米経済誌がアスリートのブランド価値ランキング発表…Cロナウドが8位、メッシはトップ10外

元の記事へ移動

米経済誌がアスリートのブランド価値ランキング発表…Cロナウドが8位、メッシはトップ10外
 アメリカの経済誌『フォーブス』が、世界で最もブランド価値のあるアスリート選手のランキングを発表した。サッカー界からはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)が、1600万ドル(約19億2600万円)で8位にランクイン。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)はトップ10から外れた。

 全アスリートの中で1位はゴルフのタイガー・ウッズで3000万ドル(約36億円)。2位も同じくゴルフのフィル・ミケルソンで2800万ドル(約33億7100万円)、3位はテニスのロジャー・フェデラーとプロバスケット(NBA)のレブロン・ジェームズの2700万ドル(約32億5000万円)だった。

 5位にクリケットのインド代表のマヘンドラ・シン・ドーニがランクイン。陸上短距離のウサイン・ボルトを上回った。

以下ランキング
1位 タイガー・ウッズ(ゴルフ) 3000万ドル(約36億円)
2位 フィル・ミケルソン(ゴルフ) 2800万ドル(約33億7100万円)
3位 レブロン・ジェームズ(NBA) 2700万ドル(約32億5000万円)
3位 ロジャー・フェデラー(テニス) 2700万ドル(約32億5000万円)
5位 マヘンドラ・シン・ドーニ(クリケット) 2100万ドル(約25億2900万円)
6位 ウサイン・ボルト(陸上) 1800万ドル(約21億6800万円)
6位 ケビン・デュラント(NBA) 1800万ドル(約21億6800万円)
8位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー) 1600万ドル(約19億2600万円)
9位 ローリー・マキロイ(ゴルフ) 1200万ドル(約14億4500万円)
10位 フロイド・メイウェザー(ボクシング) 1150万ドル(約13億8500万円)

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

[選手権]大会応援歌はBLUE ENCOUNTの「はじまり」に決定

元の記事へ移動

 第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌が4人組のロックバンド「BLUE ENCOUNT」の『はじまり』に決まった。大会公式サイトによると、4人は「すべての夢を追いかけているみんなに共通するテーマの楽曲になったと思います。 僕らも同じく夢を追いかける者として、自分達の曲で選手の皆さんやその姿を応援しているたくさんの方々を精いっぱいサポート出来ればと思っています」とコメントしている。

以下、歴代応援歌
第84回大会 コブクロ 「Starting Line」
第85回大会 絢香 「Start to 0(Love)」
第86回大会 RIP SLYME with MONGOL800 「Remember」
第87回大会 いきものがかり 「心の花を咲かせよう」
第88回大会 FUNKY MONKEY BABYS 「明日へ」
第89回大会 WEAVER 「キミノトモダチ」
第90回大会 ナオト・インティライミ 「Message」
第91回大会 miwa 「ホイッスル~君と過ごした日々~」
第92回大会 GReeeeN 「僕らの物語」「僕らは物語」
第93回大会 大原櫻子 「瞳」

[選手権]大会応援歌はBLUE ENCOUNTの「はじまり」に決定

元の記事へ移動

 第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌が4人組のロックバンド「BLUE ENCOUNT」の『はじまり』に決まった。大会公式サイトによると、4人は「すべての夢を追いかけているみんなに共通するテーマの楽曲になったと思います。 僕らも同じく夢を追いかける者として、自分達の曲で選手の皆さんやその姿を応援しているたくさんの方々を精いっぱいサポート出来ればと思っています」とコメントしている。

以下、歴代応援歌
第84回大会 コブクロ 「Starting Line」
第85回大会 絢香 「Start to 0(Love)」
第86回大会 RIP SLYME with MONGOL800 「Remember」
第87回大会 いきものがかり 「心の花を咲かせよう」
第88回大会 FUNKY MONKEY BABYS 「明日へ」
第89回大会 WEAVER 「キミノトモダチ」
第90回大会 ナオト・インティライミ 「Message」
第91回大会 miwa 「ホイッスル~君と過ごした日々~」
第92回大会 GReeeeN 「僕らの物語」「僕らは物語」
第93回大会 大原櫻子 「瞳」

「なんで俺が縁の下の力持ち」…葛藤からの脱却で開花した慶應義塾大DF久保主将

元の記事へ移動

「なんで俺が縁の下の力持ち」…葛藤からの脱却で開花した慶應義塾大DF久保主将
 DFというポジションが嫌な時期もあった。それでも悔しさをかみ締めて、ひたむきに取り組み続けたDFリーダーはJリーガーになるという幼い頃からの夢を実現させた。躍進をみせる今季の慶應義塾大でDF{久保飛翔(4年=済美高)は主将としてチームを牽引。活躍を認められると、来季のファジアーノ岡山入団を内定させた。

 幼い頃からJリーガーに憧れ続けてきた久保。かつてはFWとしてプロになる自分を描いていた。しかし、愛媛ジュニアユース所属時の中学3年生の冬に行われた高円宮杯U-15全日本ユース(U-15)選手権でFWからDFへコンバートされる。DFに初挑戦した当時を振り返った久保は「酷かったと思いますよ」と苦笑する。

 済美高へ進学後もDFとしてプレーすることがほとんどだったが、「高校2年生くらいまではFWがやりたかった。監督とすごいケンカとかもしましたし、『なんで俺がDFやらなきゃいけないの』くらいの勢いで思っていたので。僕も若かったので、その時期はCBに対して前向きに取り組めていなかったです」と明かす。

 花形ともいえるFWに対して、一見して地味に見えるDF。「FWが点を取ってチヤホヤされる。なんで俺がCBで縁の下の力持ちみたいな役割をしないといけないんだと内心すごく思っていたんです」と当時の心境を語った。

 しかし、高校3年間を通じてCBとしてプレーした結果、十分な自信もつき、主将としてプレーしていた久保にはCBに必要な素質である責任感やリーダーシップが誰よりも身についていた。自分自身も知らぬ間に、葛藤から脱却した先には成長が待っていたのだ。

 大学進学後、公式戦デビューとなった2年生時の前期リーグ第2節・早稲田戦は、先発するもハーフタイムで交代。「サッカーをやってきて、今まで色々な経験をして、思い出もありますけど。あれ以上に辛い経験はない」と苦笑して振り返るような試合もあった。それでも慶應義塾大の4年間で手応えをつかんだ今は、考えが180度変わったようだ。

 「今は誇りを持っていますね」とDFとしての自分に胸を張った久保は「一番面白いポジションなんじゃないかというくらいに思っています。チーム全体が見渡せて、自分が思うように周りの選手を動かして守備ができて。CKから点を取れるチャンスもありますし。すごい責任感もあるポジションで自分の性格にも向いているので」と力を込めた。

 慶應義塾大でよりフィジカルを鍛え、4年目の今季は主将として約120名の部員を率いる。責任感ある久保の人間性を象徴する出来事がある。前期リーグの第6節・明治大戦(2-1)。試合2日前の練習で脳震盪を起こした影響からメンバー入りを外れた久保は、ロッカールーム付近を何度も行き来しながら、「こういう時しか出来ないので」と笑顔でせわしなく、いつもとは違うピッチ外の“仕事”をこなしていた。

 須田芳正監督は「久保はキャプテンなのでチームをまとめる役割がある。部員が約120人いるので、全体を同じ方向に向けるというのを考えると、彼はトップチームの練習だけではなく、B・Cチ-ムの練習にも出て、指導したりしています。120人を同じベクトルに向けるために、彼は本当に一生懸命にやっていて。チームスローガンの『一丸』となって戦える集団になっているんじゃないかな」と評価を語った。

 その人間性は岡山からも高く評価されている。入団内定にあたり、クラブからは186cmの高さを生かしたヘディングの強さや対人プレーの強さはもちろんのこと、人間性の部分。中でも考えて練習へ取り組む姿勢や、試合中の辛いときにこそ声を出す姿が評価されたという。「プレーよりも人間性を評価してもらえたというのは嬉しいです」とDFは微笑んだ。

 愛媛という地でプロ入りを目指し続けていた高校時代を振り返った久保は「あまりスカウトの人とかに見てもらえる機会は少ない中で、少しでもその人たちの目に止まらないといけない。スパイクの色もできるだけ派手な色にしようと色々考えていました」と明かす。

 今回はオレンジ色にストライプ柄が目を引く、アンダーアーマー製スパイク「クラッチフィット」を履いたが、「履いた感じですごくフィット感があって。足にも合っていて。しっかりと踏ん張ることもできますし、無理な姿勢で踏ん張っても耐えてくれるスパイクですね。ボールを蹴ったときに飛んでくれるというか、インパクトもすごく良くて。足を入れた瞬間にあっ、すごくいいスパイクだなと。一気に一目惚れというか、これを履きたいなと思いました」と感想を口にした。

「FWをやっているときは軽いスパイクを好んで履いていましたけど、CBになってからは軽さとか重さよりも、プレースタイル的に踏ん張る機会が多いので。踏ん張りが利くものや、縦横無尽に走り回るプレーに適応できるものがいいと思うようになって、これはそれに適応しているなと思います」

 今季の目標を関東大学リーグ制覇に掲げる慶應義塾大。第18節を終えて、今季初の首位に立っている。「4年間、慶應義塾大でプレーしてきて、今季が優勝には一番近いかなとも思う」と手応えを語る主将だが慢心はなく、「一番危機感もある」と言う。

「チームはたしかに好調なんですけど、次で負けてしまえば優勝争いから遠ざかるかもしれないし、好調だからとチヤホヤされても、危機感のほうが強い。危機感を持って戦えているのが上手くいっている一つの要因なのかなと思います。チームメイトと話しても危機感しかないよねと。いい意味で危機感を持っている状況ですね」

 1952年大会以来となる関東大学リーグ制覇へ。慶應義塾大の荒鷲たちを久保主将が牽引していく。夢であるJリーガーとなる前に、まずは一仕事を果たすつもりだ。

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
アンダーアーマー×ゲキサカ特設ページ

「なんで俺が縁の下の力持ち」…葛藤からの脱却で開花した慶應義塾大DF久保主将

元の記事へ移動

「なんで俺が縁の下の力持ち」…葛藤からの脱却で開花した慶應義塾大DF久保主将
 DFというポジションが嫌な時期もあった。それでも悔しさをかみ締めて、ひたむきに取り組み続けたDFリーダーはJリーガーになるという幼い頃からの夢を実現させた。躍進をみせる今季の慶應義塾大でDF{久保飛翔(4年=済美高)は主将としてチームを牽引。活躍を認められると、来季のファジアーノ岡山入団を内定させた。

 幼い頃からJリーガーに憧れ続けてきた久保。かつてはFWとしてプロになる自分を描いていた。しかし、愛媛ジュニアユース所属時の中学3年生の冬に行われた高円宮杯U-15全日本ユース(U-15)選手権でFWからDFへコンバートされる。DFに初挑戦した当時を振り返った久保は「酷かったと思いますよ」と苦笑する。

 済美高へ進学後もDFとしてプレーすることがほとんどだったが、「高校2年生くらいまではFWがやりたかった。監督とすごいケンカとかもしましたし、『なんで俺がDFやらなきゃいけないの』くらいの勢いで思っていたので。僕も若かったので、その時期はCBに対して前向きに取り組めていなかったです」と明かす。

 花形ともいえるFWに対して、一見して地味に見えるDF。「FWが点を取ってチヤホヤされる。なんで俺がCBで縁の下の力持ちみたいな役割をしないといけないんだと内心すごく思っていたんです」と当時の心境を語った。

 しかし、高校3年間を通じてCBとしてプレーした結果、十分な自信もつき、主将としてプレーしていた久保にはCBに必要な素質である責任感やリーダーシップが誰よりも身についていた。自分自身も知らぬ間に、葛藤から脱却した先には成長が待っていたのだ。

 大学進学後、公式戦デビューとなった2年生時の前期リーグ第2節・早稲田戦は、先発するもハーフタイムで交代。「サッカーをやってきて、今まで色々な経験をして、思い出もありますけど。あれ以上に辛い経験はない」と苦笑して振り返るような試合もあった。それでも慶應義塾大の4年間で手応えをつかんだ今は、考えが180度変わったようだ。

 「今は誇りを持っていますね」とDFとしての自分に胸を張った久保は「一番面白いポジションなんじゃないかというくらいに思っています。チーム全体が見渡せて、自分が思うように周りの選手を動かして守備ができて。CKから点を取れるチャンスもありますし。すごい責任感もあるポジションで自分の性格にも向いているので」と力を込めた。

 慶應義塾大でよりフィジカルを鍛え、4年目の今季は主将として約120名の部員を率いる。責任感ある久保の人間性を象徴する出来事がある。前期リーグの第6節・明治大戦(2-1)。試合2日前の練習で脳震盪を起こした影響からメンバー入りを外れた久保は、ロッカールーム付近を何度も行き来しながら、「こういう時しか出来ないので」と笑顔でせわしなく、いつもとは違うピッチ外の“仕事”をこなしていた。

 須田芳正監督は「久保はキャプテンなのでチームをまとめる役割がある。部員が約120人いるので、全体を同じ方向に向けるというのを考えると、彼はトップチームの練習だけではなく、B・Cチ-ムの練習にも出て、指導したりしています。120人を同じベクトルに向けるために、彼は本当に一生懸命にやっていて。チームスローガンの『一丸』となって戦える集団になっているんじゃないかな」と評価を語った。

 その人間性は岡山からも高く評価されている。入団内定にあたり、クラブからは186cmの高さを生かしたヘディングの強さや対人プレーの強さはもちろんのこと、人間性の部分。中でも考えて練習へ取り組む姿勢や、試合中の辛いときにこそ声を出す姿が評価されたという。「プレーよりも人間性を評価してもらえたというのは嬉しいです」とDFは微笑んだ。

 愛媛という地でプロ入りを目指し続けていた高校時代を振り返った久保は「あまりスカウトの人とかに見てもらえる機会は少ない中で、少しでもその人たちの目に止まらないといけない。スパイクの色もできるだけ派手な色にしようと色々考えていました」と明かす。

 今回はオレンジ色にストライプ柄が目を引く、アンダーアーマー製スパイク「クラッチフィット」を履いたが、「履いた感じですごくフィット感があって。足にも合っていて。しっかりと踏ん張ることもできますし、無理な姿勢で踏ん張っても耐えてくれるスパイクですね。ボールを蹴ったときに飛んでくれるというか、インパクトもすごく良くて。足を入れた瞬間にあっ、すごくいいスパイクだなと。一気に一目惚れというか、これを履きたいなと思いました」と感想を口にした。

「FWをやっているときは軽いスパイクを好んで履いていましたけど、CBになってからは軽さとか重さよりも、プレースタイル的に踏ん張る機会が多いので。踏ん張りが利くものや、縦横無尽に走り回るプレーに適応できるものがいいと思うようになって、これはそれに適応しているなと思います」

 今季の目標を関東大学リーグ制覇に掲げる慶應義塾大。第18節を終えて、今季初の首位に立っている。「4年間、慶應義塾大でプレーしてきて、今季が優勝には一番近いかなとも思う」と手応えを語る主将だが慢心はなく、「一番危機感もある」と言う。

「チームはたしかに好調なんですけど、次で負けてしまえば優勝争いから遠ざかるかもしれないし、好調だからとチヤホヤされても、危機感のほうが強い。危機感を持って戦えているのが上手くいっている一つの要因なのかなと思います。チームメイトと話しても危機感しかないよねと。いい意味で危機感を持っている状況ですね」

 1952年大会以来となる関東大学リーグ制覇へ。慶應義塾大の荒鷲たちを久保主将が牽引していく。夢であるJリーガーとなる前に、まずは一仕事を果たすつもりだ。

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
アンダーアーマー×ゲキサカ特設ページ

天皇杯4回戦のマッチスケジュールが決定…川崎FvsG大阪は万博、町田vs浦和は熊谷

元の記事へ移動

天皇杯4回戦のマッチスケジュールが決定…川崎FvsG大阪は万博、町田vs浦和は熊谷
 天皇杯4回戦のマッチスケジュールが発表になった。組み合わせは22日に決まっていたが、会場やキックオフ時間が決定している。

【4回戦】
(11月11日)
町田 19:00 浦和[熊谷陸]
F東京 19:00 水戸[味スタ]
徳島 19:00 広島[鳴門大塚]

(11月14日)
仙台 13:00 松本[ユアスタ]
神戸 15:30 横浜FM[ノエスタ]
鳥栖 17:00 山形[ベアスタ]

(11月15日)
柏 13:00 甲府[柏]
川崎F 15:30 G大阪[万博]

【準々決勝】
(12月26日)
[1](神戸vs横浜FMの勝者)vs(町田vs浦和の勝者)
[2](仙台vs松本の勝者)vs(柏vs甲府の勝者)
[3](川崎FvsG大阪の勝者)vs(鳥栖vs山形の勝者)
[4](F東京vs水戸の勝者)vs(徳島vs広島の勝者)

【準決勝】
(12月29日)
[1]の勝者vs[2]の勝者
[3]の勝者vs[4]の勝者

【決勝】
(2016年1月1日、味スタ)

●第95回天皇杯特設ページ

天皇杯4回戦のマッチスケジュールが決定…川崎FvsG大阪は万博、町田vs浦和は熊谷

元の記事へ移動

天皇杯4回戦のマッチスケジュールが決定…川崎FvsG大阪は万博、町田vs浦和は熊谷
 天皇杯4回戦のマッチスケジュールが発表になった。組み合わせは22日に決まっていたが、会場やキックオフ時間が決定している。

【4回戦】
(11月11日)
町田 19:00 浦和[熊谷陸]
F東京 19:00 水戸[味スタ]
徳島 19:00 広島[鳴門大塚]

(11月14日)
仙台 13:00 松本[ユアスタ]
神戸 15:30 横浜FM[ノエスタ]
鳥栖 17:00 山形[ベアスタ]

(11月15日)
柏 13:00 甲府[柏]
川崎F 15:30 G大阪[万博]

【準々決勝】
(12月26日)
[1](神戸vs横浜FMの勝者)vs(町田vs浦和の勝者)
[2](仙台vs松本の勝者)vs(柏vs甲府の勝者)
[3](川崎FvsG大阪の勝者)vs(鳥栖vs山形の勝者)
[4](F東京vs水戸の勝者)vs(徳島vs広島の勝者)

【準決勝】
(12月29日)
[1]の勝者vs[2]の勝者
[3]の勝者vs[4]の勝者

【決勝】
(2016年1月1日、味スタ)

●第95回天皇杯特設ページ

全国高校選手権の試合開催会場が決定

元の記事へ移動

全国高校選手権の試合開催会場が決定
 第94回全国高校サッカー選手権大会の大会概要が発表になった。開会式と開幕戦は12月30日に駒沢陸上競技場で開催。準決勝は来年1月9日、決勝は同11日にいずれも埼玉スタジアム2002で行われる。

 12月31日の1回戦と16年1月2日の2回戦は、駒沢陸上競技場、味の素フィールド西が丘、ニッパツ三ツ沢球技場、等々力陸上競技場、浦和駒場スタジアム、NACK5スタジアム大宮、フクダ電子アリーナ、ゼットエーオリプリスタジアムの8会場で開催。同3日の3回戦は駒沢、三ツ沢、駒場、フクアリ、同5日の準々決勝は駒沢と三ツ沢で行う。

 開幕戦は12時40分開始の開会式のあと、14時5分にキックオフされる。翌日からは1会場でおもに2試合が組み込まれ、第1試合は12時5分、第2試合は14時10分にキックオフする。準決勝のみ第2試合が14時20分キックオフとなっている。

 組み合わせ抽選会は11月16日に日本テレビ内で行われる。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

全国高校選手権の試合開催会場が決定

元の記事へ移動

全国高校選手権の試合開催会場が決定
 第94回全国高校サッカー選手権大会の大会概要が発表になった。開会式と開幕戦は12月30日に駒沢陸上競技場で開催。準決勝は来年1月9日、決勝は同11日にいずれも埼玉スタジアム2002で行われる。

 12月31日の1回戦と16年1月2日の2回戦は、駒沢陸上競技場、味の素フィールド西が丘、ニッパツ三ツ沢球技場、等々力陸上競技場、浦和駒場スタジアム、NACK5スタジアム大宮、フクダ電子アリーナ、ゼットエーオリプリスタジアムの8会場で開催。同3日の3回戦は駒沢、三ツ沢、駒場、フクアリ、同5日の準々決勝は駒沢と三ツ沢で行う。

 開幕戦は12時40分開始の開会式のあと、14時5分にキックオフされる。翌日からは1会場でおもに2試合が組み込まれ、第1試合は12時5分、第2試合は14時10分にキックオフする。準決勝のみ第2試合が14時20分キックオフとなっている。

 組み合わせ抽選会は11月16日に日本テレビ内で行われる。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

C大阪MF秋山、左ひざ手術で今季絶望

元の記事へ移動

[故障者情報]

 セレッソ大阪は23日、MF秋山大地が左ひざの手術を行ったことを発表した。傷病名は左ひざ外側半月板損傷で全治は2か月。先発出場した18日の群馬戦で負傷した。

 同選手は今季は愛媛にレンタル移籍していたが、7月に復帰。C大阪ではリーグ戦7試合に出場していた。