『通算データ』☆2015年データランキング!- サガン鳥栖

元の記事へ移動



[サガン鳥栖データランキング と Jリーグの醍醐味 そしてマガト…]

12月に入って、まだまだJリーグと鳥栖から目が離せませんね。

チャンピオンシップ(CS)は、サンフレッチェ広島が優勝。いやぁ強かったですね。ガンバ大阪も良いサッカーしてました。個人的には、広島の「ポゼッション+カウンター」のバランスサッカーがメリハリがあって素晴らしかったなと。2シーズン制が復活して複雑なレギュレーションに賛否両論ありましたが、リーグではなかなか見れない本当のガチンコ総力戦が見れて楽しかったです。いつか、あの舞台で躍動するサガン鳥栖を見てみたいですね。

そして、翌日はJ1昇格プレーオフ。
こちらも一発勝負のガチンコ総力戦。ニュース等で最強3位と言われていたアビスパ福岡…
最強3位は伊達じゃなかったですね。勢いでなく完璧に実力で勝ち取った昇格のように思えました。来シーズン遂に日本最高峰リーグ。J1でのダービーです。楽しみですね。

そうこうしてたら…
ニュースで「マガト氏、8日に来日」 どうなるのでしょうか。推移を見守るしかないですね。何か話題は、マガト氏一色なりそうな予感。話題に事欠かない鳥栖。しかし、来シーズンの事は一旦置いといて…

天皇杯のガンバ大阪戦が近づいてきました。森下監督のもと今季の締めとして、行けるとこまで突っ走ってほしいです。たまに北部グランドに練習を見にいったりしますが、「森下監督とてもいい人」に思える(笑)。個人的な感想を述べますと、監督よりもコーチ向きではないかと… 10月頃までは「もう何だか…」でしたが… 2ndステージの後半はプロビンチャ(※イタリア語で規模が小さい地方都市のスポーツクラブ) らしい果敢な戦い方で好感を持ってます。

さて、前置きがだいぶ長くなりましたが、本題です。
これまで、2015年J1リーグのトラッキングデータを蓄積してきました。そのまとめとして、今回は、サガン鳥栖における「走行距離」、「スプリント回数」、「出場時間」の合計をランキング形式で発表したいと思います。使用するデータはこれまで蓄積してきた、Jリーグ公式サイトに公開されているトラッキングデータを活用します。

まずは、今シーズンのサガン鳥栖トラッキングデータサマリをどうぞ

■2015年 サガン鳥栖トラッキングデータサマリ

①トラッキングデータサマリ(チーム)

・チーム平均の走行距離は、1試合当たり「8.19km」
・チーム平均のスプリント回数は、1試合当たり「10回」
この数値が、以降のランキングを見るにあたっての目安となりそうです。

各種ランキングは↓↓ 2ページ目以降へ

『通算データ』2015観客動員数を見る!@ベアスタ マガト!?

元の記事へ移動

[2015年J1リーグ 完結! + 天皇杯 + マガト?]
2015年J1リーグのサガン鳥栖。リーグ全節終了(34試合)して年間順位11位。 巷では、「チャンピオンシップ(CS)」や「J1昇格プレーオフ」と… まだまだJリーグから目が離せませんね。特にCSの決勝の方は、鳥栖が天皇杯準々決勝で対戦する「ガンバ大阪」が「サンフレッチェ広島」と対戦しています。昨日のファーストレグは、サンフレッチェ広島が3-2で劇的勝利。

また、J1昇格プレーオフの決勝は、お隣のアビスパ福岡… J1昇格なるのでしょうか。どことなく気持ちがざわついているところです。

そうこうしてたら…
今朝ニュースで、来期監督はマガト!? 契約ごとなので最後の最後まで予断を許さない状況というところでしょうか。今の時点では、推移を見守るしかないですね。

さて、本題に戻りまして…
今季の鳥栖としては、天皇杯を残していますが、J1リーグは全節終了。ちょうどキリも良いかと思い、 今回は、2015年ベアスタ観客動員数(入場者数)データを見ていきたいと思います。また、以降にあるグラフについて、内容説明は行っていますが、見解は、記事を読まれている皆様にゆだねたいと思います。一応、記事へコメントができるようにしました。書いてくださる方はいらっしゃるのかな… 活用するデータは、Jリーグ公式サイト(jleague.jp)に公開されている「通算データ」を使用します。

それでは、始めます!!

『J1リーグ完結』2015観客動員数を見る!@ベアスタ マガト!?
1.2015年 前年比平均入場者数サマリ@ベアスタ

①2015平均入場者数(サマリ)

PCはクリックで拡大。スマホ・タブレットはスワイプで拡大。

上は、J1リーグでのサガン鳥栖ホームゲームの2015年と2014年の平均入場者数数です。前年度との比較差異で2014年から「-685」人の減少となっています。今シーズンの順位で減少が1000人未満というのは、まずまずという所でしょうか。 おっと… 見解は、読んでくださっている皆様にゆだねます。
2.2015年 入場者数推移@ベアスタ
②2015平均入場者数(推移)

PCはクリックで拡大。スマホ・タブレットはスワイプで拡大。

上は、2015年J1リーグでのサガン鳥栖ホームゲームの試合別入場者数推移です。1万人を下回った試合の数値は赤色表記してます。入場者数の増減は、順位・勝敗にはあまり関係がなさそうに見えます。開催月や曜日に関係しているように見えます。下に参考として2014年もつけておきます。

【参考】 2015年 入場者数推移@ベアスタ
③2014平均入場者数(参考)

2014年も合わせてみると試合月と曜日に関係があるように見えます。2014年と2015年の1万人未満の試合をピックアップしてみます。

1万人未満ホームゲーム
◆2014年4月12日(土) .vs 甲府  鳥栖順位:前々節03位、入場者数:8,276人
◆2015年4月12日(日) .vs 山形  鳥栖順位:前々節03位 入場者数:8,852人
◆2015年4月25日(日) .vs 柏    鳥栖順位:前々節05位 入場者数:9,242人
◆2015年7月15日(日) .vs F川崎 鳥栖順位:前々節05位 入場者数:9,242人
◆2015年9月26日(土) .vs 甲府   鳥栖順位:前々節14位 入場者数:9,672人

こうしてみると甲府戦と日曜開催で1万人を切っています。また、4月に入場者数が伸びない傾向にあります。逆に1万人以上で高い数値を示している試合は、ゴールデンウィーク、夏休み期間といったところと重なっているように見えます。

ここから以降は、これまでのグラフ数値の傾向に沿った分析用グラフになります。ダイジェストでつけておきます。じっと見ていくと、これまでの傾向だけでなく他にも見えてくるものがあるかもしれません。

3.前年度比 曜日別平均入場者数@ベアスタ

※グラフ中にある点線は各年度の平均入場者数を表しています。青:2014年、赤:2015年

④2014平均入場者数(参考)

3.前年度比 月別平均入場者数@ベアスタ

※グラフ中にある点線は各年度の平均入場者数を表しています。青:2014年、赤:2015年

⑤2014平均入場者数(曜日)

4.前年度比 対戦チーム別平均入場者数@ベアスタ

※ちょっと見づらいですが、ご容赦を。

⑥2015平均入場者数(対戦チーム別)

5.最後に
今回は観客動員数について見てきました。本気で分析をやるには、本業との兼ね合いでデータや時間が不足していて。また今度、時間があるときにじっくり見ていこうと思っています。もし、お隣がJ1昇格をはたした場合の入場者数がどう変化するのかも興味深いところです。次回からは、「2015年の各種データランキング」や「天皇杯の予想・展望」、「スタジアムについて」等をお届けしたいと考えています。

栄光を掴むのは1クラブのみ。過去のJ1昇格プレーオフを振り返る

元の記事へ移動

長きに渡るJ2も最終節が終了し、J1昇格プレーオフを残すのみとなった。導入されて今年で4年目となるが、すでに様々なドラマが起こっている。今回は、過去のJ1昇格プレーオフを振り返ろう。果たして、J1昇格の切符を掴み取るのはどのチームか。