「ナガ、寂しいよ」…中国のグアリンからトルコの長友佑都へアジア横断する熱き友情

元の記事へ移動

1 名前:3倍理論 ★:2018/02/21(水) 13:02:06.88 ID:CAP_USER9.net

中国スーパーリーグの上海申花に所属するコロンビア代表MFフレディ・グアリンが、インスタグラムを更新し、日本代表DF長友佑都へメッセージを送った。

 グアリンは中国移籍を決断した昨年1月までインテルに所属。長友とは4年間ともにプレーした。今冬、長友もロシアW杯を視野に出場機会を求めてガラタサライへと移籍。7年間過ごしたミラノを去ったが、コロンビア代表MFはインスタグラムのストーリーズにおいて、インテルの愛されキャラだった日本代表DFへの思いを綴った。

 グアリンは過去にも、「ユウトは間違いなく良い選手だよ」などと語り、長友に対して好印象を抱いていたが、今回はビデオ通話中の長友のスクリーンショットを掲載。

「僕のフラテッロ(兄弟)へ挨拶。ナガ、どれだけ君がいなくて寂しいことか」と綴り、W杯出場を目指し、トルコの地で活躍する友へメッセージを発信した。最後に「いつもフォルツァ(頑張れ)インテル」と付け加え、愛する古巣への忠誠も見せた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?238194-238194-fl
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1519185726
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

いよいよACL本戦開幕! 2018年のアジアを席巻する規格外の外国人スターたち【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

いよいよ13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区本戦が開幕する。昨年大会を制した浦和レッズに続き、2連覇を目指す日本勢に立ちはだかるのはワールドクラスの外国人スターたち。東地区の各クラブには、アジアの枠を越えた実力の持ち主が数多く所属している。ACLに外国人枠を使って登録する選手たちの中から、特に注目の5クラブの刺客たちを紹介する。

◆中国超級◆悪童・カッサーノ「中国に行くやつは「愚か」「お金のためだと認めるべき」」

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2018/02/06(火) 06:34:04.78 ID:CAP_USER9 no titleヴェローナ契約後に現役引退を発表するも復帰を視野「無償でサインしたっていい」
 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、2017年7月にヴェローナと1年契約を結んだが、わずか1週間で退団を発表。その後撤回、再び退団・現役引退発表と問題児ぶりを発揮。最終的に契約解消となり、現役復帰に意欲を燃やしている。そんななか、35歳のベテランは、巨額の移籍金でスター選手を買い集める中国への移籍について、「愚かだ」と持論を展開した。イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

 ローマ、レアル・マドリード、ACミラン、インテルと世界的ビッグクラブを渡り歩いたカッサーノ。イタリア代表でも2012年の欧州選手権で準優勝に貢献する実力者だったものの、体重増加問題や素行不良などでたびたび問題を起こしてきた。2017年にサンプドリア退団後は無所属の期間が続き、最後に契約したヴェローナでは二転三転の末に現役引退を発表したが、再び心変わりしている。

「自分の数々の過ちの代償を払った。そういうものなんだ。まだ活躍できるかどうか、知りたい。100パーセント信頼してくれる会長、監督が必要なんだ。そうでなければ、引退したままだろうね。そんなクラブを見つけることができれば、自分の準備はできている。無償でサインしたっていい。俺はすでに十分なお金を稼いだからね」

 カッサーノは環境次第で現役復帰する意向で、契約条件にこだわりはないという。年俸ゼロでも構わないと話す反面、“あるリーグ”には行かないと断言している。

「契約しようとしたチームの名前は忘れた」
「中国行き? 愚かだね。誰もが自分のやりたいことをすればいいと思っている。しかし、中国に行くヤツはお金のために移籍したと認めるべきだよ。俺と契約しようとしたチームの名前なんて忘れてしまったけどね」

 潤沢な資金を使い、高額な移籍金と年俸で世界中から実力者を集めてきた中国リーグは、イタリア人とも関係が深い。広州恒大はマルチェロ・リッピやファビオ・カンナバーロが監督に就任し、FWアレッサンドロ・ディアマンティ、アルベルト・ジラルディーノらも在籍。山東魯能では元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレがプレーしている。しかし、カッサーノは中国移籍に拒否反応を示し、オファーしてきたクラブ名すら忘れた、と振り返っている。

 記事によれば、現在は毎日トレーニングに勤しみ、週3回のテニスでコンディションを整えているという。

「(テニスでは)いつも負けるけどね。俺はサッカーをするために生まれてきたんだよ」

 インテル時代は日本代表DF長友佑都を可愛がり、ガラタサライ移籍に際しては相談に乗った男が、再びピッチに戻る日は本当に訪れるのだろうか。

2/5(月) 14:00配信
⇒悪童カッサーノ、中国行きの風潮を批判 「愚か」「お金のために移籍したと認めるべき」(フトゾン)

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517866444/

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)