神戸・ポドルスキが与える別次元の緊張感。W杯優勝選手と対峙、J1守備陣への相乗効果

元の記事へ移動

デビューから2試合連続ゴールを狙った、ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキ(32)が不発に終わった。敵地・日立柏サッカー場に乗り込んだ5日のJ1第20節で放ったシュートわずか2本、いずれも枠外と精彩を欠き、ヴィッセルも1‐3の逆転負けを喫した。元ドイツ代表の「10番」がもつワールドクラスの左足は、対峙した柏レイソルの若きセンターバックコンビ、中谷進之介(21)と中山雄太(20)のモチベーションをも高め、心技体のすべてで成長を促す相乗効果を早くも生み出している。(取材・文:藤江直人)

[Jリーグ・J1 2017] ヴィッセル神戸 vs 大宮アルディージャ

元の記事へ移動

2017年07月29日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第19節、ヴィッセル神戸対大宮アルディージ […]

続きを読む

[ユアテックWマッチ 2017] ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸

元の記事へ移動

2017年07月22日に行なわれたJリーグプレシーズンマッチ「2017 ユアテック Wマッチ ─ユアスタ20周年記念─」、ベガルタ仙台対ヴィッセル神戸のYouTube速報動画です。 試合 […]

続きを読む