バルセロナ歴代ユニフォーム。一番かっこいいのは? 胸スポンサーがなかった時代からの移り変わり

元の記事へ移動

スペインの名門クラブであるバルセロナは26度のリーグ優勝と5度の欧州制覇を成し遂げている。これまで数々のスター選手がプレーしてきたが、ロナウジーニョ、アンドレス・イニエスタ、リオネル・メッシらはどのようなユニフォームを着ていたのか。今回はここ20年で印象的だった5つのシーズンを、歴史と記憶が刻まれたユニフォームとともに振り返っていきたい。

リキ・プッチこそバルセロナ唯一の希望。優勝戦線から後退、内部衝突で不協和音は広がるが…

元の記事へ移動

現地6月30日にラ・リーガ第33節が行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリーと2-2-で引き分けた。リオネル・メッシがキャリア通算700得点を達成してカメラに愛想を振りまいたが、チームは勝ち切れずに優勝争いからまた一歩後退してしまった。今、バルセロナで何が起こっているのか。そして復調と逆転への希望は、メッシではない次世代の選手へ託されるのだろうか。(文:舩木渉)

アルトゥールとピャニッチ、世紀の不可解トレードはなぜ実現した? バルセロナとユベントスが抱える金銭事情と、両選手が選ばれた理由

元の記事へ移動

アルトゥールのユベントス移籍と、ミラレム・ピャニッチのバルセロナ移籍が現地時間29日に発表された。特にバルセロナの未来を担うと期待されていた23歳のアルトゥールの移籍は衝撃を与えている。大型トレードが実現した理由を紐解くと、クラブが抱える財務的な事情と、制度上のカラクリが隠れていた。(文:加藤健一)