02年、中村俊輔。世界最高級のFKが残した爪痕。稀代のトップ下が批判から称賛に変わるまで【セリエA日本人選手の記憶(4)】

元の記事へ移動

日本人選手の欧州クラブへの移籍は通過儀礼とも言える。90年代、そのスタートとなったのがセリエAへの移籍だった。三浦知良や中田英寿など日本を代表する選手たちが数多くプレーしたイタリアの地。しかし、現在セリエAでプレーする日本人選手はゼロ。この機会にこれまでの日本人選手のセリエAでの挑戦を振り返る。第4回はMF中村俊輔。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

中田、中村、本田、長友、香川…あの時代、誰と定位置を争い世界に名を轟かせたのか? その激闘の記録【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

平成が間もなく終わろうとしている。この約30年の間に日本サッカーは劇的な進歩を遂げた。多くの選手が海外移籍を果たし、一人ひとりのたゆまぬ努力が日本サッカーのレベルを押し上げていった。今回フットボールチャンネルでは、海外組を5人ピックアップ。彼らはどんなライバルと遭遇し、ポジション争いを繰り広げたのだろうか。

【EL結果まとめ】24秒先制弾のセビージャ、2度のリード守りきれず2-2ドロー

元の記事へ移動