森保監督の目指すサッカーを知るためにもトータルフットボールを理解したい。

元の記事へ移動

トータルフットボールをやるには、コンパクト、ポジションの相互互換性、というものが必要で、それをピッチで表現するためには、規律とポリバレント性が必要である、という事。つまりは、個々の選手たちのクオリティの高さがベースにないとダメ、という事。それから、クライフやメッシのようなスーパーな選手も1人は必要、という事も機能性を高めるポイントになる。ところが、近年は違うかもしれないが、日本には間違った概念でトータルフットボールというものが入ってきてしまっていて、なぜか、全員攻撃全員守備=個の力が弱くても勝てるようになる戦術、という考え方になってしまっていた。おそらくは、本当のトータルフットボールというものをよく知らずに、全員攻撃全員守備という言葉の響きのイメージだけで解釈してしまったのかなと思うのだが、とにかく、その認識は大いに間違っていて、それこそ、正反対の性質のものである、という事。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

トータルフットボールとポジショナルプレー。

元の記事へ移動

ポジショナルプレーは、絶えず三角形を作り続ける、常に三角形を維持し続ける、そのためにはどうするのか? という事において、スタートポジションに拘束されない流動性、フレキシブルさと、しかし、規則性をそこに持たせる事によって、穴を作り出さない流動性、フレキシブルさを実現させる、という事であると言える。従って、やはりこれというのは、新しい考え方、理論、というわけではない。トータルフットボールの要素である、スモールフィールドを作り出す、選手の能力として求められるポリバレント性、という2つの要素を、1つの言葉や方法論として集約させた、という事に過ぎない。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

ポジショナルプレーとフレキシブルさを理解する。

元の記事へ移動

組織力、というものを追った時に、その究極形あるいは理想形というのは、個の力によって実現される、という事に辿り着く。ポジショナルプレー、という言葉があるが、それはあらゆるシステム(戦い方)や状況において、常に正しい判断と正しいプレーをし続ける、常に相手を上回る判断と相手を上回るプレーをし続ける、という事であると思うが、それを構成する要素は2つで、それは、ポジショニングと1つ1つのプレーの力。

1つの答え、というものを持たない性質のポジショニングは、あらゆるシステム(戦い方)や状況においての正しい判断、その核となるもので、そして当然、チームとして定めたシステム(戦い方)や、ある状況においてのセオリーとなるパターンというものが、正しいポジショニングの1つの指針とはなるが、そこから正しい答えを導き出す、という事において、やはり、それが個の力の1つである、という事は間違い無いと言える。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分ける、というのは、どのような意図の戦術なのか?

元の記事へ移動

ブログ主様に質問です。4バックと5バックの可変システムと言えば、いわゆるボランチの選手がディフェンスラインに下がってくる形が一般的だと思います。サイドの選手のポジショニングによってディフェンスの枚数を使い分けるというのは、どういう戦術なのでしょうか。狙いやメリット(あるいはデメリット)、この戦術を使うチームなどお教えください。よろしくお願いいたします。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

最終的には、必ず複数で対応する、それから、ゾーンディフェンスでやる、という事ではあるが、最初はマンツーマンディフェンスでやって、まずは個の守備力を高めると。

元の記事へ移動

前回の続きの話をすると、例えば、ベルギー遠征での失点というのは、ほぼほぼ失点の原因というのは、右SBの選手の個の対応の悪さやミスで、PKを与えてしまったりとか、飛び込んで完全に抜かれてしまったりとか、そして、もう1つは、ここは少し難しいところだが、右SHの選手が、フリーになっている相手選手が2人存在し、どちらに対応するべきなのか、という少し難しい判断の場面で、原則的には中側、内側にいる選手の方へ、だと思うのだが、外側にいる選手の方に対応してしまい、という事だった。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

欧州式のゾーンディフェンスはこうだ、日本式のゾーンディフェンスはこうだ、というのは、あまり意味が無い。

元の記事へ移動

繰り返し書いてきたが、ゾーンディフェンスとは言っても、やはり、1対1、デュエル、マンツーマン的なディフェンス、その個の力が前提となっている、という事が重要で、日本の守備が弱いのは、日本のゾーンディフェンスが弱いのは、単純に、1対1、デュエル、マンツーマン的なディフェンス、その個の力が弱いから、という事に他ならない。マークの受け渡しをしましょう、アタック&カバーで守りましょう、常に複数人で対応しましょう、という事をやったとしても、個の局面の所で弱かったら威力は持てない。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

プレーの連続性を高める必要があると思う。

元の記事へ移動

『一般的にプレーのタイプについて言えば休止が多いかもしれない。僕が長い間、慣れていたプレーからみれば。』と、イニエスタはJリーグの印象を語ったが、おそらく、イニエスタがそう感じた理由は、プレーの連続性という要素だと思う。例えば、欧州のリーグでプレーしている日本人選手たちを見ていて、プレーが単発的である、と感じる事は少なくない。要するに、1つ1つのプレーについては良いプレーをしていても、そういうプレーが連続的に行われない、というような性質を持つ選手たちが日本には多い。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

森保ジャパンのサイクル的な立ち位置は西野ジャパンを継承する形でのビルド。

元の記事へ移動

では、前回の記事のようなサイクル的な観点から考えて、森保ジャパンはどう立ち位置にあるのかと言えば、それは明らかに、西野ジャパンをブラッシュアップさせる、という立ち位置にある。4年前に描いていたサイクルというのは、個人的には、ブラジルW杯後からの4年間というのはスクラップ&ビルドのスクラップを行い、それから、ロシアW杯後には、その総括を以て、今度はスクラップ&ビルドのビルドを行い、集大成的なサッカーを完成させる、そのサッカーで2022年のW杯を戦う、というものだった。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

ハリルジャパンを正しく評価すべき。

元の記事へ移動

結局、代表のサッカーというか、日本のサッカーというのは、一回、振り子を大きく逆に振る必要があって、ポゼッションサッカー至上主義、テクニック至上主義、個の力よりも組織力重視、という事を一回崩し、そこからまた再構築すると。つまり、スクラップ&ビルド、という事を定期的に行う事が創造の基本であり、サイクル的に言えば、ブラジルW杯後の代表あるいは日本のサッカーというのは、スクラップ&ビルドのスクラップの時期にあったと言える。とにかくその事を、多くの人たちには理解してもらいたい。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

秋春制への移行と外国籍枠の拡大が必要。

元の記事へ移動

多くの日本人選手が海外でプレーする時代がやってきた。
そして、こうなってきてやっと、
秋春制と外国籍枠の本格的な議論というのがスタートする、
そのように個人的には思う。

今までのJリーグというのは、
海外でプレーする選手がほとんど存在しなかった時代というのは、
海外の移籍マーケットに日本人選手がほとんど存在しなかった時代というのは、
または、ナショナルチームの目標が、
W杯に出場する事だった時代というのは、
Jリーグがどのような日程でサッカーを開催していても、
それは全く構わなかった。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。