【現場記者の目】本田、ミランでの苦境をプラスに。キーマンとして存在感を示せるか

元の記事へ移動

所属するミランで出場機会を失った本田圭佑。しかし、本人はこれまでにない苦境を必ずしもネガティブには捉えていないことを明かしている。選手にとっては試合に出ることこそ全てであり強がりとも取れるが、何れにしても日本代表にとって本田は欠かせない存在。日々のうっぷんを晴らす迫力でけん引することが求められる。