香川も語った“内容と結果を追い求める”こと。ドルトムントが直面したその難しさ

元の記事へ移動

ブンデスリーガ後半戦も2試合を消化。ドルトムントはバイエルンに次ぐ2位を堅持し、リーグトップの得点力を誇っている。それでもインゴルシュタットと対戦した第19節では苦戦を強いられた。香川真司は試合後、勝利を手にしたとしても反省し前進していく必要性を示した。

香川は反省も…内容が悪くとも勝ち切る。ドルトムントが見せた“しなやかな強さ”

元の記事へ移動

ドルトムントはインゴルシュタットをホームで迎えた一戦で2-0と勝利を収めた。しかし、先発した香川真司が試合後に口にしたように連係不足に苦しむ展開となった。それでも、内容が悪くとも勝ち切る強さを今季のドルトムントは持っている。

補強の進まないドルトムント。徐々に高まる選手層への懸念。次戦、香川先発の可能性は?

元の記事へ移動

ブンデスリーガ後半戦も2試合目に突入した。しかし、ドルトムントは冬の移籍市場で選手補強に苦戦している。現有戦力も高いクオリティを持ってはいるものの、やはり過密日程となるシーズン終盤に向けて不安がある。その中で、前節を欠場した香川真司の先発復帰はあるのだろうか。