中村俊輔も絶賛、磐田・アダイウトンの潜在能力。天才レフティーとの出会いが促す急成長

元の記事へ移動

9月23日、明治安田生命J1リーグ第27節が行われ、ジュビロ磐田は大宮アルディージャに2-1で勝利した。ここ最近好パフォーマンスを見せている磐田FWのアダイウトンは、ゴールこそなかったものの、試合後に中村俊輔がその潜在能力を絶賛。スタメン落ちを経験することもあったが、天才レフティーとの出会いもあった2017年は、ブラジル人アタッカーにとってキャリアのターニングポイントとなりそうだ。(取材・文:青木務)

<中村俊輔>「FKキッカー」世界9位! 英メディアも注目「日本フットボール界のスター」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/24(日) 18:53:52.51 ID:CAP_USER9.net

世界最高峰の選手たちをテレビゲームで使うとどうなるか、サッカーファンやゲームファンならば一度は思ったことがあるのではないか。

人気サッカーゲーム「FIFA 18」が29日に発売となるのを前に、英サッカーメディア「90min」スペイン語版は選手の能力に注目。日本が世界に誇る天才レフティーが“ある能力”で世界9位にランクインしている。

 同ゲームは、スピード、ドリブル、シュート、ディフェンス、パス、フィジカルの基礎項目を含め、選手の能力を数値化。

英サッカーメディア「90min」はFKの能力値が高い選手(ファウルシューター)のトップ10を発表。そのなかで元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)が、世界屈指の選手たちを押しのけ、堂々の9位にランクインした。

 中村は昨年も同部門で9位に輝いているが、記事では「シュンスケ・ナカムラは日本フットボール界のスターの一人。エスパニョールのユニフォームを着てリーガにも所属した男がリストの9位に入った」と紹介している。

23日に行われたJ1第27節の本拠地大宮アルディージャ戦で低弾道FKを決め、自身が持つJ1最多直接FKゴール記録を「24」に更新しており、左足の精度は全く錆びついていない。

■名手ピルロが栄えあるトップ「1位は明白」

 バルセロナのアルゼンチン代表MFリオネル・メッシは6位。キックの質は世界最高水準だが、流れの中からの得点が多いことが影響しているようだ。2位には、昨季まで「ブンデスリーガ最強のFKキッカー」と恐れられ、今季からACミランに移籍したトルコ代表MFハカン・チャルハノールがランクイン。1位は元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)が輝き、記事では「1位は明白だ。アンドレア・ピルロのテクニックは決して失われない」と絶賛している。

「90min」によるFK能力トップ10は以下の通り。

1位 アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ/元イタリア代表/MF)

2位 ハカン・チャルハノール(ミラン/トルコ代表/MF)

3位 ミラレム・ピャニッチ(ユベントス/ボスニア・ヘルツェゴビナ代表/MF)

4位 ディミトリ・パイエ(マルセイユ/フランス代表/FW)

5位 ダニエル・パレホ(バレンシア/スペイン/MF)

6位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表/FW)

7位 マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン/ドイツ代表/DF)

8位 ギルフィ・シグルドソン(エバートン/アイスランド代表/MF)

9位 中村俊輔(ジュビロ磐田/元日本代表/MF)

10位 メンフィス・デパイ(リヨン/オランダ代表/FW)

9/24(日) 18:00配信 soccermz
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00010016-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170924-00010016-soccermzw-000-4-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506246832
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Jリーグ・J1 2017] ジュビロ磐田 vs 大宮アルディージャ

元の記事へ移動

2017年09月23日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第27節、ジュビロ磐田対大宮アルディージャ […]

続きを読む

幾度も苦境に陥ったドイツW杯予選。立ち上がったベテラン、「アブダビの夜」が転機に【アジア予選激闘史】

元の記事へ移動

日本がW杯に初出場したのは98年フランス大会。それまではアジアの壁を超えることができず、また連続出場できているものの、楽に勝ち抜けた時はない。W杯に出場するのは並大抵のことではないのだ。18年ロシアW杯へ向け大一番を迎える今だからこそ過去の激戦を振り返りたい。今回は2006年ドイツW杯予選。2002年の自国開催を経て2大会ぶりとなるW杯アジア予選に臨んだ日本代表は、幾度となく苦境に陥っていた。(取材・文:元川悦子)

磐田・中村俊輔、主役であり黒子に。稀代の名手がジュビロの仲間と進める歩み

元の記事へ移動

8月19日、明治安田生命J1リーグ第23節が開催され、ジュビロ磐田はセレッソ大阪との試合を1-1の引き分けで終えた。先制点を許す展開となったが、86分に中村俊輔がショートコーナーから川又堅碁の同点弾を演出。名波ジュビロ加入から7ヶ月、周囲との連係を磨き上げたサックスブルーの背番号10がまばゆい輝きを放っている。(取材・文:青木務)

流石すぎる…中村俊輔、FKから2アシスト!G大阪戦の「相性」もスゴい

元の記事へ移動

1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 22:44:44.35 ID:CAP_USER9.net

先週末、アウェイの地でガンバ大阪を0-2で下したジュビロ磐田。

これで今季のG大阪戦は“ダブル”となり、J1での順位を6位にまで上げた。

そんなこの試合で2アシストの活躍を見せたのがMF中村俊輔。「伝家の宝刀」でもあるフリーキックで、全ゴールを演出した。

19分:大井 健太郎(0-1)
https://www.youtube.com/watch?v=7hmfprnf0os



73分:アダイウトン(0-2)
https://www.youtube.com/watch?v=7hmfprnf0os

※03:52から

前後半に一つずつ、両サイドからゴールを演出した中村俊輔。キックのパターンも前半は強く踏み込み、後半は意表を突いて緩やかなボールを送るなど、バリエーションを見せた。

中村にとってアウェイでのガンバ大阪戦は相性が良く、2015年と2016年は東口順昭からフリーキックで直接得点を奪っている(2015年は万博記念競技場での開催)。

そうしたこともあってかG大阪のサポーターたちは惑わそうとゴール裏で必死にフラッグを振っていたが、そうした揺さぶりに中村は負けることがなかった。

セットプレーから2失点したG大阪のGK東口は試合後、「失点にはもちろん、原因はあると思うし、課題を克服して、繰り返していくしかない。まだ残り試合があるので、しっかりと克服してやっていかないとダメかなと思う」とコメントしている。

http://qoly.jp/2017/08/14/shunsuke-nakamura-2-assists-vs-gamba-osaka-kwm-1?part=2
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502718284
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

久保建英が参考にする中村俊輔のFK。中西哲生がつないだファンタジスタの縁

元の記事へ移動

バルセロナの下部組織に在籍した経験を持ち、15歳にしてU-20W杯にも出場した久保建英。そんな将来を嘱望される超逸材は、世界屈指のキック精度を武器に活躍を続ける中村俊輔のフリーキックを参考にしているという。この2人の縁をつないだのはスポーツジャーナリストやサッカー解説者として活動しながら、選手のパーソナルコーチも務める中西哲生氏だった。一見すると不思議な関係はいかにして生まれたのか。『解説者のコトバを聴けば サッカーの観かたが解る』(内外出版)の中で著者の河治良幸氏が、中西氏が取り組んできたチャレンジの深層を紐解いている。(取材・文:河治良幸)