新たな主砲、エムバペと「真の中枢機関」グリーズマン。世界王者が見せた未知なる伸びしろ

元の記事へ移動

ロシアワールドカップ(W杯)を制したフランスは、新たに開幕したUEFAネーションズリーグでドイツ、オランダと対戦した。ディディエ・デシャン監督は、この2試合を通してW杯と同じフィールドプレーヤーを起用した。しかし、その内容は全く異なるものだった。(文:小川由紀子【フランス】)

“アンチフットボール”など、「どーだっていい」。フランスを優勝に導いた草食男子の精神【ロシアW杯】

元の記事へ移動

数々のドラマを生んだロシアワールドカップも幕を閉じた。同大会の頂点に立ったのは、フランス代表である。相手に対し、受け身に立つ姿勢に批判の声も多く聞かれるが、大舞台というプレッシャーを跳ね除け優勝を果たしたのは見事であった。(文:小川由紀子【フランス】)

フランスが優勝を確信した20秒間。最高の戦力の最高の使い方。栄冠手にした最大の理由は【ロシアW杯】

元の記事へ移動

ロシアワールドカップ決勝戦は現地時間15日に行われ、フランスがクロアチアを4-2で下して20年ぶりの優勝を手にした。前半をリードで折り返したのはフランスだったが、クロアチアも十分に手応えを残していた。それでも、後半の交代策によって流れは決定的に。フランスが栄冠を手にした理由には、指揮官による的確な選手起用法があった。(文:海老沢純一)

フランス国民は優勝を確信。その理由は? 98年との共通点と20年ぶり栄冠が持つ意味【ロシアW杯】

元の記事へ移動

現地時間15日、ロシアワールドカップ決勝戦フランス対クロアチアの試合が行われる。レ・ブルーは勝利すれば、98年大会以来20年ぶりとなる優勝を確定させることができる。当時と現在のチームにはいくつかの共通点もあり、国民はW杯制覇を確信している。そして何より、フランスにはW杯優勝への強い思いがある。(文:小川由紀子【フランス】)