パチューカ・本田圭佑、得点に絡むも無念の引き分け。遠のいたプレーオフ圏内

元の記事へ移動

18日、地震の影響で延期されていたリーガMX(メキシコリーグ)第10節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはトルーカとの試合を2-2で引き分けた。残り4試合を残してプレーオフ圏内とは勝ち点5差となったパチューカ。本田はここからチームを引き上げられるか。(文:河治良幸)

本田圭佑、メキシコ移籍後初のリーグ戦フル出場。パチューカは首位に完敗、見せつけられた力の差

元の記事へ移動

パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑は、現地時間14日に行われたメキシコ1部前期第13節のモンテレイ戦に先発出場した。起用されたポジションは慣れないセンターFWだったが、チームのために奮闘。首位の相手に実力差を見せつけられた中、本田のパフォーマンスはどうだったのだろうか。(文:河治良幸)

本田圭佑のオランダ凱旋。欧州で“地元のヒーロー”から“国民的スター”になった男の軌跡

元の記事へ移動

メキシコ1部パチューカの一員となった本田圭佑は、10月の日本代表から外れた。しかし、その間に欧州遠征を敢行したチームに帯同し、セルタやPSVと対戦。かつて自身が欧州で飛躍のきっかけをつかんだオランダ凱旋を果たしている。VVVフェンロ時代から本田のことを知る現地在住記者が、初の海外移籍で自らの実力だけで地位を築き上げていった男の軌跡をたどる。(取材・文:中田徹【オランダ】)

本田圭佑、8分間の出場でリーグ戦2点目奪取。PO進出へ、パチューカの救世主になれるか

元の記事へ移動

27日、リーガMX(メキシコリーグ)第11節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはクルス・アスルとの一戦を迎えた。本田は82分から途中出場し、89分に左足からリーグ戦2ゴール目を記録。優勝を争うプレーオフ進出に向け、パチューカの救世主となることはできるだろうか。(文:河治良幸)