<ハリル監督解任>田嶋会長会長の責任…結果を残せなかった時は、今回の責任をとって西野監督とともに職を辞するべき

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/05/01(火) 06:34:38.62 ID:CAP_USER9.net

パリの某ホテルでJFA(日本サッカー協会)田嶋幸三会長からヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督に解任が言い渡されてから20日後、
ハリルホジッチが東京で記者クラブ主催の会見に出席した。

そもそも、W杯を2ヵ月前に控える中で監督を解任すること自体が異例の出来事なわけだが、解任された監督があらためて記者会見を行なうことは異例中の異例だ。
それでも、本人がわざわざ日本に出向いてまで会見を行なう理由はあった。

それは、田嶋会長から伝えられた「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」という曖昧(あいまい)かつ不可解な解任理由をどうしても承服できなかったからだ。
つまり、今回のハリルホジッチ再来日の目的は、“こと”の真相を知ることにあった。

ところが、いざ蓋を開けてみると、開始から約50分に渡ってひたすら思いの丈を語り続けたハリルホジッチは、この3年間で自分が行なってきた仕事ぶりを自画自賛して会見の本筋から脱線。
ようやく始まった質疑応答の中で、選手とのコミュニケーション不足については「私の認識ではそういった問題は存在しなかった」とし、しかしその一方で「真実を探しにきたと言ったものの、残念ながらまだ見つかっていない」という現状を告白した。

結局、世間が注目した真相は闇に包まれたまま。この会見で浮き彫りになったのは、選手との間にあったとされるコミュニケーション不足ではなく、ハリルホジッチとJFAの間にあったコミュニケーション不足の問題だった。
その一方、約1時間半に及ぶ会見の中で、今回の騒動における問題の本質を突くコメントがあったことを見逃すわけにはいかない。それは会見の最後に行なわれた質問に対する回答の中でハリルホジッチが発したひと言だ。

「ウクライナに負けたから、といった結果を突きつけられたのなら、まだ理解できる」おそらく、彼が今回の解任劇を消化できないままでいる最大の理由は、この言葉に集約されている。
これと同じような意味合いで「韓国戦(2017年12月のE-1サッカー選手権)の後に解任を考えたという話も聞いた。

それであれば、私も少しは理解できる」とも話していたが、要するにサッカー面での評価を得られずに解任を言い渡されるならまだしも、
コミュニケーションや信頼関係というピッチ外の漠然とした理由だけで決定が下されたことは到底、理解できないということだ。

<<2以降jにつづく

(文/中山淳 )5/1(火) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00104121-playboyz-socc
2 名前:Egg ★:2018/05/01(火) 06:34:58.90 ID:CAP_USER9.net

監督業を生業とするプロフェッショナルとしては、当然の物言いである。

対するJFA側は、4月9日に行なわれた田嶋会長の緊急記者会見においても、その3日後に行なわれた西野朗新監督就任会見においても、
そして今回のハリルホジッチの会見を終えても、いまだコミュニケーションと信頼関係以外の解任理由を明かしていない。

しかも、ハリルホジッチによれば、田嶋会長や新監督に就任した西野前技術委員長から、解任を言い渡されるまで自身に対する問題提起が一度もなかったというのだから驚きだ。
両者の言い分を照らし合わせると、代表監督と技術委員長の間にサッカー面の議論がほとんど存在しなかったことが浮き彫りにされ、少なくとも西野前技術委員長がハリルホジッチの仕事に対して意見したことはなかったと見ていいだろう。

本番2ヵ月前に代表監督が解任されたことよりも、この事実のほうが圧倒的に問題だ。
今から24年前の94年、当時、日本代表を率いていた元ブラジル代表のファルカンが、言語の違いによるコミュニケーションの問題を理由に監督を解任されたことがあった。
もちろん、本人はブラジル帰国後に不満をあらわにしたが、プロ化直後という当時の日本サッカー界の状況を考えれば、戦術などサッカー面の理由がなかった川淵三郎技術委員長(当時)の解任説明が、
さほど波紋を広げなかったことは仕方ない部分もある。まだそういう時代だったのだ。

しかし、あれから時計の針は進み、日本サッカーを取り巻く環境は大きく変わった。例えば、アルベルト・ザッケローニ監督とハビエル・アギーレ監督招へい時の原博美技術委員長や、
ハリルホジッチを招へいした霜田正浩技術委員長は日常的に代表監督と対話を行ない、試合や練習内容を分析して「評価査定」を行なっていた。
だから時には、技術委員長として代表監督の考えを代弁することもできた。その評価は別として、それが技術委員長としてのあるべ姿だ。

しかし、しなかったのかできなかったのかはわからないが、田嶋体制のスタートとともに就任した西野前技術委員長にはそれがなかった。
自分が理事会に推薦した監督でないことはわかるが、だからこそ客観的に評価査定を行ない、仮にW杯を戦う監督として相応(ふさわ)しくないと判断したのであれば、
具体的にそれを指摘し、理事会を通して会長に進言すべきだったのではないだろうか。

個人的には、解任に今も賛成だ。なぜなら、W杯予選を突破することはできたが、そのサッカーの中身はとても褒められる内容ではなかったからだ。
個々の選手のレベル低下が著しい現在の日本代表にあって、ハリルホジッチの戦術は組織力を高めてそれをカバーするのではなく、逆に個々のクオリティの問題をさらにクローズアップさせてしまう戦術であり、そこには多くの不安要素が散見された。

また、予選突破後の親善試合では、苦戦する中で効果的な采配によって状況を変えることができず、全てを選手のクオリティの問題で片付けてしまうことも問題だった。
また、会見では「最後の詰めの部分が自分の持ち味だ」と豪語していたハリルホジッチではあるが、もはや状況を一変させるような秘策が出てくることもないと見ていた。

もちろん、これらは戦術やゲームプラン、スカウティングや采配などのサッカー面での話だ。そこに選手とのコミュニケーションや信頼関係という要素は含まれていない。
それはプロの世界であればどんなチームでも存在して然るべきことであり、勝てばチームは団結し、負ければバラバラになること自体は世界のどの代表チームでも起こりえることだ。
逆に、それを拠り所にチーム強化を図ること自体が、プロの常識とはかけ離れた考え方であると言っていい。

日本代表監督の人事が「サッカーを語らない人によって、サッカーを語らないまま決定された」という事実に、あらためて絶望感を覚えずにはいられない。
4月9日の会見で田嶋会長は「西野技術委員長、スタッフ、岡田(武史)副会長とも議論をしながら」「最終的な意思決定は会長の専権事項」として今回の解任を決定したと語っている。

そして西野技術委員長を後任監督とすることによって、代表監督の実質的人事権を持つ技術委員会のトップを空席とし、会長自らがすべての判断を下した。
本番がどんな結果になるにせよ、だからこそW杯後の田嶋会長には説明責任が問われる。もちろん、結果を残せなかった時には、今回の責任をとって西野監督とともに自らの職を辞するべきである。

前代未聞の監督解任騒動が収束しても、そのことだけは忘れてはいけない。
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525124078
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<ハリル前監督>「JFAは真実を公表してほしい」 田嶋会長「1%でも2%でも、日本代表が勝つ可能性を追った」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/04/30(月) 23:34:57.02 ID:CAP_USER9.net

ハリルホジッチ前監督・独占インタビュー

ブラディミール・ノバク/Vladimir Novak 2018/4/30 11:50

写真
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900009_view.jpg


ワールドカップ(W杯)ロシア大会を約2カ月後に控えた4月9日、JFA(日本サッカー協会)はヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を同7日付で解除したことを発表した。
田嶋幸三会長は決断に至った理由を「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきた」「今までのさまざまなことを総合的に評価して、この結論に達した」とし、後任には技術委員長だった西野朗氏が就任することを合わせて発表した。

これを受けてハリルホジッチ氏は27日、都内で自らの解任に関する記者会見を実施。JFAから「事前に何も知らされていなかった」ことや、解任理由であるコミュニケーションについても「問題はなかった」と自身の見解を示した。
会見翌日、セルビア人ジャーナリストのブラディミール・ノバク氏が電話での独占インタビューを敢行。自身の解任に関する思いや、日本サッカーについて、ファン・サポーターへのメッセージにいたるまで、あらためて話を聞いた。
(取材日:2018年4月28日)

◆実に不誠実で、プロフェッショナルではない

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900010_view.jpg


――4月21日に来日してから何をしていた?

私の身に何が起きたのかを知りたかった。私はまだ真の解答を得られずにいる。JFAの田嶋会長がどのような理由で私を解任したのか、誰も真実を知らないのだ。
唯一の解任理由は、選手とのコミュニケーションの問題だという。当然、それは間違っているし、真の理由のはずがない。

最近、私の元に15人ほどの日本代表選手からメッセージが届いた。すべての選手が驚きや怒りのような感情を書きつづっていた。実際に何が起きたのか。これは大きな謎だ。
昨日の記者会見には400人近く(発表は332人)の報道関係者が出席していたが、そこで私は「いったい何が起きているのか」と問い掛けた。

私の身に降りかかった出来事は実に不誠実で、プロフェッショナルではない。選手たちとのコミュニケーションの問題は一切なかった。
むしろ、現在まで率いてきた歴代のチームの中では、選手たちと最も容易にコミュニケーションを取っていた。

――霜田正浩氏(元技術委員長・現レノファ山口監督)がJFAを去り、その後、西野朗氏が後任に就いたことについてはどう思ったか?

2つの派閥が争い、その結果、一方が勝利したということだ。

>>2以降につづく

2018/4/30 11:50
https://russia2018.yahoo.co.jp/column/detail/201804290002-spnavi/?p=1
2 名前:Egg ★:2018/04/30(月) 23:35:39.94 ID:CAP_USER9.net

――その時、JFAから新体制についての説明はあったのか?

特別な説明はなかったし、説明の必要性は感じていない。会長は新しい技術委員長を選任する権利があるからだ。西野氏との直接的なやりとりは多くなかった。
彼は私たちの練習を見守り、自身のための記録帳を用意していた。そしてコーチ陣との会議に出席していた。代表選手を選ぶときは、私が最終的な権限を持っていた。
フランスでは、技術委員長と監督が何か特別なやりとりをすることはない。技術委員長はその国のサッカーの施策を練り、若手世代の強化に努めることが主な仕事だ。監督に直接的な影響を与えることはない。

――霜田氏が去った後、何か変わったか?

私の仕事に関しては何も変化はなかった。とはいえ、私は霜田氏とはより多くの接触があったことは確かだ。霜田氏は機会があるごとに、日本代表での私の仕事に感銘を受けている旨を伝えてくれた。
西野氏とは「こんにちは」とあいさつを交わすぐらいだった。

W杯前に明確なプランを持っていた

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900011_view.jpg


――W杯出場を決めた後、昨年11月、12月、今年3月に強化試合が行われた。試合では本大会のためのプランを披露せずにいたと思うが、
具体的なプランを選手たちや協会スタッフ、技術委員会、会長らには伝えていたのか?

話していない。誰からも問われることはなかったし、誰からも求められなかった。強化試合では多くの選手を試した。その中にはけがのために、それまでプレーを見ることができなかった選手もいた。
サッカーにおいて、試合結果はいつも重要だ。しかし、強化試合の場合、結果は必ずしも最優先事項ではない。

私は強化試合を通して多くのポジティブな要素を発見した。例えば、11月のブラジル戦では0?3で劣勢に立たされた中で2?3(編注:実際は1?3)という結果だった。
3?3の引き分けに持ち込むこともできた試合だった。1つのゴールが認められない不運もあった。選手たちは試合開始直後から、相手が強豪国という理由で心理面が欠落していたが、
後半に入り、いくつかの修正とアドバイスを送った。すると、チームはより自由に、組織的になり、選手たちはより勇敢に、大胆にプレーできるようになった。

ベルギー戦でも良いプレーを見せてくれた。失点は相手選手のドリブルで日本の5、6選手が揺さぶられた結果、ゴールを奪われるという個人技によるものだった。
ただ、その後は試合を支配して得点のチャンスも何度か訪れた。3月は2つの強化試合があり、対戦相手の性質は異なっていた。その試合で若い選手を見たかった。私はW杯前に明確なプランを持っていたのだ。

私はW杯前の期間を前向きな気持ちで過ごしていた。本大会に臨むための準備期間が今まで率いたチームよりも一番多く与えられていたし、
(W杯準備・期間中の)約4週間をみんなと一緒に仕事ができる喜びを感じていた。しかし、残念ながらすべてがふいになってしまった。

――グループリーグの対戦国であるコロンビア、セネガル、ポーランドとはどのような試合戦術、ゲームプランがあったのか教えてほしい。

すべて話すには3日間必要だ。私が準備、計画していたことの一部さえも、この場で話すことは困難だ。私はコロンビア代表の10試合を分析して、すべての情報を持っている。
攻撃時、守備時では日本の選手がどのようにプレーすべきか詳細な部分まで分かっている。

W杯ブラジル大会で私がアルジェリア代表を率いて、いかに用意周到に準備してきたかご存知のはずだ。私は戦術のスペシャリストだ。ブラジル大会では優勝国のドイツと対戦し、
勝利目前まであと一歩のところに来ていた。ロシアW杯での日本の対戦国は、それぞれプレースタイルが異なる。私がグループリーグの3試合に向けて、どれだけ慎重に準備をしてきたかを分かってくれるはずだ。

つづく
3 名前:Egg ★:2018/04/30(月) 23:36:04.57 ID:CAP_USER9.net

日本サッカーは他国のコピーであってはならない

田嶋会長は解任について「1パーセントでも2パーセントでも、日本代表が勝つ可能性を追った」と発言
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900012_view.jpg


――田嶋会長によると、日本代表は縦に速いサッカーよりもパス重視のサッカーが日本のスタイルに合っているとのことだが、どう思うか?

持論を展開するのは自由だが、プレースタイルや戦術に関していえば、彼は門外漢のはずだ。彼の仕事はそこには存在しない。
私は資料を作成して、日本のサッカーは選手の個人的かつ集団的な価値に基づいて、アイデンティティーを形成すべきだと説明してきた。
他国のコピーであってはならない。自身のプレースタイルを磨く必要があるのだ。

プレースタイルは選手の性質に依存する。日本人は背が低いが敏捷(びんしょう)性に長けているので、速くて爆発的なプレーが可能だ。
100本のパスはゴールまでのプレーを遅らせるだけだ。相手ゴールを危険にさらすためには、速い動き出しこそ必要なのだ。
私は17年間、センターFWとしてプレーした。ゴールを奪うための最良の方法を心得ているつもりだ。

――田嶋会長は「1パーセントでも2パーセントでも、日本代表が勝つ可能性を追った」と会見で話していたが、どう思うか?

新監督は、私よりも何度かW杯を経験していて、選手時代もたいそう偉大な選手だったに違いない。だから、本大会でもきっとうまくいくのではないか。

――本大会で招集を予定していた23名の選手の名前を教えてほしい。サプライズで誰かを呼ぶ予定はあったのか?

今ここで話すのは意味がない。自分の考えとしては、23名のベストな選手を呼ぶだけだった。

――選手たちとの関係は良好で、コミュニケーションもうまく取れていたと話していたが
一方で会見では本大会出場を決めたオーストラリア戦後に2人の選手が不満を持っていたことを明らかにした。その選手はそれまでの試合に出場していたという。それは本田圭佑と香川真司のことか?

名前は重要ではないし、言うつもりはない。サッカーは集団スポーツだ。重要なのはチーム、プレー、パフォーマンス、結果だ。名前は重要ではない。
チーム全体は選手個々よりも重要視されるべきである。オーストラリア戦での(選手起用に関する)私の決断は、日本では大きな衝撃だったようだ。日本代表の試合出場数が多い選手たちを使わなかったからだ。

私はその時の最高のチームを選び、結果的に日本はオーストラリアに歴史的な初勝利を飾った。勝てると信じた人間は少なかったが、私は信じていた。

サッカーの世界ではよくあることだ。どの監督も、たとえばジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督)でさえも、
選手から不平を唱えられ、サポーターやメディアからはこの選手を使えと批判される境遇に置かれているのだ。

つづく
4 名前:Egg ★:2018/04/30(月) 23:36:14.12 ID:CAP_USER9.net

◆代表チーム、クラブからのオファーは留保している

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018043000007_view.jpg


――日本ではあなたの解任に不満を持つ者も多いという。解任の真の理由が日本代表戦のテレビの低視聴率の打開策だったり、スポンサーの圧力があったりといった憶測があるが、どう思うか?

政治とサッカーの世界では何でも起こり得る。残念なことに金はスポーツよりも重要なものになった。そういう時代なのだ。これだけは絶対に言えることだが、日本代表選手たちとの連携に問題はなかった。
むしろ素晴らしいコミュニケーションを確立していた。私たちの関係は理想そのものだった。

――すでに監督就任のオファーが届いているというニュースを耳にしたが、今後の予定について教えてほしい。Jリーグのクラブからオファーがあれば引き受けるか?

代表チーム、クラブからオファーが届いていることは確かだ。しかし、今はすべて留保している。

――仮にヨーロッパのクラブを率いることになったら、自身のクラブでプレーをさせたい日本人選手はいるか?

自分のクラブでプレーする選手が白人なのか、黒人なのか、国籍はどこなのかなど一切気にしたことがない。私は偏見を持たない。大切なのは良い選手であり、チームプレーに徹することができる選手だ。

――そういう一般的な話ではなく、あなたが自分のクラブに呼びたい具体的な日本人選手名を挙げてほしい。

それはクラブ次第だ。例えばマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンのようなビッグクラブの場合、そこでプレーできるだけのレベルに達した日本人選手は現時点ではいないだろう。
一方で、小さなクラブを率いることになったら、日本人選手の獲得もあり得るだろう。


◆私を支えてくれたすべての人に、心よりの感謝を

https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900014_view.jpg


――JFAとの契約はW杯終了までだった。解任の知らせを聞いて、ひどく落胆していたが、その後、訴訟の準備をしているとの話も聞いた。違約金や慰謝料のオファーはあったのか。また訴訟をしたのか?

現在は弁護士にすべてを任せている。訴訟はしていない。このテーマに関しては、これ以上、話すことができない。弁護士に任せている。

――来日後、JFAとの話し合いの場は設けられたのか?

何もない。JFAから話し合いの提案はあったが、断った。

――なぜ断ったのか?

なぜなら、私がどういう理由で解任されたのか、真実を知りたいからだ。互いに向き合った会話の中での説明はいらない。私はJFAが真実を公表してほしいのだ。

――最後に日本のサッカーファン、日本代表サポーターに対して伝えたいことはあるか?

日本人が私にこれほどまで身近に寄り添ってくれていたことを知らなかった。来日後、東京を歩いてそれを確信した。道ですれ違うと、みんな励ましと同情の気持ちを表してくれた。
昨日の記者会見では400人近くの報道関係者が駆け付けてくれて、会見終了時には大きな拍手をいただき、とても感動した。共に働いてきたJFAのスタッフからも、温かい言葉をかけてもらった。
先ほども話したが、15名ほどの日本代表選手からも感動的なメッセージが届いた。

私を支えてくれたすべての人に、心より感謝の言葉を贈りたい。残念なことに、今の時代は何が起きてもおかしくない。サッカーよりもビジネスが重要視される時代だ。
ただ、今回の件は決して受け入れることができないし、受け入れるつもりもない。解任の理由がいわゆる「コミュニケーション」だと言うなら、事実無根である。
JFAには真実を話して、解任の本当の理由を明かしてほしい。それを公に発表してほしい。私を支援してくれている人たちに感謝したい。
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1525098897
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆ハリル電撃解任◆ハリル解任反対派皆無!日本の識者(指導者&記者)はほぼ全員解任は正解と回答・・・

元の記事へ移動

274: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/04/30(月) 20:24:56.94 ID:vhCtb2ML0 サッカーダイジェスト 識者20人に問う ハリルホジッチ監督の解任は妥当か?

no title

no title

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10318

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<ハリル前監督>「JFAは真実を公表してほしい」 田嶋会長「1%でも2%でも、日本代表が勝つ可能性を追った」

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2018/04/30(月) 23:34:57.02 ID:CAP_USER9 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を約2カ月後に控えた4月9日、JFA(日本サッカー協会)はヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を同7日付で解除したことを発表した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://russia2018.yahoo.co.jp/column/detail/201804290002-spnavi/?p=1
写真
https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2018/0429/201804290002-spnavi_2018042900009_view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<ハリルが反論会見で明らかにした確執のあった2人とは誰なのか?>

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/04/28(土) 05:20:42.09 ID:CAP_USER9.net

ひな壇の上に置かれたマイクを通して発せられていた、前日本代表監督の声のトーンが突然高くなった。日本サッカー界史上でも前例のない記者会見が始まってから、20分が過ぎたころだった。

「3年前から私は誰とも、特に選手とは何の問題もなかった。この3年間、国内組であろうと海外組であろうと、常に選手たちと連絡を取り合っていた。海外組の選手と何度電話で話したことか。国内組も同じだ。連絡を取り合うことを、コンスタントに行ってきた」

 東京・千代田区の日本記者クラブで27日に行われた、ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の緊急記者会見。開始予定時刻の午後4時より5分前に会場へ姿を現し、終了予定時刻の同5時を30分以上も超えたなかで、集まった332人のメディアを前にして最初に力が込められた瞬間だった。

 パリ市内のホテルで話し合いの場を急きょ設けた、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長から解任を通告されたのが現地時間4月7日。最大の理由として同会長があげた、「選手とのコミュニケーションや信頼関係の部分が多少薄れてきた」に対して、ハリルホジッチ氏が真っ向から異を唱えた。

「コミュニケーションというのは、意味があまりにも広すぎる。相手が誰なのかを、詳しく教えてほしい。私の知らないところで、知らない話が行われている気がする」

 ただ、心当たりがないわけではなかった。過去のワールドカップ予選で勝ったことがなかった、難敵オーストラリア代表に2‐0で完勝。ロシア行きのチケットをもぎ取った、昨年8月31日のアジア最終予選後のチームに対してちょっとした違和感を覚えたと当時の心境を明かした。

「2人の選手が少しがっかりしていた。最終予選を突破したが、試合に出なかったからだ。それまでは何年も試合に出ていた彼らが、がっかりしていることを私は悲しく思った」

 日本代表の常連でオーストラリア戦のピッチに立たなかった選手は、FW本田圭佑(パチューカ)とMF香川真司(ボルシア・ドルトムント)となる。そして、3月下旬のベルギー遠征の初戦、マリ代表と1‐1で引き分けてから一夜明けた現地時間24日にも、ちょっとした「事件」が起こったという。

 ハリルホジッチ氏は急いでパリへ移動し、ナイトゲームで行われたフランス代表とコロンビア代表の国際親善試合を視察。日本がグループリーグ初戦で対峙するコロンビアの逆転勝利を目に焼きつけ、夜明け前にリエージュへ戻ってきた。

「一人の選手があまりいい状態ではない。注意したほうがいいかもしれない」

 代表チームをサポートする技術委員会のトップで、いま現在は自身の後任監督に就いている西野朗委員長から、ある選手が不満を募らせていると示唆された。

「わかっている。それは後で解決できる」

 問題なしとその場を収めたハリルホジッチ氏をして、ベルギー遠征後の展開は「青天の霹靂だった」と言わしめるものだった。

「残念ながらその後にいろいろなことが起こった。(田嶋)会長がたくさんの選手やコーチに連絡を取ったが、私にも(3人の外国人)コーチにも説明がなかった」

 技術委員会も知らない水面下で奔走した田嶋会長は、ハリルホジッチ氏との契約を解除することを決断。西野委員長に後任監督のオファーを出したうえで、極秘でフランスへ飛んで通告を行った。

つづく

4/28(土) 5:01配信 THE PAGES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000001-wordleafs-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180428-00000001-wordleafs-000-2-view.jpg
2 名前:Egg ★:2018/04/28(土) 05:20:49.81 ID:CAP_USER9.net

推測の域を出ないが、不満を募らせていた選手が約半年ぶりに代表復帰を果たし、マリ戦の後半途中から投入された本田だとすれば――田嶋会長はロシア大会代表の当落線上にいる一選手の声をもとに行動を起こし、本番まで2ヵ月あまりという段階で代表監督交代というリスクを選んだことになる。

 八百長疑惑の渦中にいたハビエル・アギーレ監督が解任され、日本サッカー界が少なからず動揺していた2015年3月に、ハリルホジッチ氏はJFAからのオファーを受諾した。しかし、いま現在に至る3年あまりの間に、JFAの体制は大きく変化している。

 翌2016年3月に第14代会長として田嶋氏が就任。史上初の会長選を争い、僅差で勝利した原博実専務理事を二階級下の理事へ降格させる人事案を作成し、結果として原専務理事はJFAを離れてJリーグ副理事長に転じた。

 同時に技術委員会のトップにも、J1監督として歴代最多の270勝を誇る西野氏を招聘。それまで委員長を務めてきた霜田正浩氏(現J2レノファ山口監督)は、ナショナルチームダイレクターの肩書こそついたものの一介の技術委員へ実質的に降格し、2016年11月には辞職している。

 実はこの「原専務理事‐霜田技術委員長」のラインこそが、ハリルホジッチ氏の招聘を実現させている。特に自宅のあるフランス北部のリールを訪れ、日本代表監督就任を要請した霜田氏を公式戦でベンチ入りさせるほど、ハリルホジッチ氏は絶大なる信頼を寄せていた。

 だからこそ、体制が一新された技術委員会と距離が開き、サポートがなくなったと感じ続けていたのか。4月9日の解任会見で田嶋会長が「技術委員会がコミュニケーションの修復を試みた」と言及したことに対して、語気をやや強めながら否定している。

「誰も私のオフィスに来て話をしていない。私は(技術委員会の)存在すら知らなかったし、後から加わった西野さんはあまり多くを語らない人で、コミュニケーションは非常に少なかったかもしれない」

 ハリルホジッチ氏の言うオフィスとは、就任後すぐにJFA内に設けさせた監督室を指す。歴代の代表監督と異なり、平日はほぼ常勤だった自身と同じビル内にいながら孤立状態にあった、とほのめかしながらハリルホジッチ氏はこう続けた。

「本当に何か問題があったとしたら、会長が事前に『どうするんだ、ハリル』と言ってくれればよかった。(JFAは)解雇する権利をもっているから、会長の判断は問題ない。私がすごくショックを受けているのは、前もって誰も何も教えてくれなかったことだ」

 随所に主観を交えながら、前日本代表監督として成し遂げてきた仕事の説明に実に50分近くの時間が割かれた。余波を食らう形で質疑応答がわずか4問で終わった反論会見で浮き彫りになったのは、解任理由に対する両者の齟齬。そして、実名こそ明かされなかったものの、本田と香川、特に前者が胸中に抱いていた不満が、未曽有の騒動の原点ではないかと文脈から推測される後味の悪さだった。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524860442
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハリル氏「田島会長に不満を言った代表選手は2人」

元の記事へ移動

1 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 17:25:34.21 ID:CAP_USER9.net

4/27(金) 17:18配信
日刊スポーツ

日本記者クラブでの会見に臨むハリルホジッチ氏(右)(撮影・江口和貴)

 サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督を9日に解任された、バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が26日午後4時から都内で会見を開いた。同氏は「残念ながら、真実を探しに来たと言ったものの、まだ見つかっていない」と解任の理由を見つけ切れていないと吐露した。その上で「何人かの選手が不満を言ったとは聞いている。選手は2名、いるのでしょうか? 不満を漏らしている選手は2名か?」と、自身の解任を日本サッカー協会(JFA)に強く求めた選手が2人いるのでは? との疑念を強調した。

 ハリルホジッチ氏は、自らに強い不満を持つ選手が、JFA田嶋幸三会長と、自身が監督だった当時、技術委員長だった西野朗監督らスタッフと“内通”していたと強調。「(2名の選手は)会長とやりとりしていて、テクニカルスタッフの何人かとも(やりとりしていた)。西野さんが、どのような役割を果たしたか知らないが(ベルギーのリエージュで)『注意した方が良い選手がいる、不満を漏らしている選手がいる』と言っていた」と、西野監督からも、選手が不満を漏らしていることをにおわす話があったことを明かした。

 その上で「問題があるのが本当なら、会長が事前に『こういう問題がある。ハリルどうする?』と言ってほしい。西野さんも警笛を鳴らしてくれれば…。(2人の選手は)あるスタッフとは話をしたのに、なぜ私のスタッフと話をしなかったのか?」と不満を口にした。

 またDF槙野智章(30=浦和)ら代表選手から、励ましのメールが来ていたことも強調した。広島DF丹羽大輝は、会いに来たという。ハリルホジッチ氏は「広島の丹羽大輝は、Bチームでたった1回、起用しただけなのに飛行機に乗って会いに来てくれた。解任が残念だという励ましのメッセージは15人くらい来ている」と繰り返し主張した。【村上幸将】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00191748-nksports-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524817534
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハリル氏「2人の選手」に苦言 W杯決定後「試合に出られずがっかりしていた。悲しく思いました」

元の記事へ移動

1 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 16:46:36.57 ID:CAP_USER9.net

4/27(金) 16:40配信
デイリースポーツ

 日本代表監督解任について語るハリルホジッチ氏=日本プレスセンター

 サッカー前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。昨年、W杯本大会出場を決めたホームでのオーストラリア戦の後に、2人の選手が試合に出られなかったことを理由に落胆していたと明かした。

 日本はオーストラリアをホームで浅野拓磨と井手口陽介のゴールで2-0で快勝。W杯予選でオーストラリアに勝つのは史上初めてだったため、ハリル氏は「歴史的」と振り返った。

 しかし、その後のチームの様子について口を開いた。

 「オーストラリア戦の後ですら、2人の選手ががっかりしていた。試合に出られなかったということでがっかりしていた。(その選手は)その前何度も試合に出ていたわけです。それでがっかりしていること自体、悲しく思いました」

 ハリル氏は、若手を起用したことへの報道陣や世論の反響を「若い選手を起用するじゃないか、という皆さんのパニクりぶり」と皮肉を交えて振り返る場面もあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000096-dal-socc
13 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 16:50:15.95 ID:CAP_USER9.net

>>3
オーストラリア戦にベンチ入りも欠場

■GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

■DF
6 三浦弦太(ガンバ大阪)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

■MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
13 小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

■FW
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524815196
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハリル氏「2人の選手」に苦言 W杯決定後「試合に出られずがっかりしていた。悲しく思いました」

元の記事へ移動

1 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 16:46:36.57 ID:CAP_USER9.net

4/27(金) 16:40配信
デイリースポーツ

 日本代表監督解任について語るハリルホジッチ氏=日本プレスセンター

 サッカー前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。昨年、W杯本大会出場を決めたホームでのオーストラリア戦の後に、2人の選手が試合に出られなかったことを理由に落胆していたと明かした。

 日本はオーストラリアをホームで浅野拓磨と井手口陽介のゴールで2-0で快勝。W杯予選でオーストラリアに勝つのは史上初めてだったため、ハリル氏は「歴史的」と振り返った。

 しかし、その後のチームの様子について口を開いた。

 「オーストラリア戦の後ですら、2人の選手ががっかりしていた。試合に出られなかったということでがっかりしていた。(その選手は)その前何度も試合に出ていたわけです。それでがっかりしていること自体、悲しく思いました」

 ハリル氏は、若手を起用したことへの報道陣や世論の反響を「若い選手を起用するじゃないか、という皆さんのパニクりぶり」と皮肉を交えて振り返る場面もあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000096-dal-socc
13 名前:動物園φ ★:2018/04/27(金) 16:50:15.95 ID:CAP_USER9.net

>>3
オーストラリア戦にベンチ入りも欠場

■GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

■DF
6 三浦弦太(ガンバ大阪)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

■MF
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
13 小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

■FW
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524815196
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハリル氏「2人の選手」に苦言 W杯決定後「試合に出られずがっかりしていた。悲しく思いました」

元の記事へ移動

1: 動物園φ ★ 2018/04/27(金) 16:46:36.57 ID:CAP_USER9 サッカー前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が27日、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。昨年、W杯本大会出場を決めたホームでのオーストラリア戦の後に、2人の選手が試合に出られなかったことを理由に落胆していたと明かした。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000096-dal-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ハリル氏「なぜJFAは問題を言ってくれない?」

元の記事へ移動

1: 久太郎 ★ 2018/04/27(金) 17:06:05.18 ID:CAP_USER9 サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督を9日に解任された、バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が26日午後、都内で会見を開いた。同氏は「なぜ、西野さんにしても、問題があるぞと1度として言ってくれなかったんだ…1度として。何かあっても、誰も何も言わなかった。西野さんの方が、私に何か言おうとしていたが」と、日本サッカー協会(JFA)側から、問題の指摘もないまま突然、クビを切られたと怒りをあらわにした。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00191728-nksports-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)