中国サッカーに大規模「給与未払い」疑惑 2ちゃんねる「ポドルスキ日本選んでよかったな」「賢い」

元の記事へ移動

1 名前:金魚 ★@\(^o^)/:2017/07/27(木) 20:35:45.91 ID:CAP_USER9.net

中国プロサッカーリーグの18クラブが所属選手への給与を払っていない疑惑があると、欧米メディアが報じた。
推定年俸約52億円のFWカルロス・テベスが所属する上海申花も含まれている。

日本のヴィッセル神戸に加入したドイツのFWルーカス・ポドルスキは、中国クラブからの誘いもあったが「間に挟まれる闇のルートを通じて、
最終的に手元に入る金額は相当小さくなるだろう」と疑問を呈したことがある。そのため日本のインターネット上では「日本選んでよかったな」との反応も複数出ている。

支払われなければ来季リーグ戦出場資格剥奪か

2017年7月25日付英紙「デイリー・ミラー」によると、中国サッカー協会(CFA)は同日、中国のスーパーリーグ(1部)13クラブ、2部リーグ4クラブ、
3部リーグ1クラブの計18クラブに対し、給与未払いの疑惑があるとして手紙を送付した。問題のクラブは8月15日までに滞納を解消し、
中国サッカー協会(CFA)にその証拠を提出しなければ、来季のリーグ戦出場資格を剥奪されるという。

これに先立って12日、アジアサッカー連盟(AFC)は加盟団体に対し、
「8月31日までにすべての給与を支払わなければ来季アジア・チャンピオンズリーグ出場資格が失われる」という内容の手紙を送ったと発表した。
CFAの動きは、AFCのこの通知によるものと見られている。

中国は近年、サッカー好きで知られる習近平国家主席により国策でサッカー強化が進められており、急成長する国内経済を背景に欧州・南米のスター選手を次々に超高額で獲得している。
上海申花が16年末、世界最高額とされる推定年俸4000万ユーロ(約52億円)で元アルゼンチン代表のテベスを獲得した際は世界中で話題を集めた。

その「爆買い」の代金は、実際には支払われていなかったのか。同記事があげた問題のクラブには上海申花のほか、
ブラジル代表FWオスカルや同FWフッキ、ポルトガル代表DFリカルド・カルヴァーリョを擁する上海上港、さらにリーグ6連覇中の王者・広州恒大など強豪の名前も含まれている。

「闇のルートを通じて、最終的な金額は相当小さくなるだろう」

この件は25日付英紙「テレグラフ」など複数メディアで報道され、日本でも話題を集めたが、改めて注目されたのが7月にヴィッセル神戸に入団したポドルスキの発言だった。

7月14日付ドイツ紙「シュポルト・ビルト」に掲載されたインタビュー記事で、ポドルスキは神戸だけでなく中国クラブとも交渉したとして、両国の差を明かしている。
Jリーグよりも高額の年俸で契約できたはずの中国について「魅力的ではある」としながら「しかし、中国では交渉過程で8~9人の犯罪者のような関係者が介在してくる。
年俸は中国の方が高いだろうが、間に挟まれる闇のルートを通じて、最終的に手元に入る金額は相当小さくなるだろう」と、金銭のやり取りに問題があると指摘した。
一方、「日本は最初から交渉が真面目だった」との印象を述べている。

ツイッターや2ちゃんねる上ではこの発言から、「ポドルスキの予感は正しかった」「冷静だったな」「賢い」「ポドルスキ日本選んでよかったな」といった書き込みが相次いでいる。

なお26日付米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によると、上海上港など複数クラブは給与未払いを否定、上海申花は調査中として速やかに支払いを確定させる予定だという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13390364/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501155345
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<中国サッカー界に激震!>給与未払いで1部13クラブにリーグ戦出場資格剥奪の可能性!Jリーグも影響を受ける可能性が高い

元の記事へ移動

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/26(水) 12:35:54.51 ID:CAP_USER9 1部13クラブ、下部リーグ5クラブで給与未払い、問題の解消期限は8月15日に設定
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010007-soccermzw-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<中国サッカー界に激震!>給与未払いで1部13クラブにリーグ戦出場資格剥奪の可能性!Jリーグも影響を受ける可能性が高い

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 12:35:54.51 ID:CAP_USER9.net

1部13クラブ、下部リーグ5クラブで給与未払い、問題の解消期限は8月15日に設定

 チャイナ・マネーを背景にした“爆買い”で話題をさらった中国サッカー界に、給与未払いの問題で激震が走っている。1部リーグ16クラブのうちAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に勝ち残っているチームを含む13クラブに、来季からリーグ戦出場資格をはく奪される可能性が浮上したという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。


 中国1部で13クラブ、下部リーグから5クラブの合計18クラブで給与未払いが発生しているという。記事によれば、中国サッカー協会は8月15日をデッドラインに設定。期限までに給与未払いを解消できなければ、2018年のリーグ戦出場資格を剥奪されると記されている。

 問題があるとされた1部13クラブには、今季のACLで準々決勝に勝ち残っている上海上港と広州恒大も含まれている。また、2年総額約100億円という破格の高額年俸で元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスを獲得した上海申花や、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトなどを擁し、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏が監督を務める天津権健も名を連ねた。

 近年の移籍市場で、欧州の相場をはるかに超える移籍金や年俸を提示してトッププレーヤーを買いあさってきた中国サッカー界だが、改めて“チャイナ・リスク”が浮き彫りになっている。

 状況の推移次第では来季のACLにも余波を与え、Jリーグクラブも多少なりとも影響を受ける可能性が高い。中国におけるサッカーバブルは崩壊への道を避けられるのだろうか。

7/26(水) 12:30配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010007-soccermzw-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1501040154
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆中国超級◆あの広州恒大も?大量の「給料未払い」発覚で13クラブが資格剥奪の危機

元の記事へ移動

250: U-名無しさん@実況・\(^o^)/ 2017/07/25(火) 20:14:51.90 ID:1W05enuY0 > スター選手が在籍する上海申花や上海上港、北京国安、広州恒大、
>広州富力、天津権健らも含まれており、
> 1部にあたる超級リーグでは16チーム中13チームが該当するという
>(2部は4チーム、3部は1チームがそれぞれ該当)。

もう未払いとは無縁だと思ってたが、やっぱり中国は中国だった

⇒中国超級リーグ、来季は13クラブが出場できない?理由は「給与の未払い」(Qoly)
潤沢な資金力を武器に、世界中からスター選手を集めている中国超級リーグの各クラブ。一見バブリーに見えるが、チーム内の実情は決して上手くいっているわけではないようだ。英国『Mirror』によれば、13クラブにリーグ戦における出場資格剥奪の可能性があるという。

Chinese Super League in crisis with 13 clubs set to forfeit involvement next season due to unpaid salaries https://t.co/9Alw7lVVoE pic.twitter.com/chFxZEL7Jv

— Mirror Football (@MirrorFootball) 2017年7月25日

問題になっているのは、選手に対する給料の未払いである。同紙によれば、中国の18クラブに未払いが確認されているようで、問題になっているチームは8月15日までに延滞している給料の支払いをするよう命じられているそう。

そしてその証拠を中国サッカー協会に証明できなければ、来季におけるリーグ戦への出場資格を剥奪する可能性があるのだそうだ。

その中にはスター選手が在籍する上海申花や上海上港、北京国安、広州恒大、広州富力、天津権健らも含まれており、1部にあたる超級リーグでは16チーム中13チームが該当するという(2部は4チーム、3部は1チームがそれぞれ該当)。

仮にこれら13クラブに出場資格が発行されないと中国超級リーグはいろんな意味で混乱を招くことになるが…。一体どのように収束するのだろうか。

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart9253

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

中国遠征中のアーセナルが集団食中毒か、ジルーら主力が体調不良

元の記事へ移動

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/:2017/07/20(木) 13:46:52.93 ID:CAP_USER9.net

7/20(木) 9:10配信 AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000005-jij_afp-socc
【AFP=時事】中国で開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)に出場中のアーセナル(Arsenal)は、
主力選手数人が食中毒の症状を訴え、19日のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦を欠場するなどの事態となった。
チームを率いるアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督が明かした。

 上海(Shanghai)でバイエルンと対戦したアーセナルは、試合終了間際に1-1の同点に追いつき、PK戦を3-2で制した。
しかしベンゲル監督は試合後、長時間のフライトや中国の厳しい暑さと相まって選手を苦しめた食中毒により、
来シーズンへ向けたチームの調整は理想的とは到底言えないものとなってしまったと語った。

 アーセナルは食中毒でオリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)を欠いただけでなく、キャプテンを務めるペア・メルテザッカー
(Per Mertesacker)もキックオフ直前に同様の問題で体調不良を訴え、試合を欠場した。

 また、新加入のセアド・コラシナツ(Sead Kolasinac)がハーフタイム前に交代を余儀なくされた一方、
途中出場のアーロン・ラムジー(Aaron Ramsey)とセオ・ウォルコット(Theo Walcott)も体調が優れなかったという。

 アーセナルの選手はこの日、特に気温が36度を超えた前半に調子を落としており、ベンゲル監督は冬の
オーストラリアから移動してきた直後での上海のコンディションは「衝撃」だったと話している。

 今季は欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)出場権獲得のプレッシャーがかかる
ベンゲル監督は「17日、18日とハードワークしていたので、今夜は大きな問題が待ち受けているのではないかと
少し不安だったが、実際に前半はやや苦しんだ」と語った。

「ラムジーは(気分が)悪い状態で試合を終え、ウォルコットやコラシナツ、メルテザッカーも皆、食中毒気味だった」

 23日には北京(Beijing)でチェルシー(Chelsea)との一戦を控えるアーセナルだが、
ベンゲル監督は食中毒を起こした原因は不明だとしている。【翻訳編集】 AFPBB News
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500526012
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)