日本代表、“中島翔哉システム”はリスクのみが浮き彫りに…。「最初からすべきだった」修正の形【西部の目】

元の記事へ移動

日本代表は19日、ベネズエラ代表とキリンチャレンジカップ2019を戦い、1-4で敗れた。中島翔哉は左サイドで先発したが、効果的な崩しはほとんど見られず、守備の穴が浮き彫りに。失態とも言える大敗の中で、中島仕様の攻撃が孕むリスクが露見された一方で、後半は修正も見られた。(文:西部謙司)

日本代表、失点シーンの責任は誰にある? ロンドンの先制弾につながったゴール前の“エアポケット”

元の記事へ移動

日本代表は、19日にベネズエラ代表とキリンチャレンジカップ2019で対戦し、1-4と惨敗した。8分という早い時間帯に先制点を許したことで、日本代表は苦しい試合展開を強いられた。失点シーンは個人の責任にフォーカスが当たりがちだが、そこに至るまでのプロセスを検証したい。(取材・文:河治良幸)

日本代表、本当にこのままで大丈夫? 監督兼任もメンバー固定も限界、2019年に底上げも進化もなし

元の記事へ移動

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦し、1-4の完敗を喫している。前半だけでエースのロンドンにハットトリックを許すなど守備が崩壊した森保ジャパン。後半は相手のペースダウンにも助けられ盛り返したが、それでも1点止まりと攻守両面で多くの課題が見つかった。日本代表はこのままで大丈夫なのか。森保一監督の限界も近づいている。(取材・文:元川悦子)

日本代表はベネズエラの“猛者”を封じられるか? 激戦必至の好カード、勝負のカギを握るのは?

元の記事へ移動

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。ベネズエラとはこれまでにも何度か対戦してきた日本代表だが、その度に苦戦を強いられ、親善試合とは思えぬ好ゲームを演じてきた。この日もそうした展開になることが予想されるが、勝敗のカギを握るのはどこになるのだろうか。(取材・文:河治良幸)