[仙台]試合2日前に長崎へ移動。「いい準備をしてのぞめる」(ハーフナー・マイク)

元の記事へ移動


 21日、仙台は明治安田J1第27節・長崎戦に向けた最終調整を、長崎市内で行った。

 移動時間の長いアウェイゲームでは、仙台は状況に応じて試合2日前に移動して調整する。今回は、初めてアウェイでの長崎戦であり、また仙台からの直行便がないことなどから、心身の負担を考えて20日の練習後に長崎県に移動した。「願いを聞いてくれたクラブに感謝したい」という渡邉晋監督らチーム一行が宿泊先に着いたのは、20日の20時30分頃だったという。「今日(21日)のうちに汗をかいて、これから万全にできれば」と、コンディションを上げて長崎戦にのぞむ。

 この日は冒頭を除き非公開練習だったが、選手たちも前日までと同様に強度の高い練習ができた様子。「こうして違う場所でもいい準備をしてのぞめるし、チーム全体の状態がいい」とハーフナー・マイクも実感している。「連勝していることもあり、さらにまとまっている状況です。そこに自分ももっとプレーで貢献できるように」と、長崎戦での出場とチームの勝利を目指す。

 ところで、ハーフナーはオランダでプレーしていた時期に、長崎のヨルディ・バイスと対戦経験がある。ハーフナーがフィテッセ、バイスがNACブレダに所属していた13-14シーズン、ハーフナーがADOデン・ハーグ、バイスがローダJCに所属していた15-16シーズンと複数回記録があるが、「個人としては覚えていなかった」とのこと。だがマッチアップが実現した場合は「パワーのある相手との勝負にも勝ちたい」と、一歩も引かない構えだ。

写真:板垣晴朗

[仙台]J1第17節・鳥栖戦出場が可能になった元リオ五輪代表の仙台・矢島慎也。「じれずに回し、隙を突きたい」と展望

元の記事へ移動


 7月20日、仙台に途中加入した矢島慎也とハーフナー・マイクの選手登録が完了。22日のJ1第17節・鳥栖戦に出場できることになった。

 矢島は6月25日に仙台に加入し、6月29日から7月4日までの熊本キャンプにも参加。長い準備期間の末、出場が可能になった。「まずは出たら、チームが勝てるように」と、前節・横浜FM戦(2●8)で大敗したチームを立て直すべく、勝利に貢献する構えだ。

 矢島はキャンプ最終日の4日の練習試合・鹿児島県国体選抜戦と、7月12日の練習試合・ソニー仙台(JFL)戦に出場。それぞれ高い技術を生かして味方に気の利いたパスを出しており、ソニー仙台戦ではボランチの位置から攻め上がって鮮やかなゴールを決めた。

 連係は日に日に深まっている一方、矢島は「試合をこなすことでもっとよくしていける」と先を見ている。「自分は使うことも、使われることもあるポジション。それぞれの動きをもっと合わせていきたい。例えば、前を向いたときに動き出す選手を見逃さないように」。公式戦の中でも得意のパス能力などを発揮できるよう、周囲との意思疎通を図る。

 次節の相手は、堅固な守備組織を有する鳥栖。「どのチームでもしっかりブロックを作られてしまったら崩すのは難しいので、まずはじれずに(ボールを)回していって、隙を突きたい」と意気込む矢島には、そのパスワークの結節点としての役割が期待される。

写真:板垣晴朗

W杯期間中に国内移籍したJリーガー5人。新天地での活躍誓う実力者たち【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

 ロシアワールドカップ開催のため中断していた明治安田生命J1リーグが18日から再開した。そして、中断期間中に移籍した選手も22日の第17節から出場が可能となる。今回フットボールチャンネル編集部では、この夏に新天地を求めた注目選手5人を紹介する。

[JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 2018] ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖

元の記事へ移動

2018年05月16日に行なわれたJリーグカップ「2018 JリーグYBCルヴァンカップ」グループステージ第6節、ヴィッセル神戸対サガン鳥栖のYouTube速報動画です。 試合は、ヴィッ […]

続きを読む