マンチェスター・シティ、絶望の未来を希望に変えるのは? グアルディオラ以上の監督適任者がいる、それは…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

元の記事へ移動

マンチェスター・シティのサイクルが終わりを告げようとしている。プレミアリーグのタイトルは早々にリバプールに奪われ、ファイナンシャル・フェアプレーの問題での制裁は避けられず、ジョゼップ・グアルディオラ監督の去就も怪しい。誰もが絶望の未来を予見する状況だが、希望に変えられる人材がいるという。(文:粕谷秀樹)

マンC、誰も責められない左手…リバプール優勝でも終わらないフットボール。チェルシーはようやく本領発揮

元の記事へ移動

今季のプレミアリーグの優勝が、リバプールに決まった。現地25日に行われた第31節で2位マンチェスター・シティがチェルシーに敗れ、残り7試合で首位との勝ち点差が23ポイントになったことを受けてのことだ。だが、今季はまだまだ終わらない。負けを認めたシティは次なる戦いに照準を合わせ、充実のチェルシーはここからが本番とばかりに力をたぎらせている。(文:舩木渉)

アーセナル、アルテタもお手上げのマンC戦大敗。あまりに不運すぎた100日ぶりプレミア再開

元の記事へ移動

プレミアリーグのある日常が戻ってきた。現地17日に第28節延期分が開催され、マンチェスター・シティがアーセナルに3-0で勝利を収めた。順位表を見れば妥当な結果とも言えるが、内容を見ても妥当な結果に。敵地に乗り込んだアーセナルにとっては、アクシデント続出の不運すぎる再開初戦となってしまった。(文:舩木渉)

メッシらの存在がアンチ・フットボール誕生の要因? アルゼンチンに深く結びつく理由【アンチ・フットボールの歴史・後編】

元の記事へ移動

常に進化し続けるサッカー界の「戦術」。世界的サッカー史家がサッカーの進化を読み解く『戦術の教科書』(ジョナサン・ウィルソン、田邊雅之著/2017年刊)より、「アンチ・フットボール」の歴史に迫った部分を一部抜粋して前後編で公開。今回は後編。(文:ジョナサン・ウィルソン、田邊雅之)

モウリーニョとシメオネはグアルディオラやクロップと何が違うのか?“アンチ”と評される所以【アンチ・フットボールの歴史・前編】

元の記事へ移動

常に進化し続けるサッカー界の「戦術」。世界的サッカー史家がサッカーの進化を読み解く『戦術の教科書』(ジョナサン・ウィルソン、田邊雅之著/2017年刊)より、「アンチ・フットボール」の歴史に迫った部分を一部抜粋して前後編で公開。今回は前編。(文:ジョナサン・ウィルソン、田邊雅之)