小笠原満男。中澤佑二。楢崎正剛。川口能活。引退。

元の記事へ移動

小笠原満男

中村俊輔、中田英寿、小野伸二、稲本潤一、という選手たちと、同世代の選手だと言えるので、彼らと比較されるにおいては、やはり、地味な印象ではあったが、しかし、地味だが巧い選手、という事では、まず名前が挙がるのは小笠原満男であると思う。ほぼ印象には残っていないのだが、ドイツW杯では、第2戦目のクロアチア戦では先発フル出場、第3戦目のブラジル戦でもスタメン出場している。ただ、全盛期はその後、2006年8月から2007年6月までの10ヶ月間のレンタル移籍を経て、鹿島アントラーズに復帰してからの数年間であると思っていて、その数年の途中には大きな怪我もあったが、イタリアでフィジカル・コンタクトの強さと守備力を上げてきた小笠原は、鹿島アントラーズの3連覇に欠かせない選手だったと言える。その活躍により、2010年2月の代表戦へ、約3年半振りに招集され、試合にも出場したが、同年の南アフリカW杯では予備登録メンバー、という事で、残念ながら、3回目のW杯出場は果たせなかった。同世代では前述の選手たちと、ボランチという事では福西崇史と中田浩二も存在し、その次の世代には、遠藤保仁、阿部勇樹、今野泰幸、長谷部誠、という選手たちが存在していた事もあり、代表では軸になりきれなかった印象だが、鹿島アントラーズでは間違いなくレジェンドであるし、心・技・体、全ての要素で質の高さを備えた素晴らしい選手だったと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

アジアカップでの選手たちのパフォーマンスやチームとしての戦い方というのは、良い意味でも悪い意味でも、その後に与える影響は少なくはない。

元の記事へ移動

アジアカップの位置付け、というのは、3つの重要な大会の1つ、であると言える。他の2つはW杯アジア予選とW杯で、今回は南米選手権への参加も予定されているが、しかし、南米選手権は6月14日から7月7日にかけての大会であるために、Jリーグが開催されている期間中である、という事であったり、アジア連盟の公式大会ではないため、選手の招集をクラブに強制できない可能性もあったりと、今の時点では、どういう位置付けの大会にできるのか、明確な事は言えない。場合によっては、五輪代表チームで参加する可能性もあり、そうなってくると、その位置付けは大なり小なり変わってくる。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

過去のアジアカップを要点だけでザックリと振り返る。

元の記事へ移動

1996年 UAE大会

Jリーグ発足前の1992年の大会(日本開催)でアジアカップの初優勝を果たした日本が王者として戦った大会であったが、グループステージではシリアやウズベキスタンや中国に3連勝も、トーナメントステージ1回戦(準々決勝)でクウェートに敗戦。まだ日本がアジアでも強豪国とは言えなかった時代で、ただ、前回優勝していたり、グループステージでの結果が良かっただけに、トーナメントステージ1回戦(準々決勝)でクウェートに力負けして敗戦、という結果は、それなりにショックがあったのを覚えている。そして、その後、加茂監督は成績不振でW杯アジア最終予選の途中で解任、という流れになるわけだが、このアジアカップの時の結果で、加茂監督では難しいだろう、という印象を持った事も覚えている。もちろん、当時の選手たちの個の力では、という事もあったが。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

やはり、書きたい事を書きたい、という事で、ロシアW杯のポーランド戦について。

元の記事へ移動

FW       岡崎慎司  武藤嘉紀
MF 宇佐美貴史            酒井高徳
MF       山口蛍   柴崎岳
DF  長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK          川島永嗣

むしろ、最後の10分間の事ばかり言って、批判の目を逸らさせているように思える。そもそもとして、ロシアW杯のポーランド戦については、その最後の10分間を云々の前に、このスタメンで戦った事に問題があって、その前提から最後の10分間の話をしなければ、きちんとした議論にならないと思う。という事で、このスタメンの問題点だが、1つにはやはり、前の2試合で良いパフォーマンスではなかったポーランドだったとしても、消化試合ではない状況で、大迫、香川、乾、原口、長谷部、昌子、という主力を6人も外して戦う事を選択した、という事は、やはり、判断ミスだったと思う、という事。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

本質的な部分でのシステムの理解につながる1つの考え方。

元の記事へ移動

5レーン理論などがあるように、サッカーにおいて、ピッチの横幅を空きゾーン無しに埋めようと思うと、やはり、5人というのが最小の人数になる。ちなみに、個人的には、横幅というのは3分割、そして、その3分割した内側の2つの線上、という事で考えてきたので、基本的には、それでも良いと思うのだが、とりあえず今は3分割ではなく5分割で説明する事にしたい。おそらく、その方が新しい人にはわかりやすいと思うので。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2018年も御愛読ありがとうございました。

元の記事へ移動

何年も応援してくださっている皆様、それから、2018年から新たに応援してくださっている皆様、今年も、本当にありがとうございました。多くの皆様に支えられ、2018年も、このブログを継続させられました事に、心からの感謝を申し上げたいと思います。2006年のドイツW杯からスタートし、来年、2019年で13年目になるこのブログですが、2019年もまた、最後まで続けて行けたら良いなと強く思っています。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

個の能力って何? 個の能力が高いってどういう事?

元の記事へ移動

基本的には、全てのプレーは速い方が良い。試合を観ていて、この両チームには差がある、と強く感じる時はどのような時なのか。それは、強いと感じるチームの方のプレーが、まるで録画されたビデオの早回しをしているかのように感じられる時で、やはり、プレー速度というもので相手に、完全に上回られてしまった場合には、運以外の要素で対抗するのは難しくなる。ただ、プレーの速度、というのは、走力という走るスピードや敏捷性だけで生まれてくるわけではない、というのは当然の事で、やはり、そこは重要。

もちろん、走力という走るスピードや敏捷性、という身体能力は重要で、あくまでも、それ以外の要素も重要である、という事であって、以下に述べる能力が高ければ、走力という走るスピードや敏捷性、という身体能力は低くても問題無い、という事ではない。そこは、高ければ高いほど良いのは間違いなく、むしろ、そこに大きな差があった場合には、以下に述べる能力が高くても、ほぼ意味をなさない場合もある。そういう意味では、そこにも、全てのプレーは速い方が良い、という事の原理原則性が示されてもいる。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

それが本物なのかどうか、あるいは、それが本格化するのかどうか。

元の記事へ移動

今年の9月から12月は、森保ジャパンとイニエスタ&F・トーレス、という事が大きな出来事だったと思う。まずは、イニエスタ&F・トーレス、という事については、今季のJリーグの後半戦から、その2人がヴィッセル神戸とサガン鳥栖に加入したわけであるが、全盛期は過ぎていても、やはり、そのプレーのクオリティには、まだ素晴らしさがあると感じたし、そして、それと同じぐらい、イニエスタとF・トーレスには強いスター性というものがあって、その2人の存在が間違いなく、大きく集客力のアップに貢献していたし、やはり、人を惹きつけるものは人である、という事を再確認する事ができた。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

ロシアW杯はいくつかのモヤモヤが残った大会だった。

元の記事へ移動

5月から8月は、当然、ロシアW杯とその直後、という事になるが、まずロシアW杯については、個人的には正直、いくつかのモヤモヤが残った、という大会だった。その1つには、やはり、ハリルジャパンで戦うロシアW杯を見てみたかった、という事だと思う。アギーレジャパンもそうであるが、ハリルジャパンになっても、それは最初から、W杯で戦うために、W杯仕様で、もしくは、今までとは異なるアプローチで、という事を根幹にしていて、やはり、その結果がどうなるのか、という事に、とても興味があった。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

ハリルホジッチ監督の解任とは何だったのか。

元の記事へ移動

今年の1月から4月までにあった大きな出来事としては、やはり、ハリルホジッチ監督の解任、という事だったと思うが、これは結局、いくつかの2つの対立軸、という事によって起こってしまったと思う。1つには、これまでの日本サッカーにあった短所、あるいは、ブラジルW杯で惨敗したザックジャパンの反省、という観点から、もっと守備を重視して、もっと縦に速く、もっと1対1の強さも、というコンセプトを推奨する派と、いや、そういうものは日本のサッカーには適していない、合わない、という派の対立。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。