<中井卓大(レアル・マドリードU-15)>14歳で170cmに到達!“恩師”も進化実感「競り合いで力強い」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/01/11(木) 06:28:29.66 ID:CAP_USER9.net

・半年間で3センチ成長し、大台突破…師事するトレーナー証言「ピピだけ怪我がない」

サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳、中井卓大が半年間で身長が3センチ成長し、170センチに到達したことが明らかになった。

 華麗なドリブルテクニックで、下部組織の公式戦でゴールを積み重ねる、次代の日本代表候補は、スペインの大地で順調に成長していた。

「ピピ(中井の愛称)の身長は170センチちょうどになりました。今は体がどんどん大きくなる成長期です。成長痛にならないようなトレーニングメニューに取り組んでいます。今は特に、どんどん大きくなる上半身を支える膝周りの怪我を予防するために膝周りの強化を進めています。膝の怪我はキャリアに大きく影響しますから」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。

 体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部のアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 ピピの愛称でスペインで知られる中井は中学2年生。小学3年から「Koba式体幹・バランストレーニング」に励んでいる。昨夏にインファンティールA(U-14)からカデーテBに昇格した際は167センチだったが、順調に成長。170センチの大台に到達したことを木場トレーナーに報告したという。

9歳から体幹トレ実践…木場氏「試合でも競り合いで力強さとキレ見せている」

 マドリード市内の中学校に通いながら、週4日のレアル下部組織で技術を強化。スペインの神童に勝るとも劣らないテクニックとセンスを見せ、中盤でゲームメークする姿はトップチームのクロアチア代表の司令塔ルカ・モドリッチを彷彿させるほどだ。

 レアル・マドリードファンデーションの日本で開催されたサッカー教室でコンディショニングコーチで招聘された木場氏のトレーニング本を9歳ですでに読破。スペインに渡った後も、休暇で帰国する際は都内の木場氏のジムを訪れ、ゴムチューブ、ファンクショナルマットを用いたメニューに取り組んでいる。

 木場氏はスペインに練習メニューを動画ツールで送って遠隔指導。朝のトレーニング、練習当日、疲労の少ない日など、コンディションに応じたメニューを準備し、中井は動画の木場氏のコーチングを暗唱できるほど日々、体幹トレーニングに励んでいる。

 9歳の若さから6年間、日々の研鑽の成果は今シーズンも如実に現れているという。

「ピピと話した時は、チームの他の選手がみんな怪我しているのに、ピピだけは怪我がないと喜んでいました。試合でも競り合いのシーンでぶれない、力強さとキレを見せています。このまま順調に成長してもらいたいです」

 木場氏はサッカー界の至宝の順調な成長に目を細めていた。

1/10(水) 9:21配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00010000-theanswer-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180110-00010000-theanswer-000-4-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515619709
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0-1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

元の記事へ移動

1 名前:豆次郎 ★:2018/01/14(日) 02:16:27.95 ID:CAP_USER9.net

1/14(日) 2:10配信
混沌のレアル・マドリー、ビジャレアルに0-1敗戦でCL出場権争いに本格参戦/リーガ第19節

■リーガエスパニョーラ第17節 レアル・マドリー 0-1 ビジャレアル

ビジャレアル:フォルナルス(43分)

13日のリーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を0-1で落とした。

1試合未消化ながら、首位バルセロナに勝ち点16差をつけられ、優勝争いから事実上脱落したレアル・マドリー。今後はコパ・デル・レイ、そしてチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を合わせたいところだが、来季CL出場権を確保するためにも、ここから調子を上げていくためにもリーガで力を抜き過ぎることはできない。ジダン監督はGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、MFカセミロ、モドリッチ、クロース、イスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド、ベイルをスタメンとして起用した。

レアル・マドリーは序盤からボールを保持して、ビジャレアル陣地に果敢に攻め込む。不調を引きずるように連係がうまく取れず、素早い展開が求められるフィニッシュの場面でもボールを持ち過ぎるきらいもあったが、それでも時間が経つに連れてチャンスを生み出していった。ただ、得点力不足は相変わらず。23分にはC・ロナウドが直接FKからゴールを狙うが、これはGKアセンホに弾かれる。また30分にはモドリッチのスルーパスからC・ロナウドがダイアゴナルランで最終ラインを抜け出すも、ループシュートは枠の左へと外れた。

レアル・マドリーはさらに45分、ペナルティーエリア内右のイスコが折り返したボールにファーサイドから飛び出したC・ロナウドが合わせたが、またもアセンホのセーブに弾かれる。C・ロナウドはシュート時に背後からマリオの妨害を受けたと主張。だがウンディアーノ・マジェンコ主審はPKを取ることなく、前半終了のホイッスルを吹いた。冷たいこぬか雨が降りしきるベルナベウ。フラストレーションを溜め続けるファンは、ピッチから下がる審判団に対して容赦のないブーイングを執拗に浴びせていた。

後半、レアル・マドリーは応援団が陣取る南スタンドのゴールに向けて攻撃を仕掛けていく。が、得点という実りを得るには至らない。ファンのフラストレーションの矛先は、次第にチーム自身にも向かい、カウンター時にC・ロナウドがミスをするとスタンドのあちらこちらから指笛が吹かれた。

クロスからの攻撃一辺倒となり、さらにはビジャレアルのボール保持を許すなど、徐々に停滞していくレアル・マドリー。ジダン監督は69分に交代カードを切り、疲労が見えるイスコ、存在感がなかったベイルとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオをピッチに立たせる。だが、この交代策も効果はなし。そして43分、CKからビジャレアルのカウンターを許すと、フォルナルスにK・ナバスを破られ失点を許した。観衆はこのゴールから家路につき始め、残った人々はチームに向けて渾身の指笛を吹いた。

レアル・マドリーはその後もあきらめずに南スタンドに向けてボールを運んで行ったが、そこに陣取る応援団以外からは指笛が聞こえ続ける。そうして試合は、レアル・マドリーが1点ビハインドを背負ったまま終了。マジェンコ主審がホイッスルを鳴らした瞬間に指笛はさらに強まり、マドリディスタスの神殿は混沌に支配されている。

3試合勝利から見放されている4位レアル・マドリーは5位ビジャレアルに勝ち点差を1まで縮められ、また明日にアラベス戦に臨む6位セビージャは同勝ち点に並ばれる可能性がある。そして首位バルセロナが明日のレアル・ソシエダ戦に勝てば、勝ち点差は19まで広がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000033-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180114-00000033-goal-000-2-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515863787
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリード>クラシコ不発のベンゼマが放出対象に? 会長が268億円投じ冬に補強すると報道!

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/12/24(日) 12:23:33.85 ID:CAP_USER9 23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節でレアル・マドリーはバルセロナに0-3で敗れた。至高の一戦"エル・クラシコ"で敗れたレアルはこの結果、首位バルセロナに勝ち点差を14まで放される形となっている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000004-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggdl5N0Zcu3iGqKfKze.TBAw---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20171224-00000004-goal-000-view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリードの歴代ベスト11は?>“史上最高のストライカー”やシンボルも…

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/12/20(水) 09:18:41.34 ID:CAP_USER9.net

12月23日に行われる、レアル・マドリーとバルセロナというスペインの2強がプライドをかけてぶつかる「クラシコ」。世界が注目する欧州最高峰の戦いでは、数々の名選手がしのぎを削ってきた。

豪華布陣!レアル・マドリー歴代ベスト11

そんな「クラシコ」を前に、『Goal』スペイン版はそれぞれのクラブの歴代ベスト11を選出。今回は、ロス・ブランコス(レアル・マドリーの愛称)最高の11人を紹介する。

●GK:イケル・カシージャス| 1999-2015|

2000年頃から、レアル・マドリー、そしてスペイン代表の正ゴールキーパーの座を守り続けた。3度のチャンピオンズリーグ制覇を含む、ロス・ブランコスの黄金時代においてキャプテンを務め、重要な役割を果たした。

●DF:チェンド|1982-1998|

レアルでデビューを飾ってから497試合目までずっと勝者のメンタリティーを発揮し続けた。1997-98シーズンに自身7度目のラ・リーガ制覇とともにスパイクを脱いだ。

●DF:セルヒオ・ラモス|2005-現在|

現在、世界最高峰のチームであるロス・ブランコスを束ねるキャプテンを務める。セビージャから加入して以来、ワールドクラスのディフェンダーに進化した。セットプレーも得意であり、ここ一番で見せる得点力は驚異的だ。

●DF:フェルナンド・イエロ|1989-2003|

マドリーに在籍した14年間で、3度のチャンピオンズリーグ優勝、127ゴールを挙げ、ディフェンスラインの要として君臨した。

●DF:ロベルト・カルロス|1996-2007|

サイドバックの歴史を変えてしまったブラジル出身の左サイドバック。通算527試合に出場し、4度のリーガ制覇、3度のチャンピオンズリーグ優勝をもたらした。爆発的なスピードとパワーを活かし、ブラジル代表としても2002年ワールドカップ優勝に貢献した。

●MF:ピッリ|1964-1980|

10度のリーガ優勝をもたらしたレジェンドは、ディフェンダー、ミッドフィルダー、そして必要であればフォワードとしてもプレーをするという超ポリバレントな選手だった。

●MF:ジネディーヌ・ジダン|2001-2006|

マジシャンのようにボールを扱い、そのプレーにはエレガントさと品格がにじみ出ていた。キャリア最後の5年間を「サンチャゴ・ベルナベウ」で過ごし、2002年のチャンピオンズリーグ決勝で見せたボレーシュートは史上最も美しいボレーであろう。選手として偉大な成功を収めた後、現在はロス・ブランコスの指揮官に就任。史上初のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げるなど、監督としてもクラブ史に名を残している。

●MF:アルフレッド・ディ・ステファノ|1953-1964|

おそらく、世界最高のクラブであるレアル・マドリーを、最も体現した男であろう。1950年代のマドリーに新風を巻き起こし、5度のヨーロッパカップ制覇の立役者となった。

●MF:フランシスコ・ヘント|1953-1971|

歴代最多となる6度のヨーロッパカップ優勝を経験。スピードとダイナミックさで、サイドを制圧した。ヨーロッパカップでは89試合に出場し、30ゴールを記録した。

●FW:クリスティアーノ・ロナウド|2008-現在|

史上最高の点取り屋の1人であり、5度のバロンドール勝者である彼を形容する言葉を見つけるのは難しい。ディ・ステファノと同様に、レアル・マドリーを体現している選手だ。9年間で421ゴールを挙げ、クラブ史上最多得点者となり、数え切れないほどの記録を打ち立てている。

●FW:ラウール|1992-2010|

「サンチャゴ・ベルナベウ」のアイコンだ。レアル・マドリーで18シーズンプレーし、3度のチャンピオンズリーグ優勝をもたらした。ピーク時には、比類ない決定力を誇り、世界最高の点取り屋の1人であった。マドリディスタの永遠のアイドルだ。

12/19(火) 12:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000007-goal-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513729121
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリードの歴代ベスト11は?>“史上最高のストライカー”やシンボルも…

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/12/20(水) 09:18:41.34 ID:CAP_USER9 12月23日に行われる、レアル・マドリーとバルセロナというスペインの2強がプライドをかけてぶつかる「クラシコ」。世界が注目する欧州最高峰の戦いでは、数々の名選手がしのぎを削ってきた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000007-goal-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリード 1-0 グレミオ>レアルがクラブ世界一に!初連覇!FIFAクラブワールドカップ 決勝

元の記事へ移動

1 名前:豆次郎 ★:2017/12/17(日) 03:50:23.02 ID:CAP_USER9.net

FIFAクラブワールドカップ UAE 2017
【M8】決勝
レアル・マドリード 1-0 グレミオ

[得点者]
クリスティアーノ ロナウド (後半8分)


後半8分【Rマドリー】GOOOOOAL!!
キッカーのクリスティアーノロナウドが直接狙う。
壁の間を抜けて飛んだシュートは枠の左隅に決まり、先制に成功する。

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/live/2017121604
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513450223
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリード下部組織の14歳MF中井卓大くんが1ゴール!>熾烈な競争のなか勝利に貢献する活躍

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/12/17(日) 20:24:30.52 ID:CAP_USER9 ・レアル下部組織で着実に成長を遂げる中井くん、16日のアルチェ戦で1ゴールと結果残す

 レアル・マドリードの下部組織に所属する"ピピ"こと日本人MF中井卓大くんが順調に結果を残している。現地時間16日に行われたカデーテB(U-15)の試合でゴールを決めるなど活躍し、クラブのカンテラ(下部組織)公式ツイッターが報じている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00010009-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171217-00010009-soccermzw-000-1-view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル・マドリード>今季初黒星!7位後退…CR7が再び酷いプレー 出場停止になってもおかしくない

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/21(木) 18:15:13.64 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
レアル・マドリード 0-1 ベティス

【得点者】
0-1 90+4分 アントニオ・サナブリア(ベティス)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049738


リーガ・エスパニョーラ第5節2日目が20日に開催され、レアル・マドリーはホームでベティスに0-1の零封負けを喫した。昨年4月30日のソシエダ戦から続いていた連続得点記録は「73」でストップしている。

 試合後、レアルのDFセルヒオ・ラモスは「今日は僕たちにとってベストではない日のひとつとなったが、それは特にゴールチャンスについてだ。素晴らしいサッカーはしなかったが多くのチャンスを生み出したよ」とポジティブな側面もあったと強調した。クラブ公式サイトが伝えた。

「僕たちは試合開始からチャンスをいくつも作ったんだ。今日は先制点を決めるのに苦しみ、決めることのできない試合だった。チームは全力を尽くしチャンスを作ったが、そのうちのいくつかは簡単なものだった」

 この日の今季初黒星で首位を快走するバルセロナとは勝ち点7差に広がり、順位も7位まで下がってしまった。S・ラモスは「もう気持ちを切り替え次の試合のことを考えなければいけない。僕たちはこれまでもリーガで大きな勝ち点差を逆転してきた。まだ多くの試合と勝ち点があるので冷静さを保つ必要がある」とコメント。

「勝てないときは結論を引き出し自己批判をしなければいけない。物事は常に改善することができるものだ。冷静さを保ち団結する必要がある。それが成功の鍵だ」と説いた。

9/21(木) 13:37配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-01644315-gekisaka-socc

クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリード対ベティス戦で見せたボールがないところで相手を踏みつけるという醜いプレーで再び注目を集めている。このプレーは後半に起き、CR7がボールコントロールをミスし、ベティスのマニュがボールを奪った時に起きた。マニュがタックルするとCR7は相手の足を踏みつけている。

CR7にとってはフラストレーションのたまる試合であり、多くのチャンスをミスしていた。その1つではピッチコンディションを非難するも、芝は彼のミスには全く関係ないようだった。

なお、この試合がFCバルセロナとのスーペルコパ・デ・エスパーニャでレフェリーを押し、5試合出場停止となっていたCR7のリーグ復帰戦だった。そして、このマニュに対するアクションで再びなんらかの処分か、少なくともイエローカードを受けてもおかしくなかったが、主審を務めたマテオ・ラオスはこれを見逃している。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010010-sportes-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggHaeStZzjuuPMNUomE9GESA---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20170921-00010010-sportes-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505985313
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

レアルの至宝21歳アセンシオ、移籍金の設定額は456億円!!手放すつもりはさらさらない

元の記事へ移動

1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/28(月) 20:49:08.90 ID:CAP_USER9.net

マルコ・アセンシオはレアル・マドリードで昨シーズン素晴らしいパフォーマンスを見せたことで、多くのヨーロッパの強豪チームから獲得の興味を示されている。

これに対して、マドリーの会長フロレンティーノ・ペレスはわずか21歳にして、将来チームを代表する選手になると考えられているアセンシオを他のクラブの手から守るために先手を打っている。

昨年、マドリーはアセンシオとの契約を2022年まで延長し、移籍金は3億5,000万ユーロ(約456億円)に設定している。そして、会長フロレンティーノ・ペレスは契約内容のさらなる更新を望んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010008-sportes-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1503920948
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<レアル中井くん>「カデーテB」への昇格が判明!スペイン紙「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 13:09:14.32 ID:CAP_USER9.net

U-15年代のチームに昇格 23選手から8人が落ちる狭き門を潜り抜ける
 
レアル・マドリードの下部組織インファンティールA(U-14)で昨季プレーしていた中井卓大くんが、
世界中の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-15年代のカデーテBに昇格することが分かった。

将来の日本サッカー界を牽引すると期待される天才少年が、トップチームへの階段をまた一段上った。
リーガ・エスパニョーラ関係者によると、現在13歳で中学2年生の年代となる中井くんは、
レアル下部組織でも圧倒的なテクニックを誇っており、コーチ陣からも高い評価を得ているようだ。

そして逸材ひしめくインファンティールAの23選手から、
8人が足切りになるシビアな選考を勝ち抜き、カデーテBに昇格することが決まったという。

“ピピ”の愛称で知られる中井くんは、バルセロナ下部組織出身のFC東京U-18FW久保建英とともに、世界的にも注目を集める存在となっている。
スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と圧倒的なポテンシャルを評価。

11歳からレアルの一員になった中井くんは、
昨季リーガとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成した世界最強軍団の下で、順調なキャリアを歩んでいる。

8/15(火) 12:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00010005-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170815-00010005-soccermzw-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502770154
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)