鮫島CBなど新布陣のなでしこ、米遠征初戦はブラジルとドロー

元の記事へ移動

FW籾木結花が後半18分に先制点を決めたなでしこジャパンだったが…
[7.27 Tournament of Nations 日本女子1-1ブラジル女子]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は27日(日本時間28日)、アメリカで開催されている『Tournament of Nations』の初戦でブラジル女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。第2戦は30日(日本時間31日)にオーストラリア女子代表と対戦する。

 なでしこジャパンの高倉麻子監督は今回のアメリカ遠征で5選手を初招集。そして負傷者が出た影響で追加招集したDF万屋美穂を初戦の先発メンバーに抜擢した。万屋は左SB。DF鮫島彩がCBに入る新布陣が試された。

 序盤はブラジルがボールを持って試合を進めたが、なでしこは落ち着いた対応をみせる。徐々に押し返すなでしこ。ただ前半42分にFW田中美南が迎えたGKとの1対1を決めきれないなど、決定力を欠いた。

 後半からなでしこはMF長谷川唯に代えてFW籾木結花を投入。同じ日テレの点取り屋をピッチに送り込み、先制点を奪いに行く。すると後半18分に試合が動く。左サイドをMF中島依美が突破すると、ファーサイドにフリーで走り込んだ籾木が頭で押し込み、なでしこが先制に成功した。籾木の代表戦でのゴールは今年4月のコスタリカ戦以来で2ゴール目。

 しかしなでしこはこのリードを守り抜くことが出来ない。試合終了が見え始めた後半42分、ブラジルの左サイドからのクロスはGK山下杏也加が弾いたが、こぼれ球を中央で拾われると、MFカミラに弾丸ミドルを叩き込まれてしまう。なでしこの米遠征初戦はドロー発進となった。

日本代表の未来は明るい?「ベテラン回帰」よりも重要な久保裕也の台頭

元の記事へ移動


img_64c1329ded1454c99fbcc27a7368cc8a141157


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/03/25(土) 10:00:00.00 ID:000
「美しい勝利だった。しっかりゲームをコントロールし、戦術のアドバイスをしっかりとリスペクトしてくれた。2、3回、危険な場面もあったが、日本のほうが高いレベルを見せることができた」

2018年ワールドカップ・アジア最終予選。
後半戦のスタートとなったアウェーでのUAE戦を0-2のスコアで勝利を収めた日本代表のハリルホジッチ監督は、試合後の記者会見で開口一番、満足げにそう語った。

まさしく、指揮官が思い描いていた通りの会心の勝利。
ハリルホジッチ監督がご機嫌なのもうなずける。
しかも、「経験のある選手を信頼したゲームだった」と監督が語ったように、この試合ではゴールキーパーに川島永嗣、左サイドバックに長友佑都、ボランチには負傷離脱の長谷部誠に代わって、ハリルホジッチ体制初招集の今野泰幸をスタメンに抜てきした。

すると、川島が前半にビッグセーブで失点を防ぎ、今野は2点目をマーク。
スタメンの選考もバッチリはまった格好だ。

今回のメンバー招集にあたっては、所属クラブで出場機会が少ないベテラン勢を敢えて選び、メディアからは「日頃のコメントと矛盾している」との指摘もあったが、蓋を開けてみれば、そのベテランたちが予想以上の活躍を見せてくれた。
監督にとって、これほど嬉しいことはないだろう。

その一方で、この試合でベテラン以上に目を引いたのが、この試合のスタメンの中で最年少、23歳の久保裕也だった。
4-3-3の右ウイングでプレーした久保は躍動感に満ちあふれ、キックオフ直後から前線でボールを追いかける姿を見ただけでも調子の良さがうかがえた。
それは、若い選手が飛躍的な成長を遂げている時期に見られる“キレ”そのものだった。

所属のヘント(ベルギー)でも、招集前のリーグ戦(対メヘレン)で4人抜きドリブルシュートを決めるなど、目下絶好調。
すでに今季5ゴールを記録しており、その勢いはとどまるところを知らない。
そのいい流れを持続したまま、自身3キャップ目となったこの試合では前半13分に勝利への突破口となった先制ゴールをゲット。
記念すべき代表初ゴールとなった。

もちろん、このゴールのアシストとなった右サイドバックの酒井宏樹のパスもよかったが、相手DFの裏をとり、角度のないところから一瞬の迷いもなくニアサイドを射抜いたシュートは、実力プラス調子の良さがなければ決まらないゴールといえた。

「(ゴールシーンは)意外とフリーだったので、冷静に打てました。僕はこの中ではだいぶ若手なので、アグレッシブな部分を見せていきたいと思っていましたし、攻撃的な選手なのでそういう部分を見せられれば試合にも出られると思います」

試合後にそう語った久保は、後半には今野のゴールをアシストしている。
「今野さんが見えたので、感覚で出せた」とは、その場面を振り返った本人のコメントだが、その感覚もまた、好調の証といえる。
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/25/82215/

「ベテラン回帰」の流れにある今回の日本代表の中にあって、未来へつながる伸び盛りの新戦力。
久保の台頭はベテランの活躍以上に日本代表にとって明るい材料となったことは間違いない。

こうして、ベテランの活躍あり、若手の台頭ありと、申し分のない結果を手にした日本代表は、これで勝ち点を13ポイントに伸ばしてグループ2位をキープした。
同じ日に行なわれた試合でライバルの3位オーストラリアがイラクに引き分けたため、その差が3ポイントに広がるというオマケもついてきた。

ただし、この勝利でワールドカップ出場に大きく前進したかといえば、そうとも言えない。
UAEに勝ったことで、W杯出場権争いのグループからUAEを脱落させるきっかけを作ることができた。
しかし最高の結果を手にした一方で、試合内容を冷静に振り返ると、勝敗が紙一重だったのも事実。
実力的には五分五分だったと見るのが妥当だろう。

実際、前半の日本は久保の先制ゴール以外に目立ったチャンスを作れていなかったし、仮にUAEが後半立ち上がり早々に得た2度の決定機のどちらかを決めていたら、ゲームの行方は全く違ったものになっていた。
UAE側から見れば、その2度の決定機を立て続けに逃した代償が、その直後に生まれた日本の2点目となったのだ。

それを考えると、今後、日本が相手を圧倒して勝利を収めるイメージを描くことは難しい。
さすがに3月28日に予定されているホームでの最下位タイ戦を落とすことはないだろうが、6月13日のイラク戦、8月31日のオーストラリア戦、そして9月5日の最終節サウジアラビア戦と、最後まで気の抜けない試合が続くことに変わりはない。

とりわけライバルと目される3位オーストラリア、首位サウジアラビアとの直接対決が山場となるはずだ。

あらためておさらいしておくと、予選突破の条件はグループ2位以上。
もし3位になった場合は、グループAの3位チームとのアジア予選プレーオフに勝ち、その上で北中米カリブ地区予選4位チームと戦う大陸間プレーオフに勝利する必要がある。

ハリルホジッチ監督が「毎回勝つための準備をしている。これを続けていけば、ワールドカップの門が開かれるだろうが、今はまだ(勝ち点の)計算はしていない」と話すように、現段階で予選突破濃厚と見るのは早計だ。

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/25/82215/2/



スポンサーリンク





39: 名無しさん@恐縮です@ 2017/03/25(土) 06:45:47.38 ID:ey8b5TaH0

>>1
久保ってルカクやドラクスラーと同い年
23歳は言うほど若手じゃ無いだろう

ちなみにルカクは16歳でベルギーリーグ得点王


43: 名無しさん@恐縮です@ 2017/03/25(土) 06:48:43.20 ID:DpWVcQAS0

>>39
ルカクと比べるなよ



86: 名無しさん@恐縮です@ 2017/03/25(土) 07:22:47.97 ID:sAZ0qlwi0

>>1
アホかよ
23って中堅やん

本田や年取ってる奴外してもっと若い奴使えよ


125: 名無しさん@恐縮です@ 2017/03/25(土) 07:45:30.27 ID:gcSnoJ8k0

>>1
誰かさんのおかげで停滞していた右サイドの攻撃が、久保の活躍で活性化されたのだから、パーッと視界が開けたと思うのは当然だわなw


3: 名無しさん@恐縮です@ 2017/03/25(土) 06:17:13.06 ID:c4+iC1rW0

小粒すぎるのがな
ベルギーリーグ(笑)

続きを読む

香川が浴衣姿で温泉を満喫、入浴シーンも初公開!?

元の記事へ移動

香川が浴衣姿で温泉を満喫、入浴シーンも初公開!?
 日本代表MF香川真司(ドルトムント)が、一流旅館・ホテルの宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」( https://rlx.jp/ )の公式アンバサダーに就任した。Reluxを運営する株式会社Loco Partnersが26日、発表した。

 Reluxは、日本全国の満足度の高い一流ホテル・旅館のみを厳選して紹介する宿泊予約サイト。各地域を代表する宿泊施設だからこそ、文化や歴史、名産物など、その地域の持つ個性を活かした宿泊体験を提供している。香川は長年の海外生活を通じて、日本の持つ魅力や観光資源の潤沢さを再認識。シーズンオフの旅行を通じて日本文化を世界へ発信したいという強い思いから、今回の「Relux公式アンバサダー」就任に至った。

 Reluxでは、実際に香川が浴衣姿で温泉旅館を楽しむブランドムービーも公開中。シーズンオフの香川に密着し、Relux掲載施設である温泉旅館「箱根・翠松園」( https://rlx.jp/26798 )を舞台に撮影は行われた。自ら運転する車で翠松園に到着した香川は温泉につかって疲れを癒やすと、浴衣姿で散歩したり、懐石料理に舌鼓を打つなど、日本旅館の魅力を満喫。ピッチ上では見られないリラックスした香川の姿を見ることができる。


「海外で長くプレーさせてもらっている中で日本の良さであったり文化であったりというのがよりしみて、日本にはこういうものがあるんだということをいろんな世界の人たちに発信できたら」と話す香川は今後、日本の旅行や地域の魅力を世界へ発信する「Relux公式アンバサダー」として、Relux掲載のホテル・旅館での宿泊体験についてSNSなどを活用し、発信していく。

 さらにReluxでは、香川とともに日本の旅行や地域を盛り上げる「Reluxサポーター」を募集する。応募方法は、Relux公式インスタグラムアカウント(@relux_jp)をフォローしたうえで、 @relux_jp と #Reluxsupporter をつけて、インスタグラムで日本の魅力的な観光地や食べ物などの写真をポストするだけ(何度でもポスト可能)。ポストしたReluxサポーターの中から抽選で15名に以下の豪華プレゼントが当たる特別キャンペーンとなっている。

■プレゼント
1位:香川が宿泊した客室に泊まれるペア無料宿泊券(1組2名)
※参考価格:1泊2食付き・2名利用時 100,000超
2位:香川サイン入りRelux限定デザインユニフォーム(3名)
3位:香川サイン入りReluxオリジナル手ぬぐい(10名)

 Reluxサポーターエントリーの締め切りは2017年9月10日(日)。詳細は専用サイト( https://rlx.jp/ambassador )まで。


●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集

[NB CHAMPIONSHIP U-13]鹿島アントラーズつくばの強力ボランチ、下田が大会MVPに(4枚)

元の記事へ移動

大会MVPに選出されたMF下田栄祐
[7.24 NB CHAMPIONSHIP U-13決勝 鹿島つくばJY 2-1 鹿島JY 時之栖裾野E1]

 Jアカデミー、中体連、街クラブの強豪25チームが優勝を争った全国大会級のU-13大会、「newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2017」は24日、決勝戦を行い、鹿島アントラーズつくばジュニアユースと鹿島アントラーズジュニアユース(ともに茨城)が対戦。MF佐藤雄とFW太田凱翔のゴールによって2-1で鹿島つくばJYが勝ち、初優勝を飾った。なお、大会MVPには鹿島つくばJYのMF下田栄祐が選出されている。
▼関連リンク
【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-13/2017

ユニバーシアード代表、明治大FW木戸から筑波大MF戸嶋に変更へ

元の記事へ移動

 全日本大学サッカー連盟は25日、8月19日から台湾で行われる第29回ユニバーシアード競技大会に参加するユニバーシアード日本代表において、FW木戸皓貴(明治大4年=東福岡高)が怪我のため、バックアップメンバーのMF戸嶋祥郎(筑波大4年=市立浦和高)へ変更すると発表した。

 木戸は左膝前十字靭帯損傷から今年5月に復帰も再離脱しており、総理大臣杯予選(アミノバイタルカップ)を欠場し、ボールは蹴ることはできるものの実戦からは離れている状況。7月中旬に行われた同代表の合宿では招集されるもプレーせず。それでも本大会出場へ意欲をみせ、ここからコンディションを上げていくつもりでいたが世界大会を逃す形となってしまった。

 なお、同代表の宮崎純一監督は負傷中の木戸の代表招集について「(7月中旬に)合宿があるので、バックアップの選手も含めて状況を見て、(負傷中の)重廣も木戸にも合宿には参加してもらい、二人と話をして、様子をみながら最終的にチェックしたい」と語り、ぎりぎりのメンバー変更に含みを持たせていた。

 今月19日の最終エントリーで一名の変更。結果的に負傷中のMF重廣卓也(阪南大4年=広島皆実高)はチームへ残ったものの木戸は外れて、合宿を通じて好アピールを続けていた戸嶋を招集することになった。

意地の一発叩き込んだMF遠藤渓太、2戦連発と結果を残す(4枚)

元の記事へ移動

左サイドハーフの位置に入ったMF遠藤渓太(横浜FM)
[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。

3戦連発ならずも…攻撃の潤滑油となったFW小松蓮(4枚)

元の記事へ移動

後半開始からピッチに送り込まれたFW小松蓮(産業能率大)
[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。

爆発的な加速で得点演出、右サイドの切り込み隊長DF藤谷壮(4枚)

元の記事へ移動

右サイドを駆け上がってクロスを供給するDF藤谷壮(神戸)
[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。

はね返すだけじゃない…ゴールも狙うハイタワーDF板倉滉(4枚)

元の記事へ移動

右足から正確なパスを供給するDF板倉滉(川崎F)
[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。

中1日での厳しい3連戦…最後まで戦い抜いたU-20代表戦士たち(20枚)

元の記事へ移動

正確なクロスを供給するDF舩木翔(C大阪)
[7.23 AFC U-23選手権予選第3戦 U-20日本 1-2 U-22中国]

 U-20日本代表は23日、AFC U-23選手権予選第3戦でU-22中国代表と対戦。前半40分に中国に先制を許した日本は同アディショナルタイムに追加点を献上し、前半だけで2点のリードを許してしまう。後半9分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で1点差に詰め寄ったが、1-2で敗れた。