[柏]ACL第2節へ向けて2連敗は許されない柏。「ホームでは自分たちのサッカーをして勝ちたい」(伊東)

元の記事へ移動


 19日、柏は翌日に控えるACLグループステージ第2節・天津権健戦に向けた公式練習と公式会見に臨んだ。
 15時からスタートした公式練習は冒頭15分のみ公開し、残りの45分ほどは非公開で調整。その後の公式会見には下平隆宏監督と伊東純也が登場し、それぞれが明日の試合に向けて意気込みを語った。
「2戦目ということで(グループステージを)突破するためには負けられない一戦だと思っている。相手は非常にタレントがそろっているし、特に外国籍の前線の選手は素晴らしいクオリティーを持っている選手がそろっていて、チームとしてのクオリティーも高いチームだと思う。われわれも引けを取らないように、ホームだし、しっかり勝って予選リーグを突破できるようにやっていきたい」(下平隆宏監督)
「アウェイで初戦は悔しい負け方をしたので、ホームではしっかり自分たちのサッカーをして勝ちたいと思う」(伊東純也)
 また、指揮官は2点差をひっくり返されての逆転負けを喫した前節・全北現代戦の反省からメンタル面の大切さを強調。「前回の全北戦は前半に2点先制した中でひっくり返されるという本当に悔しい敗戦だった。その中でもちろん戦術的な部分も必要だと思うけど、ACLの戦いの中では精神面というか、メンタルの部分もすごく大きく勝負に左右するのかなという印象を受けた。もちろん戦術的なところ、サッカーの部分でも勝負をしたいけど、前回の敗戦をしっかり今回のゲームに生かして、メンタルのところを、ホームで絶対に負けられないという気持ちを前面に出して戦っていければと思う」と語った。
 開幕から2連敗となればグループステージ突破に向けて早くも黄色信号が灯ってしまうだけに、今節・天津権健は必勝が求められる一戦となる。

柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進

元の記事へ移動

1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/02/13(火) 21:23:37.77 ID:CAP_USER9.net

柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進
2/13(火) 21:20配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714928-soccerk-socc

ACL初戦は悔しい敗戦となった [写真]=Getty Images
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180213-00714928-soccerk-000-view.jpg


 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、全北現代(韓国)と柏レイソル(日本)が対戦した。

 プレーオフを制し3年ぶりのACL出場となる柏はクリスティアーノが最前線に入る4-2-3-1の布陣。新加入の亀川諒史、江坂任も先発入りを果たした。

 開始10分、大谷秀和のダイレクトパスにハモン・ロペスが反応。相手GKが前に飛び出すも、左足でループシュートを沈め、柏が幸先良く先制する。続く27分、左サイドからチャンスを作ると、ハモン・ロペスのシュートのこぼれ球を江坂が押し込んで追加点。

 後半に入り55分、CKからイ・ドングッに決められ、差は1点に。続く75分、全北にセットプレーを与えてしまうと、キム・ジンスに同点弾を許した。さらに終了間際の85分、再びイ・ドングッに決められてしまう。

 試合は3-2で終了。柏は敵地で2点を先行したものの、逆転負けで勝ち点を獲得できなかった。次戦は20日、ホームで天津権健(中国)と対戦する。

【スコア】
全北現代 3-2 柏レイソル

【得点者】
0-1 10分 ハモン・ロペス(柏)
0-2 27分 江坂任(柏)
1-2 55分 イ・ドングッ(全北現代)
2-2 75分 キム・ジンス(全北現代)
3-2 85分 イ・ドングッ(全北現代)
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518524617
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

柏が4ゴールの快勝でちばぎんカップ制す!FW伊東純也が1得点2アシストでMVP獲得

元の記事へ移動

02[ニッカン]柏4発で千葉ダービー圧勝、新加入瀬川が初ゴール https://www.nikkansports.com/soccer/news/201802040000456.html <第23回ちばぎんカップ:柏4-1千 ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<柏・伊東純也>W杯メンバー大抜擢の予感!持ち前のスピード、SBもこなせるマルチさは他の日本代表にもない武器

元の記事へ移動

1 名前:Egg ★:2018/01/31(水) 20:59:53.80 ID:CAP_USER9.net

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが30日に行われ、ホームのJ1柏がムアントン(タイ)に3―0で快勝し、3年ぶり4度目の本大会出場を決めた。勝利の立役者となったのは日本代表FW伊東純也(24)。1ゴール2アシストと全得点に絡み“ハリルジャパンの秘密兵器”の実力を見せつけた。

 0―0で迎えた後半6分、持ち前のスピードで相手を抜き去るとFWクリスティアーノ(31)の先制ゴールをお膳立て。17分には“相棒”へ正確なスルーパスを供給して2点目を演出した。アシストだけでは物足りないとばかりに44分には自らゴールネットを揺らしてみせた。

 今季公式戦初戦からいきなり進化した姿を披露。「今年はよりアシストにこだわろうと思っている」と語っていたが、この日はまさにその通りの展開となった。1点目も自らシュートにもいけたが「より確実にということで」とパスを選択。臨機応変にパスとシュートを使い分け、相手の嫌がるプレーを続けた。

 さらに下平隆宏監督(46)は「守備のところもサボらず頑張ってくれた」と守備貢献度の高さも絶賛。甲府在籍時(2015年)はサイドバック(SB)も経験して守備力には定評があるが、常にそれを発揮できるようになった。指揮官が「柏の看板選手としてチームを引っ張っていく存在になってほしい。日本を代表する選手になってほしい」と期待を寄せるのも当然の流れだ。

 まだA代表の実績はほぼゼロだが、ロシアW杯メンバー大抜てきの可能性を膨らませる成長ぶり。持ち前のスピード、SBもこなせるマルチさは他の日本代表にもない武器だ。「厳しい立場だけど、一戦一戦しっかりアピールしていきたい」という言葉にも力がこもっていた。

1/31(水) 16:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000042-tospoweb-socc

【サッカー】<ACLプレーオフ>柏レイソルがACL本戦出場権を獲得! クリスティアーノ2発、伊東純也ダメ押し弾でPO制す
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517313158/
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517399993
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

<柏・伊東純也>W杯メンバー大抜擢の予感!持ち前のスピード、SBもこなせるマルチさは他の日本代表にもない武器

元の記事へ移動

1: Egg ★ 2018/01/31(水) 20:59:53.80 ID:CAP_USER9 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが30日に行われ、ホームのJ1柏がムアントン(タイ)に3―0で快勝し、3年ぶり4度目の本大会出場を決めた。勝利の立役者となったのは日本代表FW伊東純也(24)。1ゴール2アシストと全得点に絡み“ハリルジャパンの秘密兵器”の実力を見せつけた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000042-tospoweb-socc

【サッカー】<ACLプレーオフ>柏レイソルがACL本戦出場権を獲得! クリスティアーノ2発、伊東純也ダメ押し弾でPO制す
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517313158/

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

◆ACL◆柏クリスティアーノ「浦和のACL優勝はサプライズ」

元の記事へ移動

33: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/01/31(水) 00:23:59.54 ID:kE0BChPUd ⇒柏FWクリスティアーノ、ACLで「サプライズ起こす」。昨季の浦和と比較し優勝に意欲(フトチャン)
 
 ACL本戦出場は柏にとって3年ぶりのこと。クリスティアーノは「いろいろな意味でサプライズのある大会だと思う」と、チームの「柏から世界へ」というスローガン通り、アジアの舞台での躍進に自信をのぞかせる。

「昨年に関して言えば、シーズンを通して浦和とうち(柏)を比べたときに、うちの方がいい戦いができていたのではないかと思う中で、ああいった形で浦和がチャンピオンになった。そういうサプライズがあったりする大会。上位を目指して決勝トーナメントに入れば入るほど、より戦いがタフになっていくと思うが、僕たちとしてはその中でもいい意味でいろいろなサプライズを起こしていけたらなと思っている」

 クリスティアーノの言う「サプライズ」は悲願のアジア制覇、つまり日本勢として2年連続のACL優勝となるか。柏はムアントンに勝利し、まずはその「サプライズ」に向けたスタートラインに立った。

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10017

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

柏が大宮MF江坂任を補強候補にリストアップ 大宮も柏DF輪湖直樹の獲得に乗り出す

元の記事へ移動

02けさのスポーツ報知によると、柏レイソルが大宮アルディージャMF江坂任の獲得に乗り出していることが判明したそうです。 今シーズンの江坂選手はリーグ戦33試合に出場し7ゴールを記録しています。 [報知]【柏】大宮MF江坂の獲 ... 続きを読む→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

柏の意地で鹿島足踏み 止まらない札幌ジェイまたゴール! 広島自力で残留決定 無念…大宮力尽きる

元の記事へ移動

1 名前:赤黒梟 ★:2017/11/26(日) 15:37:32.49 ID:CAP_USER9.net

●仙台 2 - 2 横浜
 前半05分:【横浜】天野 純
 前半19分:【仙台】大岩 一貴
 前半28分:【仙台】石原 直樹
 後半43分:【横浜】オウンゴール

●鹿島 0 - 0 柏

●大宮 0 - 0 甲府

●清水 2 - 3 新潟
 前半14分:【清水】金子 翔太
 前半29分:【清水】北川 航也
 後半26分:【新潟】ホニ
 後半40分:【新潟】加藤 大
後半44分:【新潟】酒井 宣福

●G大阪 0 - 1 札幌
 後半27分:【札幌】ジェイ

●C大阪 3 - 1 神戸
 前半11分:【神戸】渡邉 千真
 前半41分:【C大阪】杉本 健勇
 後半22分:【C大阪】マテイ ヨニッチ
 後半42分:【C大阪】杉本 健勇

●広島 2 - 1 東京
 前半45分:【広島】柴崎 晃誠
 後半14分:【東京】山田 将之
 後半21分:【広島】稲垣 祥


●鳥栖 0 - 2 磐田
 前半01分:【磐田】オウンゴール
 後半11分:【磐田】川又 堅碁
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511678252
続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[柏]実は“19人目の選手”として帯同していた主将・大谷秀和。今節・川崎F戦で復帰か

元の記事へ移動



 直近の公式戦2試合を欠場していたMF大谷秀和が、J1第31節・川崎F戦でメンバー入りする可能性が高まった。
 
 今週に入りスパイクを履いたトレーニングを再開していた大谷は、25日の天皇杯準々決勝・川崎F戦にも“19人目の選手”として遠征に帯同。記者陣から「個人的に観に行ったのか?」と問われると、「行ったも何も、俺も(メンバーとして)帯同していたから(笑)。結果的に言えば観に行った形になったけど、前泊しているし、何なら円陣の声も俺がかけている」と笑いながら振り返り、「その日も、みんながアップしている間、キツいメニューを一人でやっていた(笑)」と明かした。

 翌日の26日には、サブ組に交じりながら対人メニューを含めたフルメニューを消化。まだ実際にプレーしてみないと分からない部分もあるようだが、「日に日に良くはなっているので、良い準備をしながらできれば」と背番号7。下平隆宏監督も27日の練習後に「まだ100%ではないと思うけど、ゲームには絡んでくると思う」とメンバー入りを示唆した。

 リーグ戦では3試合勝ちなしと来季のACL出場権獲得に向けて正念場を迎えている柏。“主将復帰”という良いニュースを味方につけ、川崎Fとの2連戦を制したい。

[柏]「寂しい」。柏の大谷秀和が盟友、清水・杉山浩太の引退について語る

元の記事へ移動


 先日、発表された清水の杉山浩太の引退について、柏の大谷秀和が心境を語った。

 84年の11月生まれの大谷と85年の1月生まれの杉山は同学年で、柏のジュニアユースからユース、清水のジュニアユースからユースとそれぞれキャリアを重ねてきた2人は「中学生のころから一緒に試合をしていた」(大谷)間柄。もちろん互いにトップチームに上がってからも交流は続き、杉山が柏に期限付き移籍をしてきた08年からの2年間は同じ黄色のユニフォームに袖を通し、ダブルボランチとしてコンビを組んだ。

 その当時を振り返り大谷は「とにかく気が利くし、技術も高いし、一緒にプレーしている間は同じイメージを持ちながら、楽しくプレーできた。清水にとっても大事な選手なので仕方ないと思いますけど、個人的には2年のレンタルのあとも残って欲しかったなと思っていました。でも、本当にプレーできて楽しかったですね」とまるで昨日のことのように話してくれた。

 今回の引退については「(今年の)キャンプのときにいろいろな話をしながら、『(引退)するかも』みたいな、そういうのも聞いてはいたから」とある程度“覚悟”はできていたようで、「今年に入って試合をしたときもプレーを見れば全然まだまだできると思っていたし、寂しいなという思いはある」と自身の思いも語ったが、「浩太が決めたこと。いろんな状況もあるし、変わっているやつだけど(笑)、いきなり辞めるというタイプでもないし、『もういいかな』と思うタイプではないからしっかり考えていたと思う」と盟友の決断を尊重した。

 引退発表の直後にも連絡を取ったようで「オフにでもゆっくり会えたら良いと思います」と話す大谷。最後には「ここまでできたのは浩太の人柄もあると思う。このあと何をやるかは分からないですけど、賢い子なので何をやってもうまくいくと思いますよ」とエールを送った。