パチューカ・本田圭佑、得点に絡むも無念の引き分け。遠のいたプレーオフ圏内

元の記事へ移動

18日、地震の影響で延期されていたリーガMX(メキシコリーグ)第10節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはトルーカとの試合を2-2で引き分けた。残り4試合を残してプレーオフ圏内とは勝ち点5差となったパチューカ。本田はここからチームを引き上げられるか。(文:河治良幸)

本田圭佑、8分間の出場でリーグ戦2点目奪取。PO進出へ、パチューカの救世主になれるか

元の記事へ移動

27日、リーガMX(メキシコリーグ)第11節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはクルス・アスルとの一戦を迎えた。本田は82分から途中出場し、89分に左足からリーグ戦2ゴール目を記録。優勝を争うプレーオフ進出に向け、パチューカの救世主となることはできるだろうか。(文:河治良幸)

本田圭佑、初スタメンで見えた課題と可能性。「新境地」インテリオールをものにできるか

元の記事へ移動

パチューカは現地時間9日、チーバスと対戦して1-3と敗れた。移籍後初となる先発出場を果たした本田圭佑は、最高の働きをしたとは言いがたい。それでもこれからフィットすれば代表にとっても面白い選択肢になるかもしれない。(文:河治良幸)

本田圭佑、途中出場で存在感。離脱者続出&10人の逆境…メキシコ2戦目で示したキープ力

元の記事へ移動

現地時間25日、本田圭佑が所属するパチューカはリーガMX(メキシコリーグ)第7節のティファナ戦に臨み1-2で敗れた。前半に先制点を許し、退場者を出したパチューカにあって、本田はハーフタイム明け後半開始のタイミングで途中出場。試合には敗れたものの、前線でボールを収めるなど存在感を示した。(文:河治良幸)