<パチューカ本田スタメン!>南米王者から得点なるか…グレミオ戦も先発、25時39分から日本テレビ系列にて放送

元の記事へ移動

1 名前:豆次郎 ★:2017/12/13(水) 01:05:01.53 ID:CAP_USER9.net

12/13(水) 1:01配信
パチューカ本田、南米王者から得点なるか…グレミオ戦も先発に名を連ねる

 FIFAクラブワールドカップ UAE 2017・準決勝のスタメンが発表され、パチューカに所属する本田圭佑が2戦連続でスタメンに名を連ねた。

 クラブW杯初の決勝進出を狙うパチューカは南米王者のグレミオと対戦する。グレミオはコパ・リベルタドーレスを通算3度制覇したブラジル屈指の名門クラブ。堅守速攻の形を伝統としており、現在はブラジル代表経験を持つGKマルセロ・グロイやFWルアン、元パラグアイ代表のルーカス・バリオスらが在籍している。

 本田は9日に行なわれたウィダード・カサブランカ戦に続いて先発出場。南米王者からクラブW杯初得点を狙う。

 パチューカ対グレミオの一戦は、日本時間26時キックオフ。この試合の模様は25時39分から日本テレビ系列にて放送される。  

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683506-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171213-00683506-soccerk-000-1-view.jpg

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513094701
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<パチューカ本田>クラブW杯デビューへ! カサブランカとの準々決勝スタメン入り

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/12/09(土) 21:11:59.68 ID:CAP_USER9.net

北中米カリブ海王者のパチューカFW本田圭佑は、6日に開幕するFIFAクラブワールドカップ(W杯)初戦となる準々決勝で、アフリカ王者ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦に先発出場すると発表された。

 パチューカは7年ぶり4回目の出場となるが、本田にとっては初舞台。本田は今夏ACミランから移籍金ゼロでメキシコに新天地を求め、序盤戦は右足ふくらはぎの肉離れによって出遅れたが、公式戦6ゴールとゴールを量産。イタリアメディアも「パチューカのスター」と評価するほど勢いに乗っている。

 勝てば準決勝で、南米王者に輝いたブラジルの名門グレミオが待っている。かつて、別の山で待つレアル・マドリードへの移籍を「夢」と語っていた背番号02は、この試合に勝てば対戦へ向けて一歩近づく。

 来年6月のロシア・ワールドカップの日本代表メンバー入りに向けても、この大舞台で是が非でもアピールしたいところ

12/9(土) 20:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171209-00010022-soccermzw-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512821519
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<本田はミランに残ることができた>イタリア人番記者が監督交代劇に見た“もう一つの未来”

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/11/29(水) 22:17:30.19 ID:CAP_USER9 大補強を生かせず、「崩壊寸前」の危機的状況にモンテッラ監督の解任を決断

ACミランは成績不振から27日にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を解任し、クラブのレジェンドである"闘犬"ことジェンナーロ・ガットゥーゾ氏を新監督に迎えた。シーズンの折り返しを待たずしての電撃交代となったが、長年ミランを追っている番記者は、「6月にガットゥーゾが来ていたら、本田はミランに残ることができただろう」と見解を示している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00010017-soccermzw-socc

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆パチューカ本田◆メキシコで「本田圭佑ヘア」ブーム到来?ニュースの真相www

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/11/13(月) 19:45:43.77 ID:CAP_USER9 no title メキシコリーグ1部のCFパチューカに所属するFW本田圭佑選手の「ヘアスタイル」を真似たであろう現地サポーターの集合写真がツイッターに投稿され、日本でも「ホンダブームきとる」などと話題を集めている。

 7月の加入後、獅子奮迅の活躍を見せる本田。すっかりサポーターの心を掴んだのかもしれない。

■「4人抜きゴール」直後のこと

  「さあ、本田圭佑のファンみんなでパチューカを応援しよう。本田兄さん、あなたはもうメキシカンだよ!」

 メキシコのパチューカサポーターとみられるユーザーがこんなツイートをしたのは2017年11月9日(日本時間)。同時にアップした写真には、側頭部と後頭部を短く刈り込み、前髪から頭頂部を金髪に染めるという、本田と同様のヘアスタイルをしたサポーターが一堂に会している。ざっと百数十人はいるだろう。ツイート末尾には、本田のツイッターユーザー名「@kskgroup2017」が書かれており、本田に向けてのメッセージとみられる。

 パチューカはこのツイート直前、コパMX(メキシコ杯)準々決勝でティファナと戦い、本田はハーフウェイライン付近からのドリブルで4人抜きゴールをあげる衝撃プレーを披露。これで7月の加入から公式戦14試合出場、通算6ゴールをあげており、チームにフィットしつつある。その貢献ぶりはサポーターの心を打ったようだ。

「なんだかんだで半年もせずに馴染めてよかったな」

 ツイートは日本のユーザーの間にも広まり、ネット掲示板では

  「ホンダブームきとるやん」
  「なんだかんだで半年もせずに馴染めてよかったな」
  「メキシコで活躍しまくってる」
  「向こうのファンは積極的」
  「スーパーヒーローやんけ」

といった反応が見られる。

 また、かつてイタリア・セリエAの名門ACミラン入団会見で述べた「心の中のリトルホンダに聞いたら、『ミランでプレーしたい』と答えたから決断した」という発言になぞらえ、「リトルホンダの正体」と書き込むユーザーもいた。

 日本代表での本田は10月の親善試合2戦に続き、11月の欧州遠征2戦のメンバーからも外れた。だが、本田抜きで臨んだ10日のブラジル戦は1対3で敗戦。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「ブラジルを見て驚いてしまった」と語るなど、世界の強豪と戦う上での課題が浮き彫りになった。経験豊富な本田がクラブで好調を維持していることから、今回のメキシコサポーターのツイートにも「本田さん早く代表に帰ってきてくれ!」との反応が一部で出ている

11/13(月) 16:51配信 
⇒メキシコで「本田圭佑ヘア」ブーム? あの金髪姿がズラリ(J-Cast)

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510569943/

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<本田、香川、岡崎の重鎮トリオ落選>海外メディアから驚きの声!「なんとも奇妙な決断だ」「ハリルホジッチ監督の好み」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/11/01(水) 06:15:25.26 ID:CAP_USER9.net

今月中旬の欧州遠征で、ブラジル、ベルギーとの2連戦に臨む日本代表。火曜日にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発表した遠征メンバー25名の中に、長らくサムライブルーを支えてきた重鎮トリオの名はなかった。本田圭佑、香川真司、そして岡崎慎司の3人である。
 
 この事実は、海外メディアをも驚かせたようだ。米の大手ネットワーク局『Fox Sports』アジア版は3選手を外した指揮官の判断を、「なんとも奇妙」と表現。「豪華なブラジル、ベルギーとの2試合を前にして、ハリルホジッチはこの10年間不可欠な戦力として代表チームを支えてきた彼らを招集しなかった」と記し、「しかもホンダとオカザキに至っては2回連続の落選だ。ふたりとも31歳を迎え、ロシア・ワールドカップを国際大会最後の晴れ舞台とできるかどうか、雲行きが怪しくなってきた」と書き加えた。
 
 さらに、「マインツのムトウ(武藤嘉紀)とヘーレンフェーンのコバヤシ(小林祐希)の欠場も注目に値する。一方で、同じ常連でもナガトモ(長友佑都)、ハセベ(長谷部誠)、ヨシダ(吉田麻也)は選ばれた。ハリルホジッチ監督の好みがよく見て取れる」と説明。かたや、車屋紳太郎、杉本健勇、長澤和輝、三浦弦太ら若手の招集には「身近でチェックしているJリーグ組で、未来に目を向けた選考」と評している。
 
 日本代表は11月10日にブラジル代表とリール(フランス)で、同14日にはベルギー代表とブルージュ(ベルギー)で戦う。

11/1(水) 5:46配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031927-sdigestw-socc


【サッカー】<日本代表>“看板外し”!本田、香川、岡崎が落選!「ビッグサプライズ!!」ハリル監督「名前は関係ない」★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509450669/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509484525
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

本田・香川・岡崎が衝撃の落選! 理由は「本来のパフォーマンスを見せてないから」

元の記事へ移動

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/31(火) 18:15:47.24 ID:CAP_USER9.net

11月10日のブラジル戦と11月15日のベルギー戦に向けた日本代表メンバーが31日に発表された。
その中で、これまで招集された経験が豊富な本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人が落選している。

その理由についてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「他の選手を選んだということ。それはテストするため。ただ、その選んだ選手たちのパフォーマンスは良いですよ。
今、名前の挙がった選手たち(本田、香川、岡崎)は前回の合宿で評価していない。
やはり、彼ら本来のパフォーマンスを見せることが出来ていないと言うこと。
そして、他の選手よりも良いパフォーマンスを出し続けてくれればここにもちろんいることになります」とコメント。

改めて初招集された長澤和輝の名前を出し「例えば長澤は最近見ていて、A代表でどうなるかという興味が湧きました。
もちろん、他の選手のパフォーマンスが高ければここにいますから。
私の就任1日目の会見でも言いましたけど、各自が戦って席を勝ち取らなければならない」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00238325-footballc-socc
10/31(火) 16:05配信
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509441347
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<本田、香川、岡崎の重鎮トリオ落選>海外メディアから驚きの声!「なんとも奇妙な決断だ」「ハリルホジッチ監督の好み」

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2017/11/01(水) 06:15:25.26 ID:CAP_USER9 今月中旬の欧州遠征で、ブラジル、ベルギーとの2連戦に臨む日本代表。火曜日にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発表した遠征メンバー25名の中に、長らくサムライブルーを支えてきた重鎮トリオの名はなかった。本田圭佑、香川真司、そして岡崎慎司の3人である。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031927-sdigestw-socc


【サッカー】<日本代表>"看板外し"!本田、香川、岡崎が落選!「ビッグサプライズ!!」ハリル監督「名前は関係ない」★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509450669/

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<本田、香川、岡崎の重鎮トリオ落選>海外メディアから驚きの声!「なんとも奇妙な決断だ」「ハリルホジッチ監督の好み」

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2017/11/01(水) 06:15:25.26 ID:CAP_USER9.net

今月中旬の欧州遠征で、ブラジル、ベルギーとの2連戦に臨む日本代表。火曜日にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発表した遠征メンバー25名の中に、長らくサムライブルーを支えてきた重鎮トリオの名はなかった。本田圭佑、香川真司、そして岡崎慎司の3人である。
 
 この事実は、海外メディアをも驚かせたようだ。米の大手ネットワーク局『Fox Sports』アジア版は3選手を外した指揮官の判断を、「なんとも奇妙」と表現。「豪華なブラジル、ベルギーとの2試合を前にして、ハリルホジッチはこの10年間不可欠な戦力として代表チームを支えてきた彼らを招集しなかった」と記し、「しかもホンダとオカザキに至っては2回連続の落選だ。ふたりとも31歳を迎え、ロシア・ワールドカップを国際大会最後の晴れ舞台とできるかどうか、雲行きが怪しくなってきた」と書き加えた。
 
 さらに、「マインツのムトウ(武藤嘉紀)とヘーレンフェーンのコバヤシ(小林祐希)の欠場も注目に値する。一方で、同じ常連でもナガトモ(長友佑都)、ハセベ(長谷部誠)、ヨシダ(吉田麻也)は選ばれた。ハリルホジッチ監督の好みがよく見て取れる」と説明。かたや、車屋紳太郎、杉本健勇、長澤和輝、三浦弦太ら若手の招集には「身近でチェックしているJリーグ組で、未来に目を向けた選考」と評している。
 
 日本代表は11月10日にブラジル代表とリール(フランス)で、同14日にはベルギー代表とブルージュ(ベルギー)で戦う。

11/1(水) 5:46配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031927-sdigestw-socc


【サッカー】<日本代表>“看板外し”!本田、香川、岡崎が落選!「ビッグサプライズ!!」ハリル監督「名前は関係ない」★2
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509450669/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509484525
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

本田・香川・岡崎が衝撃の落選! 理由は「本来のパフォーマンスを見せてないから」

元の記事へ移動

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/31(火) 18:15:47.24 ID:CAP_USER9.net

11月10日のブラジル戦と11月15日のベルギー戦に向けた日本代表メンバーが31日に発表された。
その中で、これまで招集された経験が豊富な本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の3人が落選している。

その理由についてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「他の選手を選んだということ。それはテストするため。ただ、その選んだ選手たちのパフォーマンスは良いですよ。
今、名前の挙がった選手たち(本田、香川、岡崎)は前回の合宿で評価していない。
やはり、彼ら本来のパフォーマンスを見せることが出来ていないと言うこと。
そして、他の選手よりも良いパフォーマンスを出し続けてくれればここにもちろんいることになります」とコメント。

改めて初招集された長澤和輝の名前を出し「例えば長澤は最近見ていて、A代表でどうなるかという興味が湧きました。
もちろん、他の選手のパフォーマンスが高ければここにいますから。
私の就任1日目の会見でも言いましたけど、各自が戦って席を勝ち取らなければならない」と語っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00238325-footballc-socc
10/31(火) 16:05配信
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509441347
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

パチューカ本田、無回転ミドルで同点弾を誘発! 強烈な弾道に相手GKキャッチできず

元の記事へ移動

1 名前:動物園φ ★:2017/10/19(木) 10:33:14.67 ID:CAP_USER9.net

10/19(木) 10:29配信
Football ZONE web

本田が、“代名詞”である無回転ミドルで味方のゴールを導いた【写真:Getty Images】
0-1の後半4分に左足を一閃、ブレる弾道で相手ゴールを強襲

 パチューカの日本代表FW本田圭佑が、“代名詞”である無回転ミドルで味方のゴールを導いた。

【動画】本田の左足から放たれたパーフェクトな一撃! ワンステップでマーカーをかわし衝撃の弾道がゴール右上隅に突き刺さる

 現地時間18日の本拠地トルーカ戦でスタメン出場した本田は後半4分、ペナルティーエリアの少し外、やや右サイドでボールを持つと、ノーステップで左足を振り抜いた。ボールは無回転でブレる弾道で相手GKを強襲すると、キャッチすることができずにゴール前にこぼした。そこに攻撃参加していたDFマルティネスが詰め、1点ビハインドを振り出しに戻す同点ゴールとなった。

 近年の日本代表戦や、昨季まで所属していたACミランでは鳴りを潜めていた本田の無回転シュートだが、メキシコの地でその威力を発揮した。ボールの弾道が不安定になりやすいとされる高地に本拠地を構えるパチューカだけに、本田の無回転が炸裂する回数が増えればチームにとっても大きな武器になると言えそうだ。

 試合はその後、後半12分にMFグズマンがゴールを決めて、パチューカが2-1と逆転している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00010005-soccermzw-socc
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508376794
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)