久保建英と同世代…ドイツで活躍する10代選手、能力値&市場価格ランキング・トップ5【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

久保建英(18歳)、菅原由勢(19歳)、中村敬斗(19歳)。今夏は、Jリーグから海外へ移籍を果たした10代の選手が例年に比べても多かった。そうした若手選手の活躍には期待が寄せられるが、世界にも大きな注目を浴びる10代選手が数多くいるのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、ブンデスリーガで活躍する10代の選手を市場価格のランキング(トップ5)形式で紹介する(市場価格は『transfermarkt』を参照)。

ジェイドン・サンチョ、そのプレースタイルと能力値、ポジションは?19歳の次世代ウインガーがアシストを量産する理由【注目選手分析(13)】

元の記事へ移動

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを始め、世界各国には際立った存在感を放つ名手が数多く存在している。そんなワールドクラスのプレイヤーは、一体どのようなスキルを持ち、どのような特徴を発揮しているのか。そのプレースタイルを解説する。第13回はイングランド代表FWのジェイドン・サンチョ。(文:編集部)

【朗報】ドルトムントさん、なんだかんだ香川に優しかった

元の記事へ移動

818: 名無し@サカサカ10 2019/08/14(水) 21:27:38.59
01[1]


スペイン『ElDesmarque』によると、
香川は移籍金ゼロでドルトムントからサラゴサに移籍した
年俸は40万ユーロになるとみられている
なお、サラゴサは移籍金として香川のパフォーマンスに伴ったボーナスと
サラゴサが1部に昇格した場合のボーナスをドルトムントに支払う必要がある
https://eldesmarque.com/zaragoza/real-zaragoza/noticias/35200-el-fichaje-de-kagawa-en-cifras

移籍金ゼロではあるけど、契約解除したわけではないみたい
ドルトムントが移籍金を譲歩することで香川はサラゴサ移籍できた。感謝ですね

続きを読む