ドルト新監督が挑む“クライフ流”の大改革。刻まれたクロップのDNA、難航する再構築

元の記事へ移動

近年のボルシア・ドルトムントを語る上で、ユルゲン・クロップという男の功績は欠かせない。ゲーゲンプレッシングなる守備戦術を生み出した熱い男がチームに残した遺産はあまりにも大きかった。変革を望んだトーマス・トゥヘルは志半ばで去り、新たにピーター・ボス監督が就任。果たしてヨハン・クライフの信奉者である新指揮官は、ドルトムントで成功への道を見出せるのだろうか。(取材・文:本田千尋)

岡崎が“奇跡”の証人に!メッシが突然の前言撤回、ブラジルでは悲惨な事故【2016年サッカー10大ニュース/世界編】

元の記事へ移動

12月31日を迎え、2016年も終わりを迎えようとしている。今年のサッカー界でも様々な出来事が話題となった。この1年間を振り返り、今年起きたサッカー10大ニュースの【世界編】をご紹介しよう。

4-4-2は戦術のトレンドか? フォーメーションと密接に関係する選手適性【PR】

元の記事へ移動

サッカーにおいてフォーメーションは無視できない要素だ。フォーメーションは戦術と密接に関係している。昨季は4-4-2が復権し、レスターやアトレティコが躍進した。現代サッカーの潮流からフォーメーション、そして戦術の進化を探る。

オランダの伝説クライフ、あなたが知らない“14”のこと

元の記事へ移動

オランダの伝説ヨハン・クライフ氏が24日バルセロナにて死去した。彼の美しいプレー、そして哲学は現代サッカー界に大きな影響を与えた。今回はそのクライフ氏の知られざる14つの事柄をご紹介する。(文:サムエル・スティーブン/インディペンデント、翻訳:Keiske Horie)

世界のサッカーを変えた男、クライフ。“バレエの天才”が造り上げた創造性と新たなスター像

元の記事へ移動

美しく優雅であることはサッカーチーム、そして選手にとって最も手に入れたい要素ともいえる。現代のサッカーにおける“創造性”は、ヨハン・クライフによって生み出された。さらに1人の選手として強いパーソナリティを発揮したのも、やはりクライフだった。

クライフと背番号14の数奇な縁。思わぬ偶然が作り出したサッカー界のアイコン

元の記事へ移動

ひとたびヨハン・クライフのことを思えば、たちまち「背番号14」のイメージが喚起される。身につけた背番号とともに記憶されるフットボーラーは決して少なくないが、そのなかでも「14番いえばクライフ」、この図式は揺るがしがたい。“空飛ぶオランダ人”とも呼ばれたサッカー界のレジェンドがこの数字と結びついた所以とは。(文:トム・シーン/インディペンデント、翻訳:中山佑輔)