バルサを破ったアトレティコの“攻撃的守備”。ポゼッションの価値を崩す新たな時代へ

元の記事へ移動

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8、2ndレグ。スペイン勢対決となったアトレティコ・マドリー対バルセロナの一戦は、アントワーヌ・グリーズマンの2得点でアトレティコが勝利。対極的なスタイルの激突での結果は、サッカーに新たな時代をもたらすものとなるのだろうか。(文:海老沢純一)

CLベスト8、2ndレグ。バルサ戦7連敗中も…アトレティコに漂う逆転の気配。その勝ち抜け確率は?

元の記事へ移動

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8、2ndレグにおいてバルセロナはアトレティコ・マドリーとのアウェイゲームに臨む。ディエゴ・シメオネ監督は、ルイス・エンリケ監督との対戦で7戦7敗。相性の悪さを露呈しているが、逆転の可能性を否定できない要素が存在した。(文:海老沢純一)

バルサMSNは“諸刃の剣”? 苦しむネイマール、1on1で一度も勝てず…。3冠連覇へ復活なるか

元の記事へ移動

リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナはアウェイでレアル・ソシエダと対戦して0-1と敗戦。レアル・マドリーとのクラシコに続いてリーグ戦連敗を喫した。代表ウィーク明け以降、低調なパフォーマンスが続いているネイマールだが、重要なシーズン終盤に向けて復活することができるのだろうか。(文:海老沢純一)