ブラジル代表監督、早くもW杯メンバー15人発表。5ヶ月前に前代未聞の招集確約

元の記事へ移動

英紙が「上位20人のユニ売り上げランキング」発表! 1位に輝いたのは…

元の記事へ移動

数多の失態? コウチーニョ、ロベカル…インテルが手放したスター選手たち【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

17/18シーズン冬の欧州移籍市場が終了。ワールドカップを控えたタイミングにあって、数多くの大型移籍が実現した。中でも印象的だったのはフェリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍。このブラジル人選手のスペイン行きの裏で、ひっそりと話題に上ったのがインテルだ。これまでもインテルを離れた後に大きな飛躍を遂げる選手は何人もいたが、コウチーニョもその一人。今回は、インテルから放出され、その後他のクラブで大活躍を見せた選手たちを紹介する。

メッシ温存で浮き彫りになったバルサの課題。好調の裏で残る絶対的エースへの依存

元の記事へ移動

バルセロナ対エスパニョール。この1ヶ月で3度目となる両者のダービーマッチは、最後まで白熱した展開でドローに終わった。大雨が降り、時間とともに悪化するピッチで行われた一戦でバルセロナはリオネル・メッシを今季リーグ戦初のベンチスタートに。この策から首位を走るチームに新たな課題が浮き彫りになった。(文:長坂祐樹)

17/18冬の移籍金トップ10。プレミアの勢い健在、ついに実現したビッグディールの数々【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

 欧州主要リーグで今季の冬の移籍市場が幕を閉じた。いくつかの国でタイトル争いがほぼ決着しているとも言われる中でも、多くのビッグディールが成立してサッカー界を騒がせた。プレミアリーグの勢いは健在、移籍を望む“問題児”の一悶着から規格外の大型投資もあり、例年以上の盛り上がりを見せたと言えるかもしれない。ロシアや中国、日本などの移籍市場はいまだ締め切られていないが、現時点での2017/18シーズン冬の移籍金トップ10を紹介する。(移籍金は全て選手データベースサイト『transfermarkt』を参照)

冬の移籍市場、支出額は英がトップで2位スペイン。欧州5大リーグの最高額取引は…

元の記事へ移動