フランス代表カンテ、バルセロナへ!?

元の記事へ移動


サッカー_02

▽おすすめ記事▽


1: 2018/07/14(土) 00:46:36.35 ID:CAP_USER9
バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc

64: 2018/07/14(土) 01:10:38.84 ID:cNVIpALC0
>>1
カンテってドリブルも上手いからなぁ

リアルガチで世界一のボランチだは


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1531496796


続きを読む

バルセロナ、フランス代表MFカンテの獲得を狙う!

元の記事へ移動

1: 名無し@サカサカ10 2018/07/14(土) 00:46:36.35 _USER9
バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

20180713-00000024-goal-000-2-view[1]

バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc

続きを読む

バルサ、パウリーニョとスアレスを放出・・・

元の記事へ移動

▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/10(火) 15:17:44.93 ID:82iGEm4i0
ネイマール、スアレス獲得をPSGに依頼か…カバーニへの不満が背景に?

サッカー_01

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともにプレーすることを望んでいるようだ。フランス紙『Le10 Sport』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日に報じている。

 報道によると、ネイマールはかつてバルセロナでチームメイトだったスアレスとの再共演を望み、パリ・サンジェルマンに獲得を依頼する意向を持っているという。バルセロナで良好な関係を築き、好連係から得点を量産したストライカーと、クラブレベルで再びプレーすることを望んでいるようだ。

 なお、スアレス獲得依頼の背景として、ネイマールがウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニへ不満を抱いていることが挙げられている。シーズン中にもPKキッカーの座をめぐる対立などが報じられていた両選手。ともに2018 FIFAワールドカップ ロシア敗退となったタイミングで、再び不仲説が取り沙汰されることとなった。

https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180709/791073.html

2: 2018/07/10(火) 15:18:19.20 ID:82iGEm4i0
ブラジル代表パウリーニョ、広州恒大へ電撃復帰…バルサからレンタル

 バルセロナは8日、ブラジル代表MFパウリーニョが中国スーパーリーグの広州恒大へレンタル移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は1年間で、完全移籍へ移行する買い取りオプションが契約に盛り込まれている。

 パウリーニョは昨年夏、広州恒大から移籍金4000万ユーロ(約51億9000万円)でバルセロナに加入。公式戦49試合に出場して9得点を挙げ、リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)制覇に貢献した。

 スペイン挑戦1年目にしてしっかりと適応し、活躍を見せていたパウリーニョ。2018 FIFAワールドカップ ロシアのブラジル代表メンバーにも選出されて5試合出場1得点を記録した29歳が、再び中国でプレーすることとなった。

 パウリーニョは1988年生まれの29歳。コリンチャンスで2012年のコパ・リベルタドーレス、FIFAクラブワールドカップ制覇を経験し、2013-14シーズンにトッテナムへ移籍。2015年6月には広州恒大へ加入し、AFCチャンピオンズリーグ制覇や中国スーパーリーグ2連覇(クラブとしては2011シーズンから6連覇)に貢献した。そして昨年夏、バルセロナへ加入。同クラブで1シーズンを過ごした後、再び広州恒大へ復帰することが決まった。

https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180709/791049.html


引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1531203464

続きを読む