本田圭佑、主力の一角として着実に高まる連係。照準は12月のクラブW杯へ

元の記事へ移動

現地時間4日に行われたメキシコ1部リーグ第16節でパチューカはケレタロをホームに迎え、0-1で敗れた。MF本田圭佑はフル出場を果たしたが、公式戦3試合連続ゴールは生まれず。チームはプレーオフ進出を逃したが、クラブW杯に照準を切り替えていかなければならない。(文:河治良幸)

本田圭佑、実況も叫ぶ圧巻の“ゴラッソ”2発。ついに本領発揮で地元ファンは大熱狂

元の記事へ移動

メキシコ1部のパチューカに所属する本田圭佑は、現地時間25日に国内カップ戦に出場した。相手は2部クラブだったが、背番号02が見せたパフォーマンスは地元ファンを熱狂させるのに十分だった。メキシコ移籍後初めて、自身にとって3年ぶりとなる1試合2得点でついに本領を発揮し始めている。(文:河治良幸)

パチューカ・本田圭佑、得点に絡むも無念の引き分け。遠のいたプレーオフ圏内

元の記事へ移動

18日、地震の影響で延期されていたリーガMX(メキシコリーグ)第10節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはトルーカとの試合を2-2で引き分けた。残り4試合を残してプレーオフ圏内とは勝ち点5差となったパチューカ。本田はここからチームを引き上げられるか。(文:河治良幸)