香川真司の心は折れず。4試合連続ベンチ外からの逆襲へ、CL初戦で「改めて感じた」こと

元の記事へ移動

香川真司にとって苦しい状況が続いている。ボルシア・ドルトムントで今季開幕から公式戦4試合連続でベンチ外。新監督を迎えたチームの調子が上がりきらない中で、悶々とした日々を過ごしていた。チャンピオンズリーグでようやく巡ってきたチャンス。逆襲はここから始まる。(取材・文:本田千尋【ベルギー】)

[UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 2018-19] クラブ・ブルージュKV vs ボルシア・ドルトムント

元の記事へ移動

2018年09月18日に行なわれた「UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19」グループステージ第1節、クラブ・ブルージュKV(ベルギー)対ボルシア・ドルトムント(ドイツ)のYouTu […]

続きを読む

香川真司に一考の価値あり。チグハグな連係を整える背番号23の能力、CL初戦で出番は?

元の記事へ移動

ドルトムントは現地時間18日、チャンピオンズリーグ第1節でクラブ・ブルージュと対戦する。敵地で行われるこの一戦に香川真司も帯同している。メンバー入り当確とは言い切れない状況ではあるが、背番号23がピッチに立つことでチームが得られるものはある。それは一体何か。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司はベンチ外も…ドルトムントが近づいた最適解。4-4-2が示した可能性

元の記事へ移動

ドルトムントはブンデスリーガ第3節でフランクフルトと対戦して3-1と勝利した。香川真司はベンチ外となったが、チームはパコ・アルカセルの投入と4-2-3-1から4-4-2に布陣を変更したことによって連動性を見せた。これまで最適解を見出せなかったが、徐々に答えへと近づいている。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)