ベルギー戦で見えた? 槙野智章を“キャプテン”にすれば面白い理由

元の記事へ移動

1: 豆次郎 ★ 2017/11/15(水) 16:10:11.78 ID:CAP_USER9  ハリル・ジャパンの欧州遠征第2戦は11月14日、ブリュージュでベルギー代表と対戦し、後半27分にロメル・ルカクに決勝点を奪われ0ー1で敗れた。過去、日本は2002年日韓W杯や親善試合で4度対戦し、2勝2分けとベルギーには無敗を誇っていた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00000038-sasahi-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171115-00000038-sasahi-000-1-view.jpg

続きを読む →ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

[Twitterでの反応]
→ranking

続きはこちらどうぞ(掲載サイトへ)

ベルギー戦、隙を突かれて敗戦。最大の収穫は長澤【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

11月15日、日本対ベルギーの一戦が行われ0-1で敗戦。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【西部の目】ハリルJ、ブラジル戦は早々の2失点でテスト終了。非常に中途半端な結果に

元の記事へ移動

11月10日、フランスのリールでブラジル代表との国際試合に臨んだ日本代表。来年のワールドカップに向け貴重なテストマッチの機会だったが、開始早々に次々と許し前半だけで3点を奪われてしまった。単純な力の差を示され、テストとしても中途半端なものになってしまった。(文:西部謙司)

ブラジル戦、1点は返すも王国相手に為す術なし【どこよりも早い採点】

元の記事へ移動

11月10日、日本対ブラジルの一戦が行われ1-3で敗れた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

[山形]ACL決勝進出を決めた古巣へ。元浦和戦士、加賀健一が送るDFならではのエール

元の記事へ移動


 10年ぶりとなるACL決勝進出を決めた浦和。昨年までの2シーズン、浦和に在籍したDF加賀健一も、古巣の活躍を喜んだ。 

 18日に行われた準決勝第2戦、浦和vs上海上港戦。テレビ観戦したという加賀は、「ボール際の強さだったり、走る、攻守の切り換え、そういったスピードだったりは、相手を完全に上回っていた。それが失点ゼロという結果になったと思うし、決勝進出にふさわしい試合をしたのが浦和だったと思います」と話しつつ、「あれぐらいはみんなやるだろうなというのは、練習をやっていて、僕がずっと感じてきたことだった。対戦していく中で上海上港が一番強かったと思うから、優勝するんじゃないかなと思っています」と決勝の2試合にも期待を寄せていた。

 また、試合後に早速電話で会話したというDF槙野智章のプレーについても、「フッキを抑えていたので、あれはすごく参考になったし、僕自身にとっても刺激をもらいました」と、今節・讃岐戦に向けても良い影響があったようだ。

「マキ(槙野)とはよく会話もしていたし、コミュニケーションは取っていたので、彼の考えていることは大体分かる」という槙野の最近のプレーはしっかりチェックしている様子。「代表の2試合もCBとして出て、チームに帰って、余裕が生まれて、そんなに慌てることなくプレーしていた。その代表2試合で彼も成長したと思うし、もっともっと彼ならできるかなあと思っています」とエールを送っていた。

浦和が準備した守備の3ヶ条。フッキら擁する上海上港を完封で、いざACL決勝へ

元の記事へ移動

浦和レッズが10年ぶり、日本勢としては2008シーズンのガンバ大阪以来、9年ぶりとなるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝進出を決めた。ホームの埼玉スタジアムに上海上港(中国)を迎えた準決勝第2戦を1‐0で制し、2戦合計で2‐1と振り切った。ハードワークと球際における激しい守備で強力攻撃陣を擁する上海を完封した、ハリルジャパンにも共通する泥臭いサッカーを具現化させた「守備の3ヶ条」を、DF槙野智章やGK西川周作の言葉から追った。(取材・文:藤江直人)