マンCの“最新版”戦術とは? あまりに強すぎた理由と驚異的だったチームと選手の進化【18/19シーズン総括(2)】

元の記事へ移動

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティを振り返る。(文:内藤秀明)

2018/19シーズン、ポジション別活躍度ランキング・CF編。C・ロナウドにムバッペ…世界最高の争いを制したのは?(10位~1位)

元の記事へ移動

フットボールチャンネル編集部が、2018/19シーズンのポジション別活躍度ランキングを選定。今回はセンターフォワードの5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

獅子奮迅のエース・アグエロ。機能不全のアルゼンチン、36年ぶりのGS敗退を救った個人技術【コパ・アメリカ】

元の記事へ移動

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグB組第3節、カタール代表対アルゼンチン代表が現地時間23日に行われ、アルゼンチンが2-1で勝利。同時刻に行われたコロンビア代表対パラグアイ代表の結果により、アルゼンチンが2位となり決勝トーナメント進出を決めた。試合を通じてセルヒオ・アグエロの個人技術が光っていた。(文・加藤健一)

メッシですら脅威ではない現在地…アルゼンチン代表の弱さと脆さ。失ったチームとしての姿【コパ・アメリカ】

元の記事へ移動

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグB組第2節、アルゼンチン代表対パラグアイ代表が現地時間19日に行われた。決勝トーナメント進出のため、勝ち点3獲得が必須だったアルゼンチンだったが、相手に先制ゴールを許すなど大苦戦を強いられる。メッシのPKでなんとかドローに持ち込んだものの、36年ぶりのGL敗退に近づいてしまった。今のチームはもはや、メッシですら脅威ではなくなりつつある。(文:小澤祐作)

アルゼンチン代表、悲願の達成へ。メッシ依存の脱却は必須、ロシアW杯の悲劇を繰り返すな【コパ・アメリカ主要国分析(2)】

元の記事へ移動

現地14日にコパ・アメリカ(南米選手権)が開幕する。1993年エクアドル大会以来の優勝を目指すアルゼンチン代表は、どのようなチームで大会に臨むのだろうか。今回は、メッシを筆頭に超豪華攻撃陣を擁するアルゼンチンを分析する。

2018/19シーズン活躍度ランキング。1位はメッシ? ファン・ダイク? 激論の末、選ばれたのは…(10位~1位)

元の記事へ移動

フットボールチャンネル編集部が、2018/19シーズンの活躍度ランキングを選定。今回は10位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。