ベルギー戦、隙を突かれて敗戦。最大の収穫は長澤【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

11月15日、日本対ベルギーの一戦が行われ0-1で敗戦。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ブラジル戦、1点は返すも王国相手に為す術なし【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

11月10日、日本対ブラジルの一戦が行われ1-3で敗れた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表、48位のハイチにリード許すも…試合終了間際に香川が劇的同点弾

元の記事へ移動

日本代表は10日、キリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦した。

ハイチ戦、意地のドローも3失点。守備で集中欠く【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

10月10日、日本対ハイチの一戦が行われ3-3で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

サウジ戦、日本の鍵を握る選手起用。長谷部不在のボランチが未来への道標に

元の記事へ移動

日本代表は5日、アウェイでサウジアラビア代表と対戦する。すでにロシアW杯の出場権は獲得しているが、アジア最終予選を気持ち良く終わるためにも重要な一戦だ。そしてもう一つ、これまで主軸を担ってきたベテランたちに代わる選手として誰を起用するかも注目される。サウジアラビア戦はただの消化試合ではなく、“ロシア後”を見据えた未来への一歩になるかもしれない。(取材・文:元川悦子)

【識者の眼】ハリルJ、“勝負師”の選手起用。歓喜を呼んだ指揮官の緻密なプランニング

元の記事へ移動

日本代表は先月31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦して2-0で勝利。来年の本大会出場権を獲得した。長年のライバルを寄せつけず、完勝とも言っていい歓喜の背景には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の緻密なプランニングと“勝負師”としての大胆な決断があった。(取材・文:河治良幸)

ハリルJ、支配率「4:6」の優位性。明確だった狙い。僅差勝負モノにするリアリズム【西部の戦術アナライズ】

元の記事へ移動

8月31日、2018年ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦に臨んだ日本代表。ボールポゼッションでは相手を下回ったものの、ボール奪取とカウンターに長けた陣容で効率よくゴールを奪取し本大会出場権を確保した。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、リアリスティックかつ明確な狙いをもってして僅差勝負をモノにしたと言える。(取材・文:西部謙司)

ハリルJ、最終予選で台頭した新戦力。ベテランの巻き返しも期待。W杯に向けた新たな競争

元の記事へ移動

8月31日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦に臨み2-0で勝利した日本代表。勝てばW杯出場権獲得となる状況でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は本田圭佑や香川真司をスターティングイレブンから外し、井手口陽介や浅野拓磨ら若手選手を抜てき。大一番で起用された新戦力が期待に応えゴールを奪った。本大会出場を決め、さらなる底上げが期待されるいっぽう、まだまだベテラン選手の力もチームには必要だ。(取材・文:元川悦子)