[福岡]J1昇格プレーオフの試合会場が熊本に。「それでも多くの人が、熊本に来てくれると信じる」(亀川諒史)

元の記事へ移動



 前節・松本戦の結果を受けてJ1昇格プレーオフを戦うこと、そして最終節を前に3位か4位の座の確保も決まり、プレーオフ1戦目となる準決勝のホーム開催権も手にした。しかし、クラブから発表があったとおり、改修工事に入るためホームであるレベルファイブスタジアムは使用できず、熊本のえがお健康スタジアムで準決勝を戦うことになった。

 この状況に“ホーム・アドバンテージ”があるのだろうかとの疑問が出るのは当然のこと。例えば、亀川が「最初に聞いたときは『なぜ?』と思った」と言うように、選手たちも熊本での開催をすぐに納得できたわけではない。しかし、もともとの改修工事スタートをリーグ最終節以降にずらしてもらっていたという事実、さらにこれから工事開始を遅らせると来季のリーグ戦開幕に間に合わないという事情の中でクラブ側が最大の努力交渉をしたという事実を受け入れて「やるしかない」(亀川)と、選手たちは気持ちを切り替えたようだ。

 そしていま、クラブは準決勝をホーム・レベスタと同様の雰囲気の中で戦えるように集客に力を注いでいる。例えば、入場チケットはレベスタ自由席バック側が大人2500円(小中1250円)』に対して大人1000円(小中500円)』、レベスタのゴール裏大人1500円(小中600円)』に対して大人500円(小中100円)と価格を大幅に下げ、バスツアーも早々に募集するなど、多くのサポーターに熊本まで足を運んでもらえる手段を順次整え中。

 そういうクラブ側の取り組みも認識した上で、亀川は「僕たち以上にサポーターの方々が『何で?』と思ったはず。それでも多くの人が、熊本に来てくれると信じる。だから、レベスタに足を運んでくれたサポーターに対していつも思っている以上に『その期待に応えなければ』という気持ちになっている」と話す。

 釈然としないプレーオフのホームゲームとなったが、それをクラブ、チーム、選手、サポーターの結束力を高める契機とし、J1昇格に向けた“逆境的パワー”としたい。

[福岡]葛藤の末、石津がたどり着いた境地。昇格のために「与えられた時間で結果を残すだけ」

元の記事へ移動


 今季8つ目のゴールを決めたあとに見せた歓喜の表情は、今季一番はじけていたかもしれない。
 前節の湘南戦で決勝ゴールを決めた石津は、持ち味であるドリブル突破からのゴールを「シュートコースは見えていたけど、普通には打てない状況だったので、スライディングしながら打った。もう無我夢中だった」と振り返った。
 ゴールを決めるために『無』の状態になれたのは、メンタルの状態が整っていたから。その理由の一つがスタジアムの雰囲気。今季最多となる16,336人の観客が作り出した雰囲気が、石津の集中力を高めた。
 そしてもう一つは、石津自身がしっかりと心を整えていたから。今季、大きな期待を背負って神戸から福岡に復帰した石津は、開幕から11試合連続で先発出場。しかし、第12節以降はベンチスタートに。この状況に悔しさをにじませながら、井原監督から課題として指摘された守備面で何とか役割を果たそうと努め、「でも自分の持ち味は攻撃にあるのに」という葛藤の中でもがき続けた。
 石津がここまで挙げた8ゴールのうち6ールは途中出場で挙げたもの。周囲はスーパーサブとしての働きを評価したが、それでも石津自身は先発にこだわってきた。そんな態度に変化が見えてきたのは、リーグ終盤になってから。特に4位に落ちて臨むラスト3試合を前にしてついに、「いまの状況で一番大事なのは一丸になること。そのために自分も、与えられた時間の中で結果を残すことに集中しようと考えるようになった」と口にした。
 湘南戦ではその気持ちの変化を如実に示すかのような素晴らしいゴールを挙げて、石津は歓喜の輪の中心にいた。そのことであらためて思いを強くした様子で、今節・松本戦前の囲み取材の最後に口にしたのも「与えられた時間で結果を残すだけ」という言葉だった。

写真:島田徹

[福岡]福岡のウェリントンが狙う二つの恩返し

元の記事へ移動


 J2第38節の千葉ではPKを2本外し、退場処分も受けた福岡のウェリントン。その試合後にはかなりの落ち込みようだったが、今週の練習場では試合後に見せた表情とはうってかわって明るく、そして自信に満ちた表情を見せていた。
 井原監督が「思ったほどメンタル的には落ち込んでいなくて、精力的にまた元気にトレーニングに取り組んでいる。残り3試合、自らの悔しさを晴らすため、またチームのために力を発揮してくれると思う」と話したが、メンタル面の回復には、チームメートの温かい接し方と、それ以上にサポーターからの励ましが効いたようだ。
「自分の想像を越える激励のメッセージをいただいた。千葉戦で、これまでのキャリアの中にはなかった経験をして下を向きそうになったときにいただいた後押しは、自分にとってすごく大きかった。この恩はピッチの上でのプレーとして返したい」(ウェリントン)
 恩返しと言えば、5日の湘南戦で勝利に貢献するゴールや働きを見せることは、古巣に対する恩返しにもなる。「(千葉戦から)気持ちは切り替えた。次のゲーム(湘南戦)に向けて集中している」と気合いは十分。
 そして湘南と言えば、14年の在籍時にここまでの自己最高となる20ゴールを挙げたクラブ。その20ゴールを超えることを今季の個人的な目標に挙げていたウェリントンは現在17ゴールで目標達成にはあと4ゴールが必要。すばり、自信があるかを聞いてみた。
「残り3試合で4ゴール。不可能ではない。目標として挙げた開幕前よりも、いまのほうがその達成に自信を持っている」
 静かに語るその眼に炎を見たり。

【奇跡の価値は】2017年J2第38節 アビスパ福岡戦レポート兼 第39節大分戦プレビュー

元の記事へ移動

2017年J2第38節 アウェイ アビスパ福岡戦

ジェフ1-0福岡 得点:船山貴之

更新しないと思ったか?俺も思ってたよ。

さて、アウェイ福岡戦は ゆうや とめすぎ という感じで勝って去年の年間勝ち点を超えたわけですが、今年は下位クラブが勝ち点を伸ばせていない=上位~中位クラブが団子状態なこともありジェフは現在10位。プレーオフ圏内との勝ち点差はちょっと詰まって5。残り4試合。上にいる大分と横浜FCは対戦が残っていますし、松本は5-1で勝った効果か連敗。徳島がうっかりコケてくれればギリギリでプレーオフ圏内に滑り込めるかもしれないと、獲ってもいない狸の皮を数え続ける毎日です。仮にプレーオフ圏内に届かなかったとしても、来季に向けて価値のある勝利だったのではないでしょうか。(エスナイデル監督がクビにならなければ)

あと佐藤優也、PK止めたあとの追撃を股間で防いでない?すごすぎるだろ。家本主審に「そのプレーはファウルだから気をつけろい」的な注意を受けたあと即座にPA内で同じファウルした乾は優也においしい肉でもごちそうしてあげるように。あ、今年のジェフはそんなもん食ってたら粛清されるか。失礼。

シーズン中盤「もうこいつ伸びしろないやろ。解任や解任」という風潮に頭皮をさらされていたエスナイデル監督ですが、ここにきてキチガイハイラインを明確に破棄。インタビューでは「ヤリカタカエテナイヨ」とか言ってますが、シーズンが進むにつれてジェフのDFラインが普通になっていることはもうみんなわかっているのです。シーズン序盤の極端なハイラインは選手を矯正するものだったという説もありますが、「あの戦術で失った勝ち点はどうしてくれる」「勝ち点を稼ぐのが目的であって、勝ち点を失いながら育成するなんてのは手段と目的のすり替え」「フクアリ名物ハイラインハイプレスを観に来たのにラインが普通だった。金返せ」など、さまざまな意見が出ています。そんなものまったく意に介さないエスナイデル。このおじさんが一番狸だったわ。

ということで、アビスパ福岡様におかれましてはウエリントン選手の心のケアを怠らぬようお願い申し上げます。ジェフが残り試合全勝して福岡が残り試合全敗すると順位が逆転する可能性も一応残ってはいるのでお気をつけくださいね。

 

んで。

2017年J2第39節 アウェイ 大分トリニータ戦プレビュー

次節アウェイ大分戦のハイライト動画を見終わると”次の動画”で2012J1昇格プレーオフ 決勝ハイライト 大分x千葉が表示されるという地獄の仕様。YouTubeもグルになって我々ジェフサポーターを苦しめます。うっかりこの動画観てしまったんですが「米倉か智か藤田か竹内がヘディング1本でも決めてれば歴史が変わったんだよなあ……」とノスタルジックに浸ること間違いありません。本当にオススメしません。絶対観るな。つーかこのとき出てた竹内いま大分にいるじゃねーか。どうなってんだよマジで。名古屋でバリバリやってたんじゃなかったか。

ところで、前節大分が勝った相手は前々節ジェフが5-1で勝った松本山雅。大分トリニータ様におかれましては、ジェフが弱体化させた相手から勝ち点3を奪ったわけですから、そのままジェフに勝ち点3を横流ししていただけるようお願い申し上げます。

 

つーかジェフが大分との公式戦戦績19勝2敗4分でその2敗のうち1敗があのプレーオフ決勝って本当めちゃくちゃだろ。「この試合は絶対勝たなきゃって試合に必ず負ける。それがなんとも言えず可愛らしい」という春風亭昇太師匠が清水エスパルスに送った言葉をそのままジェフに贈りたいです。さようなら。

 

明日はユナパで謎の会議に出席してENYAでガヤガヤDAZN観戦予定であります。

[福岡]涙を流すウェリントンに岩下敬輔がかけた言葉とは?

元の記事へ移動


 前節(J2第38節)の千葉戦、2本のPKを外し、さらに終了間際に2回目の警告を受けて退場となった福岡のウェリントンは試合後に泣きくずれた。好調・東京V戦でエースを欠くことはチームにとって痛いが、それよりもウェリントン自身のメンタル面がとても心配な状況だった。しかし、アニキこと岩下敬輔が早急な手当てを施していた。
 どんな手当だったかを話す前に、千葉戦での2本目のPK時の裏側を岩下はこんなふうに明かした。
「PKはウェリが蹴ることに決まっていたので1本目は当然、ウェリがキッカーに。でも、1本目を外していたからさすがに2本目はプレッシャーが掛かるだろうと思って、自分がまず、テル(仲川)に『お前、いけるか?』と聞いた。『いける』というテルの言葉を確認してからウェリにも聞いた。すると『大丈夫』という答えが返ってきた。もちろんイヤな感じはしていたんだけれども、ウェリの言葉と目を見て、任せることに決めた」
 そうして2回目のPKを蹴ることになったウェリントンだが、2本目のキックはGKの逆を取ったもののボールはクロスバーをたたいたのだった。
「ロッカーに引き揚げてから、通訳のガンジーさん(白沢敬典通訳)とウェリとオレの3人で話した。オレが言ったのは『堂々としていてくれ』ということ。PKを決められなかったことは1回のゴメンでみんな許す。それだけの働きをこれまでしてくれているわけだからね。そんなに泣いていたんじゃ、PKを任せると判断したオレや譲ったテルもずっと後悔し続けなくちゃいけないだろ。だから、もう顔を上げてくれ、と」
 独特の言い回しだが優しい励ましだと感じたウェリントンは「アリガトウ」と言葉を返したという。
 東京V戦のあとに控えるホーム・レベスタでの湘南戦。そこにはきっと古巣相手に暴れるウェリントンがいるはずだ。

[千葉]PKを巡って描かれたコントラスト。その裏にあった、GK佐藤優也とウェリントンの知られざる物語

元の記事へ移動



 前節・福岡戦で2度のPKをしのぐなど、ウノゼロを達成して千葉を3連勝に導き、本紙のJ2週間MVPにも選出されたGK佐藤優也。PKストップからのカウンターで決勝点が生まれるなど、まさに獅子奮迅の活躍だった。

 しかしそれ以上に、印象深かったのが試合後の振る舞いだ。PKを2度外してしまい、試合終了直前にはこの日2枚目の警告で退場処分を受け、ピッチ上で立ち上がることができずにいた福岡のウェリントン。その失意の相手エースにそっと寄り添った佐藤優は、こう言葉をかけていた。

「大丈夫。まだゲームはあるよ」

 その真意、ウェリントンとの関係性について、佐藤優はこう続ける。

「ウェリ(ウェリントン)とは今年、プライベートでディズニーランドのホテルでたまたま一緒になって、他愛もなく話したこともある。(15年の)ヴェルディ時代には際どいクロスからのヘディングを止めたり、自分が当たりまくってウェリから褒めてもらえたこともあった。一度も同じチームになったことはないけど、割りと仲の良いブラジル人という感覚でずっといた」

 だからこそ、人目をはばからず涙にくれるライバルを励まさずにはいられなかった。そして、そこに今季、浮き沈みのあった自身の思いも重なった。

「自分も今年、大きいミスをして、失点して、勝てるゲームを勝てなかったりしてきた。本当に悔しい思いをした。自分はそういう思いを分かっているつもりでいる。福岡は自分たちより良い位置にいて、まだまだチャンスはあるし、別に終わったわけじゃない。本人の耳にどう入っているかは分からないけど、自分はそういう思いを込めて声をかけました」

 さらにウェリントンの1枚目の警告につながった、自身に足裏を見せた行為についても言及。「ウェリは自分がボール持っているとスライディングしてくるじゃないですか。『(試合中にも)まだ早い、まだ早い』と話していた。あれは愛嬌みたいなもの」。決して褒められた行為ではないが、ニ人の関係性があったからこその所作だと慮った。

 結果は残酷で、殊勲の守護神と“戦犯”のエースという事実が変わることはないが、激闘の裏にはこんなニ人のドラマがあった。

[福岡]2試合連続、今季ラスト。松田力がこだわる「古巣戦でゴール」

元の記事へ移動



 前節・大分戦、今節・千葉戦と、2試合連続の“古巣戦”に臨むのがFW松田力。びわこ成蹊大時代に特別指定選手としてプレーした大分、プロデビューを果たした名古屋、そして名古屋からの期限付き移籍の形で15年のシーズン後半戦をプレーした千葉の3クラブが松田にとっての古巣となる。

 そしてその古巣戦は、今季すでに5試合を実施済みで、残すは今節の千葉戦のみ。気になるのは戦績で、大分=1分1敗、名古屋=1勝1敗、千葉=1分と、勝利は名古屋戦の1試合のみとなっている。だからこそ、「もちろん千葉には勝ちたい」という言葉につながるわけだが、それよりも強い口調で残したのが「古巣戦でゴールを奪いたい」という言葉だった。

 松田は今季、トップに加えてサイドハーフでのプレーも経験しており、それを「慣れないポジション(サイドハーフ)でプレーすることもあるが、それでも勉強しながらやれているので楽しい」と、前向きな姿勢で“幅”を広げている最中。それでもやはり、こだわっているのはゴールだ。 

 今節の千葉戦は、松田にとってはもちろんだが、背後に3位・長崎と4位・名古屋が迫るチームにとっても大事な一戦。そのゲームで自身今季5つ目となるゴールを奪い、それが勝利につながれば、チームも自身も大きな波に乗ってJ1昇格争いも佳境に入るリーグ最終盤に臨むことができる。リキも力が入る今週末のゲームは、きっと熱くなる!

写真:島田徹

[福岡]3連勝の中。兄貴・岩下敬輔が口にする収穫と戒めの言葉、そして今節・大分戦に燃える理由

元の記事へ移動



 現在3連勝中と、6戦未勝利の状態から好調に転じた福岡。いまのチーム状態をチームリーダーの一人であるDF岩下敬輔はどんなふうに見ているのか。

 まず口を突いて出てきたのは「まだ何も得ていない」という厳しい言葉。「シーズンの最後までしっかりと戦い抜くためにも、そのことを選手全員が頭の中に置いておかなければならない」と続けた。

 一方で収穫もあると話す。「闘う、という一番のベースを見せられていることは良いこと。その上でクオリティーの部分でも良いものを発揮できている」。

 岩下が言う「クオリティー」は特に攻撃においての部分。「後ろから見ていても前の選手が自信を持って積極的にプレーしているシーンが増えていると実感している。それも“自分が、自分が”となり過ぎないレベルの、良い判断を伴ったものとすることで相手との違いを出せている」と、ここ3試合で7得点と好調な攻撃陣を分析している。

 今節は大分との九州ダービー。

「ダービーということもあるけど、同じ相手に1シーズンで2度も負ける(開幕戦で1-2の敗戦)のはプロとしてダメなこと」

 チーム一の負けず嫌いの“兄貴”は、いつも以上に燃えている。

[福岡]MF三門雄大が確立した“ミカド的トップ下”。その背景にあったのは二人の言葉

元の記事へ移動



 第34節の岐阜戦では[4-2-3-1]の、第35節の山口戦では[3-5-2]の“トップ下”に入ったMF三門雄大。待ち構えるのではなく、前からどんどんしかけるアグレッシブな守備のキーマンとして働いた。

 本人が「みんなが思い描くスタイルとは違うと思う」と言うとおり、トップ下にはパサーやセカンドストライカーとしての能力が売り物の選手が務める、というイメージがある。実際、J2に限らずJ1においても、そうした選手が入るのが普通の“トップ下”の中で、守備能力を前面に押し出す三門の存在は特異と言える。

 良い守備から良い攻撃が生まれるという考えをベースとするチームであることを考えれば、三門のトップ下起用は理解できる。ただ、三門自身も異質と認める“ミカド的トップ下”のスタイル確立には、二人の選手が大きく関係していると言う。

「マリノスにいるときにトップ下でプレーする機会があったが、自分としても『オレはトップ下というタイプの選手じゃないのになあ』と不安を持ちながらプレーしていた。そこで(齋藤)学が『ミカさん(三門)がそこにいてくれることで自分はとてもプレーしやすかった』と言ってくれ、シュンさん(中村俊輔/現・磐田)が『オレが今まで思っていたトップ下像とは異なるスタイルを見せてもらったよ』と話してくれたことで、独自のトップ下スタイルに自信を持てるようになった」

 そんな経緯があって、「ガツガツとボールを奪いに行って、奪ったらそのままの勢いで攻撃に出るのが自らのスタイル」と言い切れるようになった“トップ下・三門”。そのプレーは、チーム2連勝の原動力となり、これからの死闘においても大きな武器になるはずだ。

文:島田 徹(エルゴラッソ福岡担当)

[福岡]2試合の出場停止明けのウェリントンが内省と指揮官の厳しい助言で、きっとハジける!

元の記事へ移動


 今節の山口戦では2試合の出場停止処分が明けたウェリントンが帰ってくる。今回の処分は、第32節の愛媛戦においてゴール前の位置取りの際に相手にひじ打ちをした疑いがあるとのマッチコミッショナーからの報告を受けた規律委員会が、映像確認やヒアリング調査を経て試合の1週間後に下したものだった。
「これまでのキャリアの中でも初めての処分だったので、最初の1週間はとてもつらかった」と言うウェリントン。もちろん、自分の犯した過ちでチームに迷惑をかけたという思いが落胆の一因でもあり、「大事な時期に申し訳ないと、チームメートを前にして謝っていた」と井原監督はウェリントンの行動を明かした。
 そんなふうに落ち込むウェリントンに対して井原監督は「起こったことは、もうどうしようもないことだが、それでもウェリ(ウェリントン)には、『真のストライカーになるには、いかなるときも冷静であることが必要なんじゃないか』と話した」と、あえて厳しい助言をしたという。
 そういう周囲のさまざまな反応の中、徐々に落ち着きを取り戻したウェリントンは「(処分を受けた)2週目からは今後のことも考えて前向きになるしかない」と気持ちを切り替えて、「実戦から離れるので、低下するコンディションの維持を一番に気にしながら練習に臨んだ」。
 第29節の名古屋戦と第30節の水戸戦の2試合を2度目の累積警告で欠場していたため、ここ6試合でプレーしたのはわずか2試合。プレーすることと、ゴールに飢えている(※最後に挙げたゴールは第27節の京都戦)ウェリントンが、今週末にはきっと良い意味で大きくハジけてくれるはずだ。
写真:島田徹