日本代表、48位のハイチにリード許すも…試合終了間際に香川が劇的同点弾

元の記事へ移動

日本代表は10日、キリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦した。

ハイチ戦、意地のドローも3失点。守備で集中欠く【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

10月10日、日本対ハイチの一戦が行われ3-3で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【識者の眼】乾貴士のタメと浅野拓磨の推進力。非対称な両サイドが生むハリルJの新メカニズム

元の記事へ移動

10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表との一戦を迎える日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は6日に行われたニュージーランド戦から大幅な先発変更を示唆したが、サイドのアタッカーの位置には乾貴士、浅野拓磨が入ることが有力視されている。タイプの異なる2選手が両サイドに配置されることで、ハリルジャパンの新たな型が見えるかもしれない。(取材・文:河治良幸)

乾貴士、「大人のフットボーラー」への変貌。「自分の限界」知りより高みへ

元の記事へ移動

乾貴士はニュージーランド戦に途中出場して好印象を残した。もともと持っていた自身の武器に経験が加わり、チームのために戦う存在になっている。ハイチ戦は先発濃厚だ。(取材・文:元川悦子)

【識者の眼】武藤&乾、異タイプの能力引き出す長友佑都。ハリルJ、左サイドの戦術的多様性

元の記事へ移動

6日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017でニュージーランドとの一戦に臨み2-1で勝利した。FIFAランキング上は“格下”ともいえる相手との試合で辛勝となったが、選手起用や組み合わせの面では発見や収穫も見られたゲームに。特に左サイドで起用された武藤嘉紀と乾貴士はそれぞれが異なる能力を発揮し、戦術的オプションが豊富になったが、この2人の良さを引き出した長友佑都の働きにも特筆すべきものがあった。(取材・文:河治良幸)

ハリルJ、シュート数多も「意図的に作った」チャンス少なく。乾貴士が決定機創出の切り札に【西部の目】

元の記事へ移動

6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランドとの一戦を迎えた日本代表。ロシアW杯へ、得点を取らなければならない試合のテストとなった。日本は多くのシュートを放ったものの、なかなかチャンスを意図的に作れず。決定機はほとんどが乾貴士の投入後に集中していた。(文:西部謙司)

[リーガ・エスパニョーラ 2017-18] ビジャレアルCF vs SDエイバル

元の記事へ移動

2017年10月01日に行なわれたスペイン・リーガ・エスパニョーラ1部「ラ・リーガ サンタンデール 2017-18」第07節、ビジャレアルCF対SDエイバルのYouTube速報動画です。 […]

続きを読む