サンチェス、マンUでプレミア1位の高給取りに。上位はマンチェスター勢が独占

元の記事へ移動

ヘルタFW原口元気、デュッセルドルフにレンタル決定!! 宇佐美貴史と同僚、ライバルに

元の記事へ移動

デュッセルドルフへの期限付き移籍が決まったFW原口元気(写真はデュッセルドルフのインスタグラム公式アカウントより)
 ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフは23日、ヘルタ・ベルリンFW原口元気を期限付き移籍で獲得したと発表した。国内最大の邦人街を拠点とする同クラブにはFW宇佐美貴史も所属しており、2人の日本人ウインガーが共にロシアW杯を目指す。

 クラブの公式ツイッターは同日、原口が赤白のユニフォームを掲げた姿や、メディカルチェック中の写真を掲載し、期限付き移籍での加入を電撃発表。投稿によると、契約期間は6月30日までとなっており、背番号は25に決まった。

 ヘルタでの3シーズン目を迎えた原口は今季、クラブとの契約更新を行わなかったことで出場機会が激減。ブンデスリーガでは先発2試合、途中出場5試合にとどまり、移籍が確実視されていた。ドイツ紙は有力な移籍先として国内のブレーメンをはじめ、古巣の浦和レッズなどをピックアップしていたが、2部クラブを新天地に選んだ。

 なお、ヘルタは同日、原口との契約期間を延長したと発表している。

●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド

いよいよ移籍間近か…FW原口元気が練習離脱、ヘルタ公式「今後のキャリアを確定させるため」

元の記事へ移動

移籍間近とみられるヘルタ・ベルリンFW原口元気
 FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは23日、公式ツイッター(@HerthaBSC)を更新し、原口が「今後のスポーツキャリアを確定させるため」に練習を離脱していると発表した。

 原口は今季、クラブとの契約更新を行わなかったことをきっかけに出場機会が激減。序盤こそ第5節までは4試合に途中出場したが、スタメンに入ったのは第7、8節の2試合のみ。第8節シャルケ戦で一発退場してからは、第17節でピッチに立っただけだった。

 これに伴い、今冬の移籍が現実的。ドイツ紙はこれまで移籍先として、同じブンデスリーガのブレーメンをはじめ、古巣の浦和レッズ、イングランドのクラブなどを挙げている。

 ヘルタ公式は現地時間の同日午前、練習中の画像を公開。他の選手の負傷状況とともに、原口の近況を伝えた。

●ブンデスリーガ2017-18特集
●海外組ガイド

「東京五輪を目指す」…“FIFAマスター”大滝麻未をFIFAが特集、新シーズンは横浜FCシーガルズへ

元の記事へ移動

ニッパツ横浜FCシーガルズに加入することが決まったFW大滝麻未
 国際サッカー連盟は23日、元日本女子代表FW大滝麻未(28)の特集記事を発表した。同選手は昨年7月、FIFAマスターを修了。今月22日、なでしこ2部ニッパツ横浜FCシーガルズへの加入が発表されていた。

 横浜FCの前身にあたる横須賀シーガルズFC出身の大滝は2011年、早稲田大在学中にユニバーシアード中国大会に出場し、大会得点女王を獲得。その後、トライアウトを経てフランス・リヨンに加入し、2012年にはUEFA女子チャンピオンズリーグで優勝を果たした。

 その後、日本国内で初めてのプロクラブとなった浦和レディース、ランス・EAギャンガンに所属したが、15年に現役を引退。FIFAマスターを受講した後、パリFCで現役に復帰し、再びピッチに戻ってきていた。

 記事では、FIFAマスターの受講の契機や総括が述べられており、「スポーツ業界で成功するために必要な知識が詰め込まれていました」と絶賛。今後のキャリア形成については「2020年の東京五輪で代表になることを目指す」と意気込んでいる。

●なでしこリーグ2017特設ページ

新戦力ムヒタリアンの気になる点!? ベンゲル「彼に短所があるとしたら…」

元の記事へ移動

アーセナルに加入したMFヘンリク・ムヒタリアン
 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、FWアレクシス・サンチェスとのトレードでに加入したMFヘンリク・ムヒタリアンに大きな期待を寄せつつ、一つ物足りない部分があることを明かしている。英紙『ミラー』が伝えた。

「ヘンリクは非常に完成された選手だよ。チャンスを生み出す力もあるし、守備もうまい。非常に献身的だし、あらゆる能力を備えた選手と言っていい」

 29歳のアルメリア代表の能力を絶賛するベンゲル監督は、ピッチ外でもチームに与える影響は大きいとしている。「彼は経験のある選手だ。我々のベンチには若い選手が多いが、彼らをまとめ上げるような存在が必要なんだ」。

 一方で「彼に短所があるとしたら…」と答えると、「少々ゴールが足りないところかもね」と続けた。プレミア初年度となった昨季は24試合4得点、2年目の今季は15試合1得点のムヒタリアン。一方、放出したサンチェスは昨季38試合24得点、今季19試合7得点を記録しており、ムヒタリアンの得点力には少々物足りなさを感じているようだ。

「だが、その点もドンドン良くなるはずだ。彼がキャリアでどれだけのゴールを決めてきたかを見れば、その数字に驚かされるだろう」。指揮官の期待に応えるような結果を、ムヒタリアンは残すことができるだろうか。

●プレミアリーグ2017-18特集