韓国戦、屈辱の4失点で逆転負け【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

12月16日、日本対韓国の一戦が行われ1-4で敗北ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【日本代表スタメン発表】中国戦ゴールの小林が先発!伊東、車屋も

元の記事へ移動

北朝鮮戦、相手に圧倒されるも初戦勝利【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

12月9日、日本対朝鮮民主主義人民共和国の一戦が行われ1-0で勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【日本代表スタメン発表】中村、室屋がA代表デビュー。キャプテンは昌子

元の記事へ移動

日本代表90試合出場の挑戦者。今野泰幸、ボランチとして挑むハリルJでのアピール合戦

元の記事へ移動

12月9日からのE-1選手権に向け、都内で調整を進める日本代表。初戦は朝鮮民主主義人民共和国代表との一戦だ。国内組の編成となり、代表経験の少ない選手が多くメンバー入りしているなかで、国際Aマッチ90試合出場と圧倒的な実績を持つのがガンバ大阪の今野泰幸だ。だが当の本人はハリルジャパンでは「新参者」と理解しており、今大会は挑戦者として挑む所存だ。(取材・文:元川悦子)

井手口陽介を育んだG大阪の「生きた教科書」たち。怪物の「種」を開花させた国際舞台の経験

元の記事へ移動

先月31日、日本代表は来年ロシアで開催されるW杯への切符を勝ち取った。宿敵・オーストラリアとの一戦で6大会連続となるW杯出場権獲得を大きく手繰り寄せるゴールを決めたのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の大抜てきに応えた井手口陽介だった。急激に台頭する21歳はいかにして育まれたのか。ガンバ大阪の番記者として長く井手口を見守ってきた記者が紐解く。(取材・文:下薗昌記)