主審が選手に報復のキック? 経験豊富な人物の“暴挙”。前代未聞、衝撃的な珍事の顛末

元の記事へ移動

1月14日に行われたリーグアン(フランスリーグ)第20節ナント対パリ・サンジェルマン(PSG)の一戦で、前代未聞の珍事が起きた。トニー・シャプロン主審がナントDFジエゴ・カルロスと衝突して転倒すると、なんとレフェリーは起き上がりながら同選手をキックした。さらにシャプロン氏はこのブラジル人DFに同試合2枚目のイエローカードを提示し退場処分に。衝撃的なこの事件は、フランス内外で大きな波紋を呼んでいる。(文:小川由紀子【フランス】)

PSGの俊足ドリブラー、欧州トップクラブが興味。一部ではマンU決定的との報道も

元の記事へ移動