動画】

元の記事へ移動


news_250660_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2018年7月28日(土) 00:00:00.00 ID:000
[7.28 J1第18節 広島1-4浦和 エディオンスタジアム広島(16,944人)]
得点:
38' 千葉 和彦

25' 興梠 慎三
71' 興梠 慎三
76' 宇賀神 友弥
90+5' ファブリシオ


12位浦和レッズが敵地で首位サンフレッチェ広島に4-1で快勝した。
前半25分にFW興梠慎三が先制点を決め、同38分に広島のDF千葉和彦に同点ゴールを許したが、後半26分に興梠がPKで勝ち越し弾を奪取。

さらに同31分にはMF宇賀神友弥、終了間際にFWファブリシオが追加点を挙げ、広島を突き放した。
浦和は2試合ぶりの白星で5戦無敗(2勝3分)。
広島は今季最多4失点で3試合ぶりの黒星を喫した。

先にスコアを動かしたのは押され気味だった浦和。
前半25分、右サイドでのボール回しからMF武藤雄樹が左足でスルーパスを出すと、興梠がタイミングよく抜け出し、右足でゴール左に流し込む。
前節終了時点で日本人トップスコアラーの興梠は2戦連発弾で今季8得点目とした。

追いかける広島は前半38分にPA手前右でFKを獲得。
キッカーを務めるMF柴崎晃誠が右足で緩やかなクロスを送り、ファーの千葉がヘッドで合わせる。
山なりのボールが逆サイドのゴール右に吸い込まれ、1-1で前半を終えた。

逆転を狙い、後半も攻勢をかける広島。
後半10分、左サイドのDF佐々木翔が左足でクロスを上げ、FWパトリックが豪快に頭で合わせるも、わずかにクロスバーの上に外れる。
同12分にも佐々木の左クロスからFWティーラシンが決定的なヘディングシュートを放ったが、古巣対戦のGK西川周作がスーパーセーブを見せた。

ピンチをしのいだ浦和は後半25分に左サイドの宇賀神が左足でクロスを入れると、ファーのMF柏木陽介が佐々木に倒され、PKを獲得する。
同26分にPKキッカーを任されたのは興梠。
GK林卓人との駆け引きを制して右足でゴール左に沈め、2-1と再びリードを奪った。

さらに後半31分にはカウンターからPA内右に抜け出した柏木が右足でクロス。
ファーで待ち構えていた宇賀神が右足のインサイドキックで丁寧に押し込み、リーグ戦では2シーズンぶりとなる得点を挙げる。

そして同アディショナルタイム5分、ファブリシオが個人技から右足のシュートをゴール右に突き刺し、4-1とした直後に終了のホイッスルが鳴った。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?250660-250660-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク





続きを読む