18シーズンJリーグクラブライセンス判定の発表日程が決まる

元の記事へ移動

クラブライセンスの発表スケジュールが決まった
 Jリーグが、18シーズンのクラブライセンス判定結果を発表するスケジュールを発表している。

 17シーズンにJ1、J2もしくはJ3に所属するクラブで、J1およびJ2ライセンスを申請したクラブの判定結果は9月26日。

 17シーズンに日本フットボールリーグ(JFL)に所属しているJリーグ百年構想クラブで、J3ライセンスを申請しているクラブの判定結果は9月28日。

 17シーズンにJ3に所属するクラブのJ3ライセンスの判定結果は、10月24日に発表となる。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

途中出場43秒弾!!堂安のオランダ初ゴールは貴重な逆転弾

元の記事へ移動

MF堂安律がオランダ移籍後初ゴールを決めてチームを逆転勝利に導いた
[9.21 オランダ杯1回戦 ヘラクレス2-4フローニンゲン]

 21日に行われたオランダ杯の1回戦の敵地で行ったヘラクレス戦で、フローニンゲンのMF堂安律が移籍後初ゴールを決めた。

 ベンチスタートとなった堂安だが、1-1で折り返した後半開始から途中出場。するとすぐのプレーでFWミムン・マヒからのリターンパスを受けてゴール前に抜け出すと、左足で落ち着いてGKの股下を抜くシュートを蹴り込み、逆転弾を決めた。出場から43秒後の出来事だった。

 その後も堂安は切れ味鋭いドリブルでチャンスを演出。セットプレーのキッカーも務めるなど、後半だけで3得点を奪ったチームのリズムを作った。試合は4-2でフローニンゲンが逆転勝ちを収めている。

 堂安は今夏の移籍でG大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。しかしエールディビジ開幕戦のヘーレンフェーンこそ先発出場したが、その後の試合はベンチスタートが多く、出場機会はなかった。カップ戦とはいえ、移籍後初ゴールで結果を残せたことは、レギュラー奪取へ向けた明るい材料と言えそうだ。

●海外組ガイド

[9月22日 今日のバースデー]

元の記事へ移動

Japan
MF山瀬功治(京都、1981)*積極果敢なドリブル突破と高い得点能力を誇る攻撃的MF。
MF蔵田岬平(沼津、1990)*関西国際大時代には関西学生リーグ2部で2年連続得点王に輝いたMF

World
GKマールテン・ステケレンブルフ(エバートン、1982、オランダ)*読みと足もとのテクニックを誇るGK。元オランダ代表。
DFチアゴ・シウバ(パリSG、1984、ブラジル)*空中戦と対人プレーで強さを発揮するCB。

Former
MFダビド・ビスコンティ(元横浜FMほか、1968、アルゼンチン)*元アルゼンチン代表の技巧派MF。
MFエマニュエル・プティ(元チェルシーほか、1970、フランス)*元フランス代表のセンターハーフ。1998年W杯、2000年欧州選手権の優勝メンバー。
FWロナウド(インテルほか、1976、ブラジル)*怪物と呼ばれたストライカー。2002年W杯得点王、1996、97、2002年に世界年間最優秀選手に輝いた。
FWハリー・キューウェル(元リバプールほか、1978、オーストラリア)*17歳でオーストラリア代表デビューしたアタッカー。切れ味鋭いドリブルが持ち味。

Others
石井竜也(ミュージシャン、1959)
萱野稔人(哲学者、1970)
ボブ・サップ(格闘家、1974)
渋谷すばる(関ジャニ∞:アイドル、1981)
北島康介(水泳、1982)
今井絵理子(政治家、1983)
成田童夢(スノーボード、1985)
美波(女優・モデル、1986)

ついにチェルシー発表…D・コスタがアトレティコ移籍で合意

元の記事へ移動

チェルシーがFWジエゴ・コスタのアトレティコ移籍合意を発表
 チェルシーは21日、FWジエゴ・コスタ(28)がアトレティコ・マドリーに移籍することで合意に至ったとクラブ公式サイトで発表した。あとは個人条件での合意と、メディカルチェックをパスすれば移籍は完了するという。

 D・コスタは2014年夏までアトレティコでプレーしており、手続きが完了すれば3シーズンぶりの古巣復帰となる。移籍合意については同日にスペイン『アス』など複数メディアから報じられており、移籍金はボーナスを含めて6000万ユーロ(約80億円)、契約期間は2021年までの4年間と見られている。

 アントニオ・コンテ監督の構想外となり、今夏の移籍が濃厚と思われていたD・コスタだが、移籍市場の最終日までに新天地が見つからず、チェルシーに残留が決まっていた。

 なお、アトレティコは国際サッカー連盟(FIFA)から選手登録禁止処分を科されているため、D・コスタは来年1月まで試合に出場できない。報道によると、プレー可能になるまでディエゴ・シメオネ監督とコーチングスタッフの下でトレーニングを行っていくようだ。

●欧州移籍情報2017-18
●プレミアリーグ2017-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集