<中田英寿>「東洋から来た“キャプテン翼”」「セリエA冬の高額移籍5人」に選出!本田圭佑は冬の移籍市場ワースト10に選出

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/01/12(金) 19:26:26.60 ID:CAP_USER9.net

2000年にペルージャからローマへ約24億円で移籍 「歴代3位の移籍金が支払われた」

現在、ヨーロッパでは冬の移籍市場が活発に動き、選手たちの移籍が次々に決まっている。そうしたなかで、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、「冬の移籍市場での高額移籍」を特集。現役時代にペルージャからローマへ移籍した、元日本代表MF中田英寿の名前も挙がっている。

2000年1月に中田が移籍した際、ローマからペルージャに支払われた移籍金は350億リラだった。イタリアの通貨がリラとユーロの過渡期であったこともあり、当時のレートを図りにくい部分はあるものの、現在のレートで日本円にすれば約24億円になる。これは、当時の冬の移籍市場で支払われるものとしては相当な高額だった。

 記事では「東洋から来た“キャプテン翼”には、歴代3位の移籍金が支払われた。何よりも、2001年5月6日のユベントス戦だ。この試合に0-2から途中出場した彼は鮮やかなミドルシュートを決め、さらにヴィンチェンツォ・モンテッラの同点ゴールもナカタのミドルからだ。6月にはローマがリーグ優勝を果たしたが、その大きな力になった」と、高額な移籍金に見合うものになったとしている。

 他には2000年にレアル・マドリードからインテルに移籍した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフの500億リラ(約40億円)や、2004年にフィオレンティーナからパルマへ移籍した元ブラジル代表FWアドリアーノと、2013年にマンチェスター・シティからACミランに移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの2300万ユーロ(約31億円)、2011年にジェノアからインテルに移籍した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの1850万ユーロ(約25億円)と、合計5人の事例が取り上げられている。

高騰する移籍市場の“成功事例”として脚光

 今冬の移籍市場では、リバプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの1億6000万ユーロ(約216億円)や、サウサンプトンからリバプールに移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの8000万ユーロ(約108億円)など、衝撃的な金額が飛び交っている。

 そうした情勢のなかでも、当時としては驚異的な金額だった中田の冬の移籍市場で記録された移籍金もまた、成功事例として脚光を浴びている。コウチーニョやファン・ダイクは、その金額に見合うような働きを今季後半戦で見せることができるだろうか。

12(金) 12:50配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010008-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180112-00010008-soccermzw-000-1-view.jpg
3 名前:Egg ★:2018/01/12(金) 19:27:09.82 ID:CAP_USER9.net

背番号10番が仇に?元ミラン本田圭佑、セリエA冬の移籍市場ワースト10に選出

セリエAにおける冬の移籍市場を過去20年間にわたり振り返り、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が11日、特集を組んだ。

冬の移籍期間がスタートし、各クラブ間での選手の獲得交渉が活発化し始めた。特集では、20年前まで遡り、セリエAにおける失敗に終わった冬の移籍を発表。昨シーズンまでミランでプレーしていた日本代表のMF本田圭佑もワースト10に名を連ねた。

本田は2014年1月にCSKAモスクワからミランに加入。直後の記者会見はサンシーロのエグゼクティブルームでレッドカーペットが敷かれるなど盛大に行われた。当時のアドリアーノ・ガッリアーニCEOは「1年前から動向を追っていた」選手で「サッカー選手としてやって来た」のであり、マーケティング目当てで獲得したのではないと説明。また本田自身が名門クラブの背番号10番を選んだことで、ファンの期待は一気に高まった。

特集では、「日本人選手は移籍金ゼロで加入したが、非常に大きな期待を受けた。背番号10番を背負い、数多くの日本人ファンを喜ばせたものの、ピッチでの活躍はそれに見合わなかった」と日本代表MFの選出理由を説明。栄誉ある10番の選手として、ファンやクラブの期待を十分に満たすことができなかったと結論付けた。

なお本田のミラン移籍の翌年、同じくCSKAモスクワから1440万ユーロ(約19.3 億円)でローマに加入したコートジボワール代表FWドゥンビア・セイドゥもランクインしている。このほかティエリ・アンリ(1999年・ユヴェントス)、ホセ・マリ(2000年・ミラン)、ステファヌ・ダルマ(2001年・インテル)、ガブリエル・バティストゥータ(2003年・インテル)、エドゥアルド・バルガス(2012年・ナポリ)、ニコラ・アネルカ(2013年・ユヴェントス)、エルデル・ポスティガ(2014年・ラツィオ)、ジェルダン・シャキリ(2015年・インテル)が挙げられている。

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180112-00000023-goal-000-2-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515752786
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

中田英寿氏が恋愛観明かす 最初のデートで“一発アウト”なルール「まず携帯電話をテーブルにおいた時点で…」

元の記事へ移動

1: muffin ★ 2018/01/16(火) 18:21:31.52 ID:CAP_USER9 サッカー元日本代表の中田英寿氏(40)が16日深夜放送のフジテレビ「トーキングフルーツ」(火曜深夜0・25)にゲスト出演。結婚観や恋愛観を披露する。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/kiji/20180116s00041000200000c.html
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/jpeg/20180116s00041000192000p_view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<中田英寿>ローマを代表する冬の補強選手に選出!「スクデットをもたらした」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/12/26(火) 23:15:42.64 ID:CAP_USER9.net

ローマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏について、イタリアの移籍情報サイト『カルチョメルカート・コム』が25日付の特集で名前を挙げている。

クリスマスにあたるこの日、「(マリオ)バロテッリ、ナカタ、(カレル)ポボルスキー、(エドガー)ダーヴィッツ…7姉妹の“クリスマスプレゼント”」と題し、セリエAの7強(ユヴェントス、ミラン、インテル、ラツィオ、フィオレンティーナ、ローマ、ナポリ)の会長が過去に冬の移籍市場でプレゼントした補強選手を特集した。

シーズン途中の冬に行われる移籍市場で加入した選手が「チームを再び軌道に乗せ、勝利をもたらし、救世主となる」可能性は多々ある。同サイトはローマを代表する“クリスマスプレゼント”として、「まさにサプライズとなった移籍だった。翌年、スクデットをもたらした」と綴り、2000年1月に加入した中田氏を紹介している。

中田氏は1998年のフランスW杯での活躍後、セリエAペルージャへ加入。デビュー戦となったユヴェントス戦でドッピエッタ(1試合2得点)を決め、衝撃的な活躍を見せた。翌シーズンの冬、フランチェスコ・トッティ氏らが在籍していた強豪ローマへ移籍。ローマでの2シーズン目には、スクデットを懸けたユヴェントス戦で起死回生の同点ゴールを決め、この年のセリエA制覇に大きな貢献をした。中田氏はローマにスクデットをもたらした英雄として、今でもファンに愛されていることで知られている。

12/26(火) 20:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000026-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20171226-00000026-goal-000-2-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1514297742
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<中田英寿>ローマを代表する冬の補強選手に選出!「スクデットをもたらした」

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/12/26(火) 23:15:42.64 ID:CAP_USER9 ローマなどで活躍した元日本代表の中田英寿氏について、イタリアの移籍情報サイト『カルチョメルカート・コム』が25日付の特集で名前を挙げている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000026-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20171226-00000026-goal-000-2-view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

中田英寿氏 大物アスリート集合に興奮「芸能人に会うよりうれしい」

元の記事へ移動

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/30(月) 15:37:16.04 ID:CAP_USER9.net

元サッカー日本代表の中田英寿氏(40)が30日、日本財団の新しい社会貢献プロジェクト「HEROs(ヒーローズ)」のアンバサダーに就任し、都内で行われた発表会に出席した。

ともにアンバサダーとして名を連ねた柔道の井上康生氏(39)、バスケットボールの田臥勇太(37)、レーシングドライバーの佐藤琢磨(40)らも出席する中、
中田氏は「著名な芸能人に会うよりもアスリートに会うと気持ちが盛り上がる。ここに立っていることが非常に光栄」とそうそうたるメンバーに興奮した様子であいさつした。

同事業は、アスリートによる社会貢献事業の組織化を目指す中田氏と、日本財団との話し合いが発端となったという。
根本には、自身が現役時代、他競技の選手と会う機会が少なかったことがあり、「五輪に2度出たが他の競技の選手と会う機会はなかった
。サッカーだけでなく他の選手に会うことで(現役時代も)もっと影響を受けられたし、色んなことをできたのではないかと思う。
それは辞めた後もできるのではないかと」。競技の垣根を越えて、選手同士が横のつながりをつくることの重要性を訴えた。

同事業では今後、若手選手を対象とした社会貢献への教育、引退選手を含めた、アスリートへの社会貢献活動の紹介。
社会貢献活動を行った選手や組織に対する表彰などを行いながら、日本スポーツ界の社会貢献活動を促進するという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000086-dal-socc
10/30(月) 15:13配信

https://daily.c.yimg.jp/soccer/2017/10/30/Images/10689805.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509345436
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

中田英寿氏 大物アスリート集合に興奮「芸能人に会うよりうれしい」

元の記事へ移動

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/30(月) 15:37:16.04 ID:CAP_USER9 元サッカー日本代表の中田英寿氏(40)が30日、日本財団の新しい社会貢献プロジェクト「HEROs(ヒーローズ)」のアンバサダーに就任し、都内で行われた発表会に出席した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000086-dal-socc
10/30(月) 15:13配信

https://daily.c.yimg.jp/soccer/2017/10/30/Images/10689805.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<中田英寿も認めた“天才”に海外メディア注目!>「世界ベスト11」にも輝いた才能とは?

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/10/15(日) 09:22:44.71 ID:CAP_USER9 インドで開催されているU-17ワールドカップ(W杯)に参戦しているU-17日本代表には、FW久保建英(FC東京U-18)をはじめ数多くの有望株が世界の舞台で躍動しているが、日本にはこれまでにも騒がれた10代プレーヤーがいた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00010019-soccermzw-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

「トッティとポジション争いしてたんですよ!」。玉乃淳氏が選定、日本の名ゲームメイカー5人【編集部フォーカス】

元の記事へ移動

 ウェブ番組『F.Chan TV』とのコラボ企画。第60回に、元Jリーガーの玉乃淳氏がゲストとして登場した。番組では、8月7日にカンゼンから発売された『フットボール批評 issue17』に掲載されている遠藤保仁のインタビューをもとに、ゲームメイカーを特集。そこで、現役時代はゲームメイカーのチャンスメイクからゴールを狙っていた玉乃氏に、歴代選手の中から優れたゲームメイカー5人を選出してもらった。