【動画】<日本代表編成会議3>中村憲剛に清武… 期待の若手選手から、まだ「見たい」あの選手も選出!

元の記事へ移動

横浜FM、来季新監督にOBの現福岡監督井原正巳氏らをリストアップ

元の記事へ移動


2017-10-22-fukuoka-ihara-masami_1difnboeluofm16ylr90fdyudf


512: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:16:40.19 ID:qgJ+tjb7M

そんならスレにタイムリーなニュース

横浜Mが来季監督候補の1人に、クラブOBで現・J2福岡監督の井原正巳氏(50)をリストアップしていることが18日、分かった。

また井原氏とともに、世界各地にスカウティング部隊を置く少数株主のCFG(シティ・フットボール・グループ)の情報網をいかした候補数人の名前も挙がっているもようだ。

クラブは今月2日、今季限りでエリク・モンバエルツ監督(62)が退任することを発表。
同日、古川宏一郎社長(42)は後任の条件について「若い選手を育ててくれる方。優勝争いをしてくれる方」と語り「(候補は)国籍を問わない」と話していた。

井原氏は1990年に横浜Mの前身・日産自動車に入社し、以後10年間プレーしたクラブのレジェンドの1人。
95年のリーグ初制覇に主将として貢献し、日本が初出場した98年フランスW杯でも主将を務めた強いリーダーシップの持ち主だ。

柏のヘッドコーチを経て、2015年にJ2福岡の監督に就任。
1年目でJ1昇格に導いた。

昨季はJ2降格を経験したが、選手やフロント、サポーターの強い要請を受けて契約を延長するなど人格者として知られている。

関係者によると、現段階では他の候補と同様、正式オファーには至っていない。
古川社長は「年内までに決めたい」と話しており、今後の動向に注目が集まる。

◆井原 正巳(いはら・まさみ)1967年9月18日、滋賀県甲賀郡水口町(現・甲賀市)生まれ。50歳。守山高から筑波大を経て、1990年に横浜Mの前身・日産自動車に入社。93年のJリーグ開始後も横浜Mでプレーし、00年に磐田へ。01年に浦和に移籍し、02年に現役引退。日本代表では「アジアの壁」の異名を取り、出場122試合は歴代2位。解説者などを経て、09~14年まで柏のヘッドコーチ。15年から福岡監督。既婚。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171118-OHT1T50269.html


関連記事:
横浜FMモンバエルツ監督が今季限りで退任。最後の願いは「来季ACL出場」


スポンサーリンク





518: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:21:56.76 ID:UlC9BboCd

>>514
若手育てながら優勝争いって、地味に難しい事を


520: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:22:47.16 ID:PESczQzt0

井原はもうマリノスには帰らないんだと思ってた


521: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:23:46.76 ID:aP4AYTX40

井原クラスならモンバエルツをクビにする必要ってあったのか


523: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:24:48.96 ID:HoZYE3xz0

>「若い選手を育ててくれる方。優勝争いをしてくれる方」
男「結婚相手は美人で料理上手で処女で家事得意で癒し系」
みたいなものだよなw

そんなのいねーよってなる



532: U-名無しさん@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 05:27:25.51 ID:0q2JA9HN0

>>523
処女を熟女に代えればいくらでもいるだろう

続きを読む

[Jリーグ・J1 2017] ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス

元の記事へ移動

2017年11月26日に行なわれた日本プロサッカーリーグ1部「2017 明治安田生命J1リーグ(MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」第33節、ベガルタ仙台対横浜F・マリノスの […]

続きを読む

横浜FMモンバエルツ監督が今季限りで退任。最後の願いは「来季ACL出場」

元の記事へ移動



news_229816_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/11/02(木) 00:00:00.00 ID:000
横浜F・マリノスは2日、エリク・モンバエルツ監督(62)が2017シーズンをもって退任することになったと発表した。

今季はここまで16勝7分8敗の5位へつけている。

クラブを通じてモンバエルツ監督は「今シーズンをもって横浜FMを離れることとなりました。この数年間、日本で働くことができたこと、また日本文化に触れることができたことは、素晴らしい経験でした。結果が出なく苦しんだときもありましたが、選手やファン・サポーターのみなさまと素晴らしい思い出を共にすることもできました」とコメントを発表。

「しかし、いまはそんな思い出に浸ることなく、チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです。個人そしてチームレベルでたくさんの改善がみられていますので、我々がその目標を達成できると信じています」

「我々の選手たちをサポートしてくれるファン・サポーターのみなさまに深く感謝いたします。みなさまの応援は我々に最後まで戦い抜くためのエネルギーを与えてくれます。ぜひスタジアムでシーズン最後の瞬間まで共に戦いましょう。みなさまからの全ての応援に心より感謝申し上げます」と挨拶した。

プロフィールは以下のとおり

●エリク・モンバエルツ
(Erick MOMBAERTS)
■生年月日
1955年4月21日(62歳)
■国籍
フランス
■選手経歴
R.Cランス-U.Sヌーウ-E.D.S.モンリュソン
■指導経歴
フランスサッカー協会・地域テクニカルアドバイザー-パリSGユースアカデミーダイレクター/2ndチームコーチ-パリSGユースアカデミーダイレクター/2ndチームコーチ/監督-ギャンガン監督-ASカンヌコーチ-フランスサッカー協会エリート育成センターカステルモルー校アカデミーマネージャー-トゥールーズユース/2ndチーム監督-トゥールーズ監督-フランスU-18代表監督-フランスU-21代表監督-ル・アーヴル監督-横浜FM監督

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?229816-229816-fl



スポンサーリンク





3: 名無しさん@恐縮です 2017/11/02(木) 12:59:22.99 ID:8e1Vrsw20.net

えー選手育てるのめちゃうまいのに勿体無い


7: 名無しさん@恐縮です 2017/11/02(木) 13:00:41.06 ID:ufafnfTd0.net

なんで!?磐田サポとしては俊さん来て嬉しいけど、マリノスだってすげえ順位よくなったじゃん

結局ボンバーも使うし、樋口や木村和司より数段上の監督だろ 謎だわ

シティがクビにしたってことだろ?



14: 名無しさん@恐縮です 2017/11/02(木) 13:04:33.79 ID:fcgpOiXO0.net

もうちょっと早くクビにしてくりゃウチに来て欲しかった
もう新しいの決まっちゃった


16: 名無しさん@恐縮です 2017/11/02(木) 13:04:55.78 ID:gGEu+dbV0.net

斎藤とマルちゃんの両翼いなくても良くやってたのにな
若手使いながら成績残していい監督だった


17: 名無しさん@恐縮です 2017/11/02(木) 13:07:00.66 ID:/o2FkhkH0.net

マリサポだからこれまでのシティのマリノスに対する動きみてるからわかるけど、若手育成が終わったから、若手育成のプロだったモンバエルツ監督は任期終了って事だよ。
会社の人事異動と同じ。

モンバエルツ監督はマリノスにシティグループの戦術の基礎を若手に叩き込むミッションのために来た監督。
(これは、フットボール批評とかのインタビューにも載ってた話)
育成型の理論派な監督だけと勝負師ではなかったね。

次の監督もシティが連れてきて、これまでの基礎から 応用に移行する為の監督になると予想。


続きを読む

【J1 第32節 横浜FM×C大阪】横浜FMの“えげつないゴール”上回る連続スーパー弾!!C大阪が逆転勝利でACL圏内キープ【動画】

元の記事へ移動


news_231129_1


1: 名無しのなにがしさん\(^o^)/ 2017/11/18(土) 00:00:00.00 ID:000
[11.18 J1第32節 横浜FM 1-4 C大阪 日産スタジアム(34,153人)]
得点:
13' ダビド バブンスキー

64' 清武 弘嗣
68' 水沼 宏太
70' 杉本 健勇
87' マテイ ヨニッチ


3位セレッソ大阪が敵地で5位横浜F・マリノスに4-1で勝利した。
前半に先制を許したが、後半に4ゴールを奪う鮮やかな逆転劇。
公式戦7連勝を飾り、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位をキープした。

横浜FMは10月29日の第31節・磐田戦(1-2)から先発3人を変更。
DF栗原勇蔵が17試合ぶり、DF松原健が4試合ぶり、古巣対戦のMF扇原貴宏が5試合ぶりにスタメン出場した。
今季限りで退任となるエリク・モンバエルツ監督は、ホーム最終戦で今季一貫して採用してきた4-2-3-1でスタート。
DF下平匠が今季リーグ戦で初めて左サイドバックで先発した。

一方、公式戦6連勝中のC大阪は10月29日の第31節・大宮戦(2-1)および、今月4日のルヴァン杯決勝・川崎F戦(2-0)からスタメン変更はなく、リーグ戦では4試合連続で同じ先発メンバー。
4-4-2のフォーメーションも変わらず、代表帰りのMF山口蛍がボランチ、FW杉本健勇が2トップの一角に入った。

3位C大阪を勝ち点2差で追いかける5位横浜FM。
ACL出場権を巡る直接対決は、衝撃のゴールで幕を開けた。
前半13分、左サイドのMFダビド・バブンスキーが追い越してきた下平に一度預け、相手の最終ラインが下がったところでリターンパスをもらう。
シュートを打つにはやや遠い位置に思われたが、バブンスキーは中央へ持ち出し、PA後方左から果敢にも右足を強振。
地面すれすれを無回転で飛んでいったボールがワンバウンドして右ポストの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。

バブンスキーは3月4日の第2節・札幌戦(3-0)以来、30試合ぶりとなる得点で今季3ゴール目。
札幌戦では敵将の四方田修平監督に「えげつない」と言わしめる鮮烈ボレーを見せたが、その時に勝るとも劣らないワールドクラスの一撃で均衡を破った。

C大阪は失点後、ほとんどの時間を敵陣で過ごし、横浜FMを押し込み続ける。
前半32分、MF清武弘嗣の縦パスを受けた杉本がPA内右から右足でシュートを放つも、GK飯倉大樹に触られてゴール左外へ。
さらに同33分、清武の浮き球のパスに合わせたMFソウザのヘディングは左ポストの外側を通過し、同アディショナルタイム1分に山口のインターセプトからFW柿谷曜一朗が右足で打ち込んだ強烈なシュートもGK飯倉の正面を突き、無得点で前半を折り返した。

ハーフタイムが明けてもC大阪のペースは変わらない。
後半6分、清武のスルーパスを受けた柿谷がPA内左で体を開きながら右足でファーを狙うが、GK飯倉の好セーブに遭う。
同10分にはMF水沼宏太の右クロスがGK飯倉に弾かれ、PA内中央でこぼれ球に反応した清武が右足でボレー。
しかし、DF中澤佑二に左足でブロックされた。

C大阪はいつゴールが生まれてもおかしくない展開の中、後半19分にようやく追いつく。
左サイドのDF丸橋祐介がキープから中央へパスを出すと、相手DFの隙間に入り込んだ清武がファーストタッチでPA内左に進入。
右のサイドネットを目掛け、左足で豪快なシュートを突き刺す。
素早くカバーに入った中澤も間に合わない見事なボールコントロールを見せ、1-1とした。

後半23分には左サイドでの細かいパス回しから柿谷が中央へチップキック。
清武がゴールに背を向けて左足のヒールで落とすと、走り込んだ水沼がPA内やや左から左足のダイレクトシュートをゴール右に叩き込み、一気に2-1と逆転に成功した。

アウェーチームの猛攻は止まらず、後半25分には右CKからキッカーの丸橋が左足で低く速いクロスを供給。
マークを振り切ってニアに飛び込んだ杉本が体をひねりながら難しいヘディングを決め、リードを2点に広げる。

25歳バースデー弾の杉本は今季20ゴール目とし、得点ランク首位の浦和FW興梠慎三に並んだ。

C大阪は後半28分に逆転の原動力となった清武を下げ、MF山村和也を投入して5バックに変更する。
それでも攻撃の手は緩めず、後半42分に右CKのこぼれ球をDFマテイ・ヨニッチが右足で押し込んで4-1。

終始劣勢だった横浜FMはホーム最終戦を勝利で飾れず、今季2度目の連敗を喫した。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?231129-231129-fl

明治安田生命 J1リーグ 順位表
http://www.jleague.jp/standings/j1/
成績・データ
http://www.jleague.jp/stats/goal.html?s=J1


関連記事:
【J1 第32節 鹿島×浦和】鹿島、レアンドロ弾で浦和撃破!18日にもリーグ連覇の可能性【動画】


スポンサーリンク




続きを読む