日本代表、48位のハイチにリード許すも…試合終了間際に香川が劇的同点弾

元の記事へ移動

日本代表は10日、キリンチャレンジカップでハイチ代表と対戦した。

欧州でゼロからのクラブづくりFCバサラマインツの挑戦【7】9部リーグを制覇し、次の舞台へ

元の記事へ移動

日本代表・岡崎慎司が創設に携わったFCバサラマインツ。ドイツ11部リーグからスタートし毎年優勝、今季からドイツ8部に属する。チーム創設にはどのような想いがあり、そして、そこで働くスタッフは何を感じているのか。欧州でゼロからクラブを作っていく様子を、現役スタッフが現地よりお伝えします(不定期連載です)。

[プレミアリーグ 2017-18] AFCボーンマス vs レスター・シティFC

元の記事へ移動

2017年09月30日に行なわれたイングランド1部リーグ「バークレイズ・プレミアリーグ 2017-18」第07節、AFCボーンマス対レスター・シティFCのYouTube速報動画です。 試 […]

続きを読む

止まぬ岡崎慎司への賛辞…“奇跡のプレミア優勝”メンバーからも称賛の声

元の記事へ移動

1: プエルトリコ ★@無断転載は禁止 2017/09/27(水) 12:06:00.77 ID:CAP_USER9 レスターFW岡崎慎司への称賛が止まらない。今度はチームメイトのMFマーク・オルブライトンが、日本代表FWのプレーを褒め称えている。『ClubCall』が伝えた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000004-goal-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<岡崎慎司(レスター)の得点に異議!?>ジェラードがノーゴール主張「100%ファールがあった」ファーディナンドは肯定派

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/24(日) 12:35:05.37 ID:CAP_USER9.net

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節の本拠地リバプール戦に先発出場し、前半アディショナルタイムに今季公式戦4得点目となるゴールを決めた。しかし、このゴールに異を唱える者がいる。それがリバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏だった。同氏は「100%ファールがあった」と主張しているという。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

 岡崎のゴールが生まれたのは前半終了間際の45+3分。左コーナーキックからのこぼれ球を押し込む形で決まった。この場面で岡崎は飛び出してパンチングを試みたベルギー代表GKシモン・ミニョレを押さえ込むようにマークしていた。ボールはその頭上を超えてファーサイドのDFハリー・マグワイアとDFジョー・ゴメスが競り合うと、がら空きとなったゴール方向へこぼれたところへ岡崎がいち早く反応した。

 リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンも審判に講義していたが、英衛星放送「BTスポーツ」で解説を務めていたジェラード氏も、岡崎にファールがあったとしてノーゴールだったと主張している。

マンUのOBファーディナンド氏は肯定派

「私にしてみれば、あれはGKへのファールだ。シモンに同情するよ。彼はいつものように批判されてしまうかもしれない。100%ファールがあった。オカザキは彼の腕を引っ張ってジャンプするのを止めたんだ」

 リバプールのレジェンドはこう語っている。

 記事では、それに対してマンチェスター・ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンド氏のコメントも紹介。同氏は「でも、あれはセンターフォワード(CF)の仕事だ。大抵の場合、小さなCFは妨害するためにGKの前に置かれる。そして彼は上手くその仕事をやり遂げた。彼はラインズマンと主審を騙し、その報酬を得た」と、岡崎が与えられた役割をこなした結果だったとポジティブな評価を与えている。

 試合はリバプールが3-2で勝利を収めたものの、岡崎のプレーには賛否両論が挙がっているようだ。

9/24(日) 12:10配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00010010-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170924-00010010-soccermzw-000-1-view.jpg

【サッカー】<岡崎慎司(レスター)>公式戦4点目!英各紙が称賛!「もはやゴールマシンだ!」「レスターの生命線」©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506212153/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506224105
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<岡崎慎司(レスター)>公式戦4点目!英各紙が称賛!「もはやゴールマシンだ!」「レスターの生命線」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/09/24(日) 09:15:53.66 ID:CAP_USER9.net

日本代表FW、岡崎慎司の勢いが止まらない。現地時間9月23日に行なわれたレスター対リバプール(プレミアリーグ6節)で、公式戦4点目を突き刺した。
 
 この試合、プレミアリーグでは2試合ぶりに先発起用された岡崎は、序盤から積極果敢な動きを披露。すると前半のアディショナルタイム、チームが2点のビハインドを追うなかでその瞬間は訪れた。
 
 左CKをファーサイドで受けたハリー・マグワイアが、相手DFジョー・ゴメスと競りながら中央へ落とすと、ゴール前に転がったボールを岡崎が滑り込みながらつま先に当てて流し込んだのだ。
 
 身体を張った気迫のゴールで、今シーズンのプレミア3ゴール目をゲットした岡崎。その後両チームが1点ずつを取り合い、レスターは2-3と敗れたが、好調なサムライに対する現地メディアは、おおむね好意的だ。
 
 地元紙『Leicester Mercury』は、合計5ゴールが生まれた乱打戦を「最初から最後までスリリングな展開だったが、レスターは勝点を落とし、シンジ・オカザキとジェイミー・ヴァーディーのゴールも指揮官への慰めにはならなかった」と厳しく総括している。

ついて、「シンジはゴールマシンだ。この試合ではレスターの生命線だった」と書き綴り、さらに採点欄では、チームトップタイの「7」を付けた。「オカザキはインターナショナルマッチ以降、これまでとはまるで別のアクションを示してくれている」と、その献身性と決定力の高さを改めて評価している。
 
 さらに、英国の国営放送『BBC』も賛辞を贈る。
 
 得点シーンを速報的に伝えていた同メディアは、「リバプールの守備におけるラインコントロールには疑わしいものがある」としながらも、「マグワイアの当たり損ねのヘディングをシンジ・オカザキは見事にサポートした。彼はレスターの重要なライフライン(生命線)だった」と得点シーンをまとめている。
 
 また、採点・寸評において、岡崎にチームトップのヴァーディー(7.5)に次ぐ、「7」と高評したのが英紙『デイリーメール』だ。「リバプールのCKでの連係ミスを突いたオカザキは相手チームの勢いを半減させた」と、その得点が後半の盛り返しを呼び込んだと、その泥臭い得点を称えている。

9/24(日) 6:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00030334-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170924-00030334-sdigestw-000-7-view.jpg
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1506212153
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)