地元メディアは親善試合出場の本田へ最低点 「メディアでは積極的に活躍」

元の記事へ移動

地元メディアは親善試合出場の本田へ最低点 「メディアでは積極的に活躍」
 日本代表MF本田圭佑の所属するミランは21日、同DF長友佑都の所属するインテルとベルルスコーニ杯を戦い、0-1で敗れた。ともに先発するも、長友は前半のみで交代。決定機を逃した本田は後半35分に退いた。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、試合前に報道されたとおりに本田は4-3-3システムの左ウィングで先発。長友は4-4-2システムの2列目左サイドで先発を果たした。

 試合は前半12分にMFジョフレイ・コンドグビアのボレーシュートでインテルが先制。長友が退いた後半には本田が決定機を迎えた。後半11分には相手GKとの1対1を迎えるも、守護神の右手に防がれる。同21分にはボレーシュートを放つもGK正面。決めきることはできず、後半35分に途中交代となった。

 イタリア『ミランニュース』は親善試合の“ミラノダービー”での寸評を掲載。本田は最低点の「5」を与えられ、「メディアでは積極的に活躍しているが、今日の試合では効果的に動くことができていなかった。しかも同点弾を台無しにしてしまった」と厳しい評価を下されている。

●欧州組完全ガイド
●セリエA2015-16特集

先発の長友は前半のみで交代、インテル指揮官 「ピッチに立った選手はよくやった」

元の記事へ移動

先発の長友は前半のみで交代、インテル指揮官 「ピッチに立った選手はよくやった」
 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは21日、同MF本田圭佑の所属するミランとベルルスコーニ杯を戦い、1-0で勝利した。長友は4-4-2システムの2列目左サイドで先発するも、1-0のハーフタイムに交代している。

 インテルのロベルト・マンチーニ監督のコメントをクラブ公式サイトが伝えた。24日にセリエAの第9節・パレルモ戦を控えるなかで迎えた親善試合。「ピッチに立った選手はよくやった。あまり出ていない選手に出番を与えることができたね」と選手を入れ替えながらも手にした勝利を喜んだ。

 この日の試合では前半12分にMFジョフレイ・コンドグビアが決めたボレーシュートが決勝点となった。指揮官は決勝点のMFを賞賛。「ゴールを別にしても、良いプレーだった。彼は今良くなっている。今季もベンチだったのは1試合だけだ。3日ごとに試合があるから、ほかの選手にもそういったときがくるだろう」と語った。

 今季のセリエAで8試合を終え、インテルは首位のフィオレンティーナと勝ち点1差の3位につけている。次節を見据えた指揮官は「今はパレルモとのアウェーゲームを考えなければいけない。簡単な試合にはならないからね。良い試合にできればと思っているよ」と意気込んでいる。


●欧州組完全ガイド
●セリエA2015-16特集

[2011年の今日]“自由”を得た浦和が9試合ぶりの白星。采配ズバリの堀新監督と原口は涙…

元の記事へ移動

4年前の今日を振り返る連続企画
【2011年10月22日配信】


 まるで優勝したかのような喜びようだった。
[記事全文]

2011年10月22日の主な配信記事

浦和・柏木がピッチ内外で“アシスト”。「監督、表情が硬いよ!」

逆転に次ぐ逆転、名古屋が大宮を振り切り2連勝

伊野波がヘディング弾で欧州初ゴール!!チームは3発快勝

鄭大世とともに先発の乾、ザック視察の一戦はスコアレスドロー

「県民応援デー」の期待応えられず、完敗・山形は次節にもJ2降格決定

2011年10月22日の記事一覧


※記事の体裁や掲載日、表記は当時のままです。ご了承ください。

年代別代表で酷使された若手が相次ぎ故障…クロップがFAへ意見、「彼らは僕らの未来なんだ」

元の記事へ移動

年代別代表で酷使された若手が相次ぎ故障…クロップがFAへ意見、「彼らは僕らの未来なんだ」
 リバプールのユルゲン・クロップ監督がイングランドサッカー協会(FA)へ意見を述べた。英『ミラー』が伝えている。プレミア挑戦を始めたばかりの指揮官は、年代別代表へ招集された若手が酷使される状況を食い止めるべく、強く語っている。

 指揮官は期待の若手であるMFジョーダン・ロシターが欧州選手権予選を戦うU-19イングランド代表に招集された結果、5日間で3試合に出場させられ、ハムストリングに深刻な怪我を負ったことで怒りを覚えているようだ。

 ロシターはクロップ新監督が先発に抜擢する可能性があると見られていた選手であり、同代表ではマケドニア戦、フィンランド戦、イタリア戦に出場していた。消化試合だったにも関わらず、過密日程での全ての試合に出場したMFは、約1か月も離脱することになってしまった。

 クロップ監督はU-21イングランド代表でDFジョー・ゴメスが前十字靭帯断裂で最大9か月の負傷を負ったばかりということもあり、代表チームへ説明を求めたいと主張した。

 ドイツで多くの若手選手を育ててきたクロップ氏は「彼らのような若手は僕らの未来なんだ。もし彼らを馬のように働かせてしまえば、私たちが手にするのは馬になってしまう」と話す。

「やりすぎだ。間違いなくこれは許されるものではない。それが私に言えることだ。これがOKではないことに異論の余地はない。5日間で3試合に出場しているんだ。サッカーは90分のゲームなのにだ」

「若い選手は回復が速いのかもしれないが、それでも5日間で3試合に出場させてクラブに返すのは普通ではない。この件について話し合う必要がある」

「ロシターの負傷はハムストリングであり、筋肉の故障だ。なぜそれが起きてしまったのか? 彼が出場した最後の試合でだ」

「何分に起きたのかは知らない。もしかしたら彼は一試合を通して出場した結果、怪我をして戻ってきたのかもしれない。ただ、それは飛行機の中で起きたことではないし、電車や車に乗っている時でもない。それが起きたのは試合中だ。試合のせいでそうなってしまったんだ」

 若手選手を大切に思うからこそ、出る強い言葉。リバプール指揮官は「若手にはこれからもっと成長していってほしいし、あまりプレッシャーを感じすぎないよう時間も与えたい。彼らが5日間で3試合もする必要なんてないんだよ」と改めてコメント。

「それが私に言える全てだ。また同じことを言わなければならないとはね。イングランドでは5日間に3試合やらせることが普通なのか?」と重ねた。

「ロシターが次のインターナショナルブレイクまでにプレーできるようになるとは思わない。この件について誰と話しあえば良いのかはわからないが、なんとかして話を通してみるつもりだ。許されることではないからね。5日間で3試合もやらされたことが彼の負傷の原因だ」

「彼のような才能を持つ若手は私たちにとって今必要なものだ。彼としても、私たちに帯同できたほうが良かっただろう。しかし今はそれができない。FAがやりすぎたせいでね」


●プレミアリーグ2015-16特集

レアルvsパリSGの終了間際に乱入者、C・ロナウドに抱きつく

元の記事へ移動

レアルvsパリSGの終了間際に乱入者、C・ロナウドに抱きつく
[10.21 欧州CLグループリーグ第3節 パリSG 0-0 R・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、グループリーグ第3節2日目を行い、A組ではともに開幕2連勝を飾ったパリSG(フランス)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦し、0-0で引き分けた。

 試合終了間際の後半45分にはアクシデントが起きた。突然、男性ファン1名がピッチへ乱入。ピッチ中央付近にいたFWクリスティアーノ・ロナウドの元へ一目散に駆け寄ると、抱きついた。

 このファンは後方から追いかけた警備員2名とスタッフ1名に引き離されたが、C・ロナウドは困惑しながらも激怒する警備員をたしなめる素振りをみせるなど“大人の対応”。その後、ファンは警備員らによってピッチ外へ出され、試合は再開。そのままスコアレスドローに終わった。

 なお、C・ロナウドを“ターゲット”にした乱入者は多い。過去には2013年8月8日にマイアミで行われたギネス杯決勝戦のR・マドリー対チェルシーの一戦で、C・ロナウドと抱き合うために、20歳の学生がピッチへ入る“事件”も発生している。


●欧州CL15-16特集
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

レアルとスコアレスドロー、パリSGのブラン監督「少し失望」も「妥当な結果」

元の記事へ移動

レアルとスコアレスドロー、パリSGのブラン監督「少し失望」も「妥当な結果」
[10.21 欧州CLグループリーグ第3節 パリSG 0-0 R・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、グループリーグ第3節2日目を行い、A組ではともに開幕2連勝を飾ったパリSG(フランス)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦し、0-0で引き分けた。試合後のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 パリSGのローラン・ブラン監督は「この試合では勝ちたかったから、ドローという結果には少し失望している」と険しい表情を浮かべるも、「今日の試合は引き分けが妥当な結果だったと私は思う。今夜の我々が最も強さをみせたのは守備面だったからね」と振り返った。

 またDFマクスウェルはスコアレスドローに終わるも、「イライラの募るような試合ではなかったよ。特に後半はいいパフォーマンスをみせていたと思う」とキッパリ。

「残念ながら得点を奪うに値するプレーをできず、勝つためのゴールを取ることはできなかった。でも僕たちは上を向いて、チームとして改善していきたい」

 パリSGは11月3日に次節を迎え、敵地でレアルと対戦する。先を見据えたマクスウェルは「レアルは素晴らしい選手の揃った偉大なチーム。2週間後のスペインでの試合はとても難しいものになると思うよ。でも僕たちはよいプレーができると自信はある」と意気込んだ。


●欧州CL15-16特集

フル出場も不発に終わったイブラ 「チャンスはつくれたが決定機は少なかった」

元の記事へ移動

フル出場も不発に終わったイブラ 「チャンスはつくれたが決定機は少なかった」
[10.21 欧州CLグループリーグ第3節 パリSG 0-0 R・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、グループリーグ第3節2日目を行い、A組ではともに開幕2連勝を飾ったパリSG(フランス)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦し、0-0で引き分けた。試合後のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 フル出場したパリSGのFWズラタン・イブラヒモビッチだったがこの日は不発。「非常にタフな試合だった。得点チャンスはなかったがピッチ上では質の高さをみせていたと思う」と振り返った。

 スウェーデン代表FWは「ミスしたチームはその代償を支払わなければいけない。だが今日の試合での俺たちは、いくつかのミスをしたけれど、後半にそれをカバーするだけの戦いぶりをみせることができた。ただチャンスは作っていたが、本当の意味で決定機は少なかったように思う」と語った。

 A組では勝ち点7でレアルとパリSGが並び、得失点差1差で上回ったレアルが首位に立っている。次節は11月3日に行われ、パリSGは敵地でレアルと激突する。イブラヒモビッチは「2週間後のマドリードでの試合は、今回とは完全に異なったないようになるだろうね」と先を見据えた。


●欧州CL15-16特集

2発勝利で単独首位のボルフスブルク指揮官 「誇らしい気分」

元の記事へ移動

2発勝利で単独首位のボルフスブルク指揮官 「誇らしい気分」
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は22日、第3節2日目を行った。B組では、ボルフスブルク(ドイツ)がホームでPSV(オランダ)を2-0で下し、2勝1敗の勝ち点6で単独首位に立った。

 試合が動いたのは後半だった。後半1分にこぼれ球を押し込んだFWバス・ドストが先制点を奪うと、後半12分にはMFダニエル・カリジウリのクロスからFWマックス・クルーゼが頭で追加点。2-0で逃げ切り、勝ち点3を重ねると単独首位の座へ立った。

 試合後、UEFA公式サイトによると、ボルフスブルクのディーター・ヘッキング監督は「非常に誇らしい気分だ。辛抱強く戦い、成熟したプレーを見せた。チャンピオンズリーグではそういう戦い方が求められる」と勝利を喜んだ。

 しかし、2-0で迎えた終了間際の後半45分にGKディエゴ・ベナリオがFWユルゲン・ロカディアを倒してPKを献上。ロカディアのシュートは右へ飛んだ守護神が止めたものの、このシーンを振り返って、「終了間際に相手に1点を返すチャンスを与えてしまったのは少しいただけなかった」と険しい表情を浮かべた。

 PSVのフィリップ・コクー監督も「あのPKが決まっていれば、どうなっていたかわからない」とPKシーンに言及している。

●欧州CL15-16特集
●ブンデスリーガ2015-16特集

ファン・ハールはPK献上も同点弾のマルシャルを労う、「許したか? もちろんだ!」

元の記事へ移動

ファン・ハールはPK献上も同点弾のマルシャルを労う、「許したか? もちろんだ!」
[10.21 欧州CLグループリーグ第3節 CSKAモスクワ1-1マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は21日、グループリーグ第3節2日目を各地で行った。B組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でCSKAモスクワ(ロシア)と対戦し、1-1で引き分けた。

 前半14分にFWアントニー・マルシャルのハンドでPKを献上。与えたPKをGKダビド・デ・ヘアが弾くも、跳ね返りを押し込まれ、先制点を奪われた。それでも後半20分にMFアンドニオ・バレンシアの左クロスからマルシャルが頭で叩き込み、1-1に追いつく。互いに2点目は生まれずに勝ち点1を分け合った。

 試合後、ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が『BTスポーツ』に語ったコメントをクラブ公式サイトが伝えている。指揮官はPK献上のシーンについて、「アントニーの愚かな反応だった。けれど、その前にオフサイドがあったと思う。ベンチから見た限りはオフサイドだったがわからない。彼がPKを与えたのは初めてだった。もちろん1回限りにしてもらいたいが」と話した。

「マルシャルの反応は愚かだったが、我々は人間だ。そういうことも起こる。怒っていたというよりも、失望したという表現の方が適切かもしれない」

 それでも、自ら同点弾を決めたマルシャルを許したか? と問われると「もちろんだ!」と笑って口を開き、「彼は再び相手チームに脅威を与えた。非常に安定したプレーを見せてくれている。19歳という年齢を考えると素晴らしい」と褒め称えた。


●欧州CL15-16特集
●プレミアリーグ2015-16特集

後半ATに決勝点、デ・ブルイネを称えるペジェグリーニ 「だから彼を買ったんだ」

元の記事へ移動

後半ATに決勝点、デ・ブルイネを称えるペジェグリーニ 「だから彼を買ったんだ」
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は22日、第3節2日目を行った。D組のマンチェスター・シティ(イングランド)はホームでセビージャ(スペイン)と対戦すると、2-1の逆転勝利を収めた。

 前半30分に先制されるも、同36分にオウンゴールで同点に追いつく。1-1で迎えた後半になかなかスコアは動かなかったが、後半終了間際のアディショナルタイム1分にMFケビン・デ・ブルイネが決勝点。カウンターからMFヤヤ・トゥレのパスを受けたデ・ブルイネがPA右から左足シュートを決めた。2-1と勝ち越したシティは2戦連続の逆転勝利で2位へつけている。

 試合後、クラブ公式サイトによるとマヌエル・ペジェグリーニ監督は「ケビンはゴールも決められるし、アシストもできるクリエイティブな選手だと知っていたから、彼を買ったんだ。そういう意味では、このクラブに連れてくる選手として完璧だったんだ」と今夏にボルフスブルクからクラブ史上最高額となる約103億円で加入したMFについて改めて説明。

「とても拮抗していた試合だったし、チャンスを作るのがとても難しかった」と試合を振り返ると、「前半のうちに同点にできたことは、とても重要な点だった。後半に入ると両チームともに決定的な好機がほぼなかったけど、我々は最後の10分も戦い続けた。もっとチャンスを作ることに成功し、最終的にもう1点決めることができて逆転勝利した」と勝利を喜んだ。

「これで欧州CLで2戦連続の逆転勝利だ。素晴らしい個性と集中力を見せられたことは、欧州の戦いにおいてとても重要なことだ。欧州CLのことは忘れて、週末に向けて頭を切り替えたい。きちんと回復して、連勝していきたい」

 CLで連勝を果たしたシティ。中3日で迎える25日には首位に立つプレミアリーグ第10節を迎え、敵地でマンチェスター・ユナイテッドと戦う。

●欧州CL15-16特集
●プレミアリーグ2015-16特集