[Jリーグ・J1 2017] 北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル

元の記事へ移動

2017年10月14日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第29節、北海道コンサドーレ札幌対柏レイソ […]

続きを読む

【J1 第28節 柏×甲府】ドゥドゥ土壇場V弾で甲府が劇的勝利!!柏痛恨…10試合ぶり黒星【動画】

元の記事へ移動


news_227282_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/09/30(土) 00:00:00.00 ID:000
[9.30 J1第28節 柏0-1甲府 日立柏サッカー場(11,123人)]
得点:
89' ドゥドゥ


J1リーグは30日、第28節を行い、16位ヴァンフォーレ甲府は敵地で3位柏レイソルと対戦し、1-0で勝利した。
甲府は9戦負けなし(5勝4分)だった柏を止め、今季2度目の2連勝。
首位鹿島が敗れたが、柏は痛恨の黒星を喫し、勝ち点を積み上げられなかった。

柏は23日に行われた前節のFC東京戦(4-1)から先発1人が代わり、DFユン・ソギョンがメンバー外となり、DF古賀太陽が左SBで4試合ぶりに先発。
負傷明けのFWディエゴ・オリヴェイラがベンチに入った。

甲府も前節の横浜FM戦(3-2)から先発1人を変更し、MF阿部翔平に代わってMF松橋優が5試合ぶりに先発となった。

静かな試合の入りから、ファーストチャンスは甲府。
前半12分、こぼれ球に反応したMF小椋祥平が猛然と走り込み、トラップから右足ミドルで叩いたが、GK中村航輔が横っ飛びでファインセーブを見せた。

徐々に柏が攻勢を強め、前半21分、高い位置でDFエデル・リマのパスミスを奪ったFW伊東純也がPA右を縦に仕掛けてクロスを上げ、FWクリスティアーノが強烈ヘッド。
前半25分にもDF小池龍太のロングパス1本で抜け出したクリスティアーノがMF新井涼平のマークを振り切って右足で狙ったが、GK河田晃兵が右手を伸ばしてかき出した。

立て続けのピンチに耐えた甲府も鋭いカウンターから押し返し、前半29分、後方からのロングフィードに反応したFWドゥドゥが落とし、FWリンスからリターンを受けて右足シュート。
前半30分にも小椋のスルーパスに反応したドゥドゥがDFと体を入れ替え、自陣からドリブルで長距離を運ぶと、最後はFWリンスがフィニッシュまで持ち込んだが先制点とはならず、前半はスコアレスで折り返した。

後半立ち上がりは膠着した展開が続いたが、後半17分、柏に決定機。
MFキム・ボギョンの縦パスを受けたMF武富孝介がDFに囲まれながら振り向きざまに左足を振り抜いたが、GK河田が好セーブ。
対する甲府も前半18分に絶好のチャンスが訪れ、右サイドのスローインからリンスが守備網の間をドリブルでするすると抜け出し、エリア内に進入。
鋭い切り返しでDF中谷進之介をかわして右足シュート。
決定的な場面だったが、GK中村が落ち着いてセーブした。

超サイドから崩そうとするが、甲府の分厚い守備を攻略できない柏は後半20分に最初の交代枠を使い、武富を下げてディエゴ・オリヴェイラを投入。
甲府も後半31分、島川を下げてDF畑尾大翔を投入。
畑尾が3バックの真ん中に入り、新井がアンカーの位置に上がった。
後半33分にはPA手前でエデル・リマからボールを奪ったディエゴ・オリヴェイラがそのまま強烈なシュートを放ったが、これはクロスバーを叩いた。

スコアレスのまま迎えた後半44分、均衡を破ったのは甲府だった。
クリアボールに反応したドゥドゥがドリブルで縦に運び、左サイドからカットインすると、中谷、DF中山雄太を振り切り、PA手前から右足を一閃。

カーブのかかったシュートは豪快にゴール右隅に突き刺さり、値千金の決勝ゴール。
甲府は後半アディショナルタイムも柏の猛攻を跳ね返し、1-0で劇的勝利をおさめた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?227282-227282-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1



スポンサーリンク




続きを読む

[Jリーグ・J1 2017] 柏レイソル vs ヴァンフォーレ甲府

元の記事へ移動

2017年09月30日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第28節、柏レイソル対ヴァンフォーレ甲府の […]

続きを読む

【J1 第27節 柏×FC東京】武富が27歳バースデーに2ゴール!!柏が大量4得点でFC東京に快勝【動画】

元の記事へ移動


news_226753_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/09/23(土) 00:00:00.00 ID:000
[9.23 J1第27節 柏4-1FC東京 日立柏サッカー場(13,909人)]
得点:
28' 武富 孝介
60' 伊東 純也
67' 武富 孝介
69' クリスティアーノ

75' ピーター ウタカ


8戦負けなし(4勝4分)で3位につける柏レイソルは、10位FC東京とホームで対戦した。
試合はこの日27歳の誕生日を迎えたMF武富孝介のゴールを皮切りに、柏が4点を先行。
FC東京の反撃をPKでの1点に抑え、勝ち点を「53」に伸ばした。

敵地での天皇杯4回戦・G大阪戦から中2日で戦う柏は、先発4選手を変更。
主将のMF大谷秀和、MFキム・ボギョンらがスタメンに入った。

前節・仙台戦で安間貴義監督の初陣を白星で飾り連敗を「3」で止めたFC東京。
決勝点を決めたDFチャン・ヒョンスら仙台戦と同じスタメンで柏戦に臨んだ。

FC東京はFW大久保嘉人のミドルシュート、柏はCKの流れからFWハモン・ロペスのシュートと、前半5分までに両チームともシュートまで持ち込むも、その後は膠着状態が続く。
ともに最終ラインからボールをつないでいくが、アタッキングサードに入ったところでボールを奪わてしまい攻撃の形をつくれない。
FC東京はDFラインの裏でボールを受けたFW永井謙佑が単身チャンスをつくろうと試みるが、シュートまでは結びつけなかった。

試合が動いたのは前半28分、敵陣でボールを奪われた柏だったが、FC東京のつなぎボールがズレたところをキム・ボギョンが奪い返すと、奪ったボールをコントロールした武富が左足を一閃。
シュートはゴール左隅に吸い込まれ、柏が先制に成功した。

前半終盤になると柏が高い位置からボールを奪いにいき、FC東京のミスをついて攻撃を仕掛けたがゴールまでは至らず、1点のリードで前半を折り返した。

後半開始と同時に右のウイングバックのMF柳貴博を下げて、FWピーター・ウタカを投入し前線の枚数を増やし追撃体勢を整えたが、主導権を握ったのは柏だった。
FC東京のミスを逃さずボールを奪い切ると、シュートチャンスをつくったが追加点とはならなかった。

反撃に出るFC東京は、ウタカがドリブルで突破しシュートまで持ち込んだが、DF中山雄太が身を挺してボールを枠に飛ばせない。
12分には再びウタカがチャンスメイク。
ドリブルで敵陣まで持ち込みタメをつくると、ゴール前の大久保へスルーパス。
大久保はDFと入れ替わると、飛び込んだGK中村航輔の頭上を越すチップキックでゴールに流し込もうとしたが、DF中谷進之介がカバーに入りゴールとはならなかった。

ウタカの投入でFC東京に流れをつかまれた柏だが、自力で流れを引き戻す。
14分のキム・ボギョンのシュートはゴールポストに弾かれたが、その1分後にはFWハモン・ロペスがDF徳永悠平を振り切り左サイドからクロス。
飛び込んだFW伊東純也が頭で合わせ、リードを2点に広げる。

なおも柏の勢いは止まらない。
22分には右サイドでのパス交換から武富が伊東とのワンツーでペナルティーエリアへ進入、狙いすましたシュートがゴールネットを揺らす。
さらに29分にはFWクリスティアーノがゴール正面からのFKを直接沈め、スコアを4-0とした。

その後、MF橋本拳人に代えてFW前田遼一も投入し前線に攻撃的な選手を並べたFC東京がウタカのPKで1点を返し、なおも反撃に出るが、中央を固める柏を崩すことができない。

その後、猛攻をしのいだ柏が3点差のまま試合を終え、ホーム・日立柏サッカー場では8月5日以来となる勝利を挙げた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?226753-226753-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1




スポンサーリンク




続きを読む

韓国代表メンバー発表。Jリーグから9人選出、10月は史上初のオール海外組で欧州遠征へ

元の記事へ移動

[Jリーグ・J1 2017] 柏レイソル vs FC東京

元の記事へ移動

2017年09月23日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第27節、柏レイソル対FC東京のYouTu […]

続きを読む