指揮官「選手はショックを受けている」U-16女子代表、韓国に敗れて3位決定戦へ

元の記事へ移動

 U-16日本女子代表は20日、AFC U-16女子選手権タイ2017の準決勝でU-16韓国女子代表と対戦し、1-1のまま突入したPK戦の末、PK2-4で敗れた。日本は来年開催されるU-17女子W杯ウルグアイ2018への出場権を懸け、23日の3位決定戦でU-16中国女子代表と対戦する。

 日韓対決で先手を取ったのは日本だった。ハーフタイム明けに投入されたFW田中智子が後半のキックオフ直後に独力でゴール前に運び、シュートを突き刺す。しかし、追加点のチャンスを生かせずにいると、同20分に同点弾を献上。1-1のままPK戦となり、PK2-4でファイナル進出を逃した。

 楠瀬直木監督は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「後半に先制しながらも追加点が取れなかったことが大きい」と敗因について言及。3位決定戦に向け、「選手たちはショックを受けているが、切り替えて準備をし、次の試合に集中して臨みたいと思います」と話した。

以下、試合結果

U-16日本女子代表 1-1(PK2-4) U-16韓国女子代表

▽得点
46分:田中智子(U-16日本女子代表)
65分:失点(U-16韓国女子代表)

▽スターティングメンバー
GK:福田史織
DF:富岡千宙、松田紫野、長江伊吹、善積わらい
MF:伊藤彩羅、木下桃香、中尾萌々、山本柚月
FW:大澤春花、瀧澤千聖

▽サブメンバー
GK:山下莉奈、大場朱羽
DF:渋谷巴菜、新井美夕、後藤若葉
MF:中江萌、岩井蘭、石田千尋、渡邊凜
FW:加藤もも、田中智子、百濃実結香

▽交代
HT:大澤春花→田中智子
72分:山本柚月→岩井蘭

【FChan TV #61】ネイマール、PSG移籍に”黒幕”の存在? 市場を激変させた290億円の真相とは<欧州高額移籍特集>

元の記事へ移動

U-17W杯メンバー発表会見のインターネットライブ配信が決定

元の記事へ移動

U-17W杯の出場メンバーが22日に発表される
 日本サッカー協会(JFA)は21日、10月6日に開幕するU-17W杯インド2017に出場するU-17日本代表のメンバー発表を、9月22日の14時(予定)から『JFA.jp』上でインターネットライブ配信することが決定したと発表した。詳細については、発表当日に『JFA.jp』のサイト上で改めて告知するとしている。

 同大会でグループEに入った日本は、10月8日の第1節でホンジュラス、11日の第2節でフランス、14日の第3節でニューカレドニアと対戦する予定。各組の上位2チームと各組3位同士で成績上位の4チームが、16日からの決勝トーナメントに進むことになる。

以下、グループEの試合日程※日本時間

第1節
10月8日(日)
ニューカレドニア 20:30 フランス [グワーハーティー]
ホンジュラス 23:30 日本 [グワーハーティー]

第2節
10月11日(水)
フランス 20:30 日本 [グワーハーティー]
ホンジュラス 23:30 ニューカレドニア [グワーハーティー]

第3節
10月14日(土)
フランス 20:30 ホンジュラス [グワーハーティー]
日本 20:30 ニューカレドニア [コルカタ]

●U-17W杯インド2017特集ページ

[AFC U-16選手権予選]U-15日本代表vsU-15グアム代表 試合記録

元の記事へ移動

U-15日本代表の先発イレブン
【AFC U-16選手権予選】(インドネシア)
U-15日本代表 20-0 U-15グアム代表


<得点者>
[日]中野桂太6(5,19,38,54,64,73)、吉田有志4(10,32,51,62)、横川旦陽(14分)、オウンゴール(28分)、角昂志郎(60分)、佐古真礼(66分)、山内翔(70分)、青島健大(75分)、青木友佑2(80,87分)、近藤蔵波2(83,86分)

<警告>
[グ]ジョシア・ティト・サントス(25分)、ロベルト・マシュー・ニウ(64分)、ミカ・トーマス(72分)
<出場メンバー>
[U-15日本代表]
先発
GK 1 山田大樹
DF 2 半田陸
DF 3 鈴木海音
DF 4 佐古真礼
DF 22 中野伸哉
MF 5 角昂志郎
MF 6 横川旦陽
MF 7 青島健大
(75分→MF 13 近藤蔵波)
MF 8 山内翔
(70分→MF 10 成岡輝瑠)
FW 9 中野桂太
(79分→FW 11 青木友佑)
FW 18 吉田有志
控え
GK 12 佐々木雅士
GK 23 ジョーンズ・レイ
DF 14 植田啓太
DF 15 田島詳基
DF 16 田中芳拓
DF 21 菅原一真
MF 17 西川潤
MF 20 荒木遼太郎
FW 19 小塩拳生
監督
有馬賢二
▼関連リンク
【特設ページ】AFC U-16選手権2018予選

[AFC U-16選手権予選]目指すは乾+岡崎? U-15代表の「9番」中野桂太がダブルハットトリック!!

元の記事へ移動

U-15日本代表のFW中野桂太は6得点。“ダブルハットトリック”を達成した
[9.20 AFC U-16選手権予選 U-15日本代表 20-0 U-15グアム代表 インドネシア]

 どん欲にゴールを狙う姿勢は意識の賜物だった。FW中野桂太(京都U-15)はAFC U-16選手権予選の初戦となった20日のグアム戦で6得点の大爆発。「背番号9」にふさわしいダブルハットトリックの大活躍で、チームに初戦白星をもたらした。

 元よりテクニックには定評のあるレフティーである。変幻自在のボールタッチから相手DFをあざむいて抜き去るプレーは天下一品。逆に言えば、「ボールを持ってナンボ」というタイプの選手である。ゴールラッシュの口火を切った貴重な1点目も、自身のドリブルから得たFKのチャンスを自ら決めるというものだった。

「前日練習では全然入らなかったんですけれど、木村浩吉団長から『そんなギリギリばかり狙わないで、まず枠内を狙ってみろよ』と言われて、それを意識して蹴りました。相手のGKもそんなに良くないので、無理して難しいシュートを蹴る必要はなくて、枠内に入れるだけで良かった。うまく枠に入って良かったです」(中野桂)

 国際試合のプレッシャーもある中で「枠に飛ばすだけ」というのは言うほど簡単ではないが、「周りは硬くなっている感じもありましたけれど、自分は別にそうでもなかった」という図太さを発揮しての冷静沈着なゴール。その後もクロスボールに合わせて2点目、ドリブルシュートで3点目、自ら奪ったPKから4点目と5点目を奪い取った。

 ただ、中野桂は一番気に入っているゴールは、シュートをGKが弾いたこぼれ球に詰めた6点目なのだと言って笑う。「(こぼれ球に詰めるような)そういうタイプじゃなかったんです。前はストライカー的じゃないところがあって、そこが自分の課題だった」と言う。

「確かにテクニックのところはもっと伸ばしていきたいんですけれど、それだけじゃなくて、もっとストライカーの能力も上げていかないといけないと思っていて、ああいう(こぼれ球に詰めるような)プレーはずっと意識するようにしてきた。それがここで出せたので、一番うれしいゴールでした」(中野桂)

 タイプ的には乾貴士(エイバル)のような選手がFWをやっているイメージだったが、本人が新たに身に付けようと意識しているのは岡崎慎司(レスター)のような泥臭いまでのゴールハンティング。その成果が少し出た形がダブルハットトリックという結果だった。

 もちろん、その満足に浸っている気はない。2トップを組んだFW吉田有志(C大阪U-15)も4得点を決めたが、得点数で中野桂に負けたことを本気で悔しがり、残る2戦で「絶対に追い抜きたい」と意気込んでいたし、途中出場のFW青木友佑(FC東京U-15深川)は短い時間で2点を決めてみせた。FW間の競争は激烈。中野桂はダブルハットトリックという結果に満足することなく、「負けてられないですよ」と残る2試合でのさらなる活躍を誓っていた。

(取材・文 川端暁彦)
▼関連リンク
【特設ページ】AFC U-16選手権2018予選

[AFC U-16選手権予選]日韓W杯世代の「02ジャパン」、大量20得点の記録的白星発進!

元の記事へ移動

U-15日本代表が記録的大勝で初戦を飾った
[9.20 AFC U-16選手権予選 U-15日本代表 20-0 U-15グアム代表 インドネシア]

 9月20日、AFC U-16選手権予選グループJの初戦がインドネシアのウィバヤ・ムクティ・スタジアムで行われた。日本はFW中野桂太(京都U-15)のダブルハットトリックなどでグアムに20-0の記録的大勝。初戦を白星で飾るだけでなく、得失点差でも大きなアドバンテージを得ることとなった。

 ただ、試合前のウォーミングアップや選手入場の時点では日本イレブンの動きや表情には少し硬さも見られた。MF横川旦陽(湘南U-15)が「ADカードのチェックとか今までやったことのないことばかりで、多少緊張してしまった」と振り返ったように、初めて体験する国際大会の公式戦だから無理もない。だがそれも、最初の得点が入るまでの話だった。

 前半5分だった。ペナルティーエリアの手前でファウルを受けた中野桂が自らFKでゴールを狙う。得意の左足から放たれたボールは「枠内に入れることだけ意識した」(中野)と言うとおりに枠内に収まり、最初のゴールとなった。そして、「1点目でみんな(気持ちが)ラクになった」(FW吉田有志=C大阪U-15)。

 続く10分にはその吉田がMF山内翔(神戸U-18)のパスから追加点を奪うと、14分には中野桂のCKから横川が「実は得意」だと言うヘディングシュートを決めて早くも3点のリードを奪う。さらに19分にはMF角昂志郎(東京武蔵野シティFC U-15)のクロスから中野桂が押し込み、28分にはDF中野伸哉(鳥栖U-15)の高速クロスがオウンゴールを誘発し、32分にはMF青島健大(清水JY)のスルーパスから再び吉田が決め、さらに38分にはまたしても中野がハットトリックとなるショートドリブルからの左足シュートを突き刺し、7-0。前半で勝負は完全に決まった。

 だが、最後に得失点差がモノを言う可能性があるのがリーグ戦である。グアムの戦意が落ちているのは明らかだったが、日本側の得点意欲に衰えは見られない。後半11分に青島のパスから吉田がこちらもハットトリックとなるシュートを決めると、そこから再びゴールラッシュ。中野がPK2本を含む3ゴールでダブルハットトリックを完成させたほか、吉田の4点目、抜け出した角のシュート、こぼれ球に詰めた青島の得点、CKからの190cmDF佐古真礼(東京Vジュニアユース)のヘッドと次々とゴールネットを揺らしていった。

 さらに先発組の爆発に触発された交代組も爆発。後半30分に途中投入となったMF近藤蔵波(C大阪U-15)と同じく34分に投入されたFW青木友佑(FC東京U-15深川)の両アタッカーが、短い時間ながらそれぞれ2得点を奪い取る。最後は「湘南スタイル」だという横川のダイナミックな飛び出しからの折り返しを、唯一の中学2年生である左SBの中野伸が鮮やかに決めて、記録的なゴールラッシュを締めくくり、全部で20ゴール。日韓W杯が行われた2002年以降に生まれた選手たちで構成されるU-15日本代表「02ジャパン」は、圧倒的な勝利で初めての公式戦を白星で終えることとなった。

「積み上げたものを出そうと言ってきた中で、選手たちが本当に一所懸命にやってくれた」と有馬賢二監督が振り返ったとおり、最後まで気の抜けたプレーも見せることなく、まさに完勝となった。

 中1日を挟み、次の相手は初戦でマレーシアに1-6の大差で敗れたシンガポールとなる。1位抜け以外は確実な突破が保証されないレギュレーションだけに、初戦大勝と言ってもまだまだ安心はできない。「選んだ23人全員のことを信頼している」と語る指揮官が示唆したとおり、メンバーを刷新して臨むこととなりそうだが、代わって出る選手たちの奮起は、チームの競争力向上にそのまま繋がっていく要素。「俺もいるぞ!」というプレーを見せてくれる選手が出てくることを期待したい。

(取材・文 川端暁彦)
▼関連リンク
【特設ページ】AFC U-16選手権2018予選

日本代表応援ソングがウカスカジーの『勝利の笑みを君と』に決定!

元の記事へ移動

日本代表応援ソングがウカスカジーの『勝利の笑みを君と』に決定!
 日本サッカー協会(JFA)は20日、日本代表応援プロジェクト『夢を力に 2018』において、JFA公認サッカー日本代表応援ソング(テーマソング)がウカスカジーの「勝利の笑みを君と」に決定したことを発表した。

 ウカスカジーとは、ミュージシャンの中でも無類のサッカー好きとして有名なMr.Childrenの桜井和寿とGAKU-MCによるユニット。2014年ブラジルW杯の際にも日本代表応援ソングを制作していた。

 JFAを通じて、「日本代表、本大会出場おめでとうございます。サッカーファンとして本当に嬉しく思っております。これからもサッカーを愛する音楽人の一人として応援させて頂きます。頑張れ 日本代表。みんなで一緒に応援しましょう」とウカスカジーとしてコメントしている。

●ロシアW杯アジア最終予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧