香川真司、今季初ゴールを「足掛かり」に。負傷明けの日本代表MFに対する指揮官の配慮

元の記事へ移動

20日、ドイツ・ブンデスリーガ第5節の試合が行われ、ドルトムントはハンブルガーSVを相手に3-0で勝利した。この一戦で先制ゴールを奪ったのは、この試合が今季初スタメンとなったMF香川真司。結果を掴み取りたかったと語る日本代表MFは、この得点を足掛かりに新体制の奥深くに入っていく。(取材・文:本田千尋【ハンブルク】)

[ブンデスリーガ 2017-18] ハンブルガーSV vs ボルシア・ドルトムント

元の記事へ移動

2017年09月20日に行なわれたドイツ1部リーグ「ブンデスリーガ 2017-18」第05節、ハンブルガーSV対ボルシア・ドルトムントのYouTube速報動画です。 試合は、アウェーのボ […]

続きを読む