ブラジル戦、1点は返すも王国相手に為す術なし【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

11月10日、日本対ブラジルの一戦が行われ1-3で敗れた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ハリルJを襲うネイマールの脅威。直近3試合は惨敗…スター軍団ブラジル封じなるか

元の記事へ移動

日本代表は10日にブラジル代表と対戦する。過去に一度も勝利したことがなく、直近3試合はすべて大敗。ネイマールをはじめ、世界のトップクラスで活躍する選手を多数揃えたスーパースター軍団に勝利するために何が必要なのか。ロシアW杯前の貴重なチャンスに、サムライたちは燃えている。(取材・文:元川悦子【リール】)

吉田麻也と岡崎慎司、プレミアで成功の要因。苦境で培った「しぶとさ」と尽きない向上心

元の記事へ移動

かつてプレミアリーグは日本人にとって遠い憧れの存在だった。しかし、それを2人の選手が変えた。吉田麻也と岡崎慎司である。数々の試練を切り抜け、紆余曲折を経て居場所を勝ち取ってきた2人がイングランドで成功できた要因とはなんだったのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

吉田麻也に強豪リバプールが興味!? 英誌が独自分析「獲得しても驚きはない」

元の記事へ移動

1 名前:数の子 ★:2017/10/27(金) 15:49:41.43 ID:CAP_USER9.net

10/27(金) 15:40配信

<プレミア歴代アジア人選手10傑に唯一DFで選出 「多様性はクラブにとってプラス」>

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、今季失点数でリーグ5位タイを誇る堅守を牽引している。英メディアでは名門リバプールが獲得に乗り出したとしても「驚きはない」と報じている。

 英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」では、プレミアリーグで活躍したアジア人選手の歴代十傑を選出。マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたドルトムントの日本代表MF香川真司、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司とともに、吉田も名前を連ねた。

「ヨシダはこのリスト入りした唯一のディフェンダーとなった。プレミアリーグでのこれまでの貢献を強調するものだ」

 DFとしては唯一の10傑入りを果たした吉田。記事では、オランダのVVVフェンロからサウサンプトンに移籍した直後について「不安定」と記されているものの、過去5シーズンで100試合以上に出場しており、「彼の最終ラインにおける多様性はクラブにとってプラス。セットプレーでは立派な武器になっている」と近年の活躍ぶりを高く評価している。

「リバプールのディフェンスの不安を考えれば、彼の獲得に興味を持ち出したとしても驚きはない」

 リバプールは吉田の同僚であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクに獲得オファーを出していた経緯があるが、吉田が名将ユルゲン・クロップの眼鏡に叶うかもしれないほどのパフォーマンスに値すると見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171027-00010010-soccermzw-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509086981
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<吉田麻也(サウザンプトン)>今節ベストイレブンに選出!プレミアリーグでも十分通用するCBであることを証明

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/10/23(月) 22:38:33.84 ID:CAP_USER9.net

クリーンシート達成を評価

現在サウサンプトンではプレミアリーグ屈指のセンターバックと言われるフィルジル・ファン・ダイクがスタメンに戻ってきているが、
相棒の日本代表DF吉田麻也もそのファン・ダイクと変わらないほどの評価を得ている。

サウサンプトンは今節WBAと対戦して1‐0の勝利を収めたが、米『ESPN』は今節のプレミアリーグ・ベストイレブンにセンターバック部門でファン・ダイクではなく吉田を選出している。
同メディアは「ブファルのゴールが称賛を集めるが、サウサンプトンの最終ラインがその基盤を作った。

吉田はサウサンプトンのクリーンシートに貢献し、非常にソリッドだった」と称えている。吉田は昨季から急激に評価を高めており、プレミアリーグでも十分通用するセンターバックであることを証明している。
こうしたベストイレブンに選ばれることにもサプライズ感は無くなってきたと言える。

その他にはバーンリーを3-0で撃破したマンチェスター・シティから2選手、エヴァートンを5-2で粉砕したアーセナルからも複数選手が選ばれている。

GK:エデルソン・モラレス(マンチェスター・シティ)

DF:セサル・アスピリクエタ(チェルシー)、吉田麻也(サウサンプトン)、ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、ナチョ・モンレアル(アーセナル)

MF:アーロン・ムーイ(ハダーズフィールド・タウン)、メスト・エジル(アーセナル)、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)

FW:アレクシス・サンチェス(アーセナル)、ペドロ・ロドリゲス(チェルシー)、ハリー・ケイン(トッテナム)

10/23(月) 22:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00010018-theworld-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171023-00010018-theworld-000-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508765913
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[プレミアリーグ 2017-18] サウサンプトンFC vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC

元の記事へ移動

2017年10月21日に行なわれたイングランド1部リーグ「バークレイズ・プレミアリーグ 2017-18」第09節、サウサンプトンFC対ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCのYouTu […]

続きを読む