ユース取材ライター陣が推薦する総体注目の11傑vol.3

元の記事へ移動

川端氏が注目するFW新井光(市立長野高)
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体注目の11傑』」

 ゲキサカでは平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカーの注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第3回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材し、各種媒体に寄稿している川端暁彦氏による11人です。

 川端暁彦氏:「55校もあると目移りしてしまって毎年難しい総体の11傑ですが、今回は試合を観ていて『大きな舞台でまた観たいな』と思った選手たちを選抜してみました。今年日の丸を付けている選手にはちょっと遠慮してもらいましたが、すでにJリーグ入りを決めている選手からまだ無名の成長株まで、幅広く選んでいます。またこの夏も新たな逸材との出会いがあるのを楽しみにしています」

以下、川端氏が注目する11人
GK宮本一郎(東海大仰星高3年)
「高校選手権4強入りの原動力ともなった守護神が今度は夏の大会に挑むことに。軸になっていた選手がゴッソリと抜けてしまったチームにあって最後尾を預かる彼の存在感は大きい。安定感のあるプレーに期待」

DF塩野碧斗(昌平高3年)
「『(負傷から)戻って来てくれたのは本当に大きい』と藤島監督も安堵の言葉を漏らした昌平のキーパーソン。アグレッシブな攻撃参加に加え、ビルドアップに加わる力もある。大会屈指の右サイドバックだろう」

DF嶋中春児(長崎総合科学大附高3年)
「強さと俊敏さ、そして跳躍力と異次元の身体能力を誇る“長崎のエースキラー”。常に相手チームの一番怖いアタッカーのマーク役となるのだが、得点が欲しい状況ではFW起用もこなす万能派でもある」

DF竹中響哉(立正大淞南高3年)
「『空中戦には自信がある』と本人が語るとおり、頭一つ飛び出るようなジャンプからの強烈なヘディングは攻守両面で武器となる。山陰屈指のエアバトラーが全国屈指のエアバトラーと認識される大会になるか」

DF沼田皇海(尚志高2年)
「鹿島アントラーズノルテから郡山へとやって来た左サイドバック。元より定評のあった左足のロングキックは変わらぬ武器となっているが、戦う姿勢が増して守備面でも確かな進歩が観られるようになってきた」

MF田部井涼(前橋育英高3年)
「選手の精神面に関する辛口コメントも少なくない山田耕介監督が『アイツは大丈夫』と認めるタイガー軍団の大黒柱。ボールタッチ一つ、ショートパス一つでゲームのリズムを変えられる稀少な個性の持ち主」

MF青木真生都(東福岡高3年)
「抜群の身体能力で“ぶっちぎる”タイプの選手も多い東福岡だが、それを操る青木の存在は見逃せない。中盤で顔を出しながらボールを小気味良くさばきつつ、ペナルティーエリア近辺での決定機にも絡んでいく」

MF池平直樹(岡山学芸館高3年)
「あこがれの選手は遠藤保仁という納得のプレースタイルを持つゲームメーカー。ボールを友達にできるタイプの選手で、パスを走らせて味方を活かしながら自分も生きる。よりゴールに直結する仕事も期待したい」

MF檀崎竜孔(青森山田高2年)
「夏のブレイク候補筆頭かもしれない。武器であるスピードに乗ったドリブルからの切り崩しに加えて、ボールを受けて離す部分にも変化が感じられるようになってきた。あとはゴールという結果を大会に刻んでいくのみ」

FW新井光(市立長野高3年)
「練習参加してきた彼を観た湘南・曹貴裁監督が『プレーしていて何のストレスも感じさせなかった』と驚嘆し、そのまま獲得に至った逸材FW。昨年の夏は何とも悔しい結果に終わっただけに、今大会への思いも強いはず」

FW芝崎翼(柳ヶ浦高1年)
「大分県予選で3回戦から決勝までチームの全得点に当たる6ゴールを叩き出したゴールデンルーキー。ボディバランス、ゴール感覚に秀でる点取り屋が、果たして全国舞台でどれだけやれるか。柳ヶ浦にとってもポイントだ」

執筆者紹介:川端暁彦
 サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長。2004年の『エル・ゴラッソ』創刊以前から育成年代を中心とした取材活動を行ってきた。現在はフリーランスの編集者兼ライターとして活動し、各種媒体に寄稿。著書『Jの新人』(東邦出版)。

●【特設】高校総体2017
東京五輪への推薦状-by-川端暁彦

ユース取材ライター陣が推薦する総体注目の11傑vol.2

元の記事へ移動

土屋氏が注目選手に挙げるGK緑川光希(昌平高)
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体注目の11傑』」

 ゲキサカでは7月29日に開幕する平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は(株)ジェイ・スポーツで『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当する傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材、そしてゲキサカでコラム『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』も連載中の土屋雅史氏による11名です。

土屋雅史氏「実は今大会の決勝をJ SPORTSで録画中継することが決まり、個人的にも例年以上に強い意気込みを持って迎える今年の全国総体。その晴れ舞台に臨む選手の中から、取材する機会の多い関東のチームを中心に、夏の主役になりうると自信を持って推薦できる11人をご紹介させていただいています。全国総体は夏休みという期間もあって、出場する側にも応援する側にも非常に印象に残る大会。参加される皆さんは、是非宮城の地で一生の思い出を作って下さい!」

以下、土屋氏が注目する11名
GK緑川光希(昌平高3年)
「昨年度は全国総体ベスト4を経験し、大会優秀選手にも選出された安定感抜群の守護神。『去年の選手たちがあそこまで結果を出したことで、基準がそこになったので、僕たちはそれをさらに超えなきゃいけないなと思っています』と“昨年超え”を明確にその視野へ捉えている。『小柄な選手だということで逆に注目されるとも思いますし、プラスに捉えたい』という彼が憧れるのは京都の菅野孝憲。ちなみにメッチャいいヤツです(笑)」

DF吉田伸弘(阪南大高3年)
「国内屈指の激戦区と言っていい大阪を無敗で勝ち上がってきた阪南大高を、ディフェンスラインから支える生粋のチームリーダー。濵田豪監督も『ノブは頑張り過ぎて、責任を感じ過ぎている所が心配』と言及するほどの責任感を武器に、今シーズンは昇格したプレミアリーグWESTでも全試合にスタメンフル出場中。世代屈指のアタッカーたちと対峙することでさらなる自身の成長を期す」

DF尾前祥奈(実践学園高3年)
「新チームの立ち上げから常に都内の注目を集めてきた今シーズンの実践学園をまとめる闘将。全国に向けての意気込みを問われても『まずは100パーセントでやり合って、それでやっと何かが生まれると思うので、やっぱり練習しかないですね』と言い切る姿勢は、まさに『心で勝負』を掲げるチームのキャプテンそのもの。試合が終わり、応援席へ一礼する直前に彼が話す言葉を聞けば、その圧倒的な人柄は瞬時に理解できる」

DF関根浩平(昌平高2年)
「昨年度の全国総体は本大会から出場機会を獲得し、ベスト4進出に貢献。『今年は予選もしっかり自分が出て勝ち切れたので、去年以上の成績を残したいと思います』と緑川同様に日本一への強い意欲を明言している。なお、『ビルドアップもしっかりできるし、スピードもあるので将来が楽しみ』と藤島崇之監督も好評価を口にする彼が意識している選手はFC東京の森重真人」

MF田部井涼(前橋育英高3年)
「百戦錬磨の山田耕介監督も『彼は違います』と信頼を寄せる、伝統の14番を背負ったキャプテンは『練習からもっと要求していかないと“なあなあ”になるので、強くなるために時にはケンカしたり、言い合ったりして、より高いレベルでサッカーをしたいと思います』とキッパリ。得意の左足を駆使したゲームコントロールにも定評があり、入学のキッカケになった鈴木徳真(筑波大)を『【超える】という目標』のため、まずは夏の頂点を狙う」

MF小関陽星(関東一高2年)
「以前は『相手を3人ぐらい剥がしたらチャンスになるし、『抜けたらカッコいいかも』みたいなのが出ちゃうんです』と話していた都内屈指のドリブラーは、総体予選以降のボランチ起用で攻守に戦える選手へ変貌。格段に良くなった球離れの良さが、時折繰り出すドリブルの切れ味をより強烈な武器へと昇華させている」

MF佐野海舟(米子北高2年)
「1年生ながらレギュラーとして参入戦で躍動し、自力で引き寄せたプレミアリーグでここまで全8試合にスタメンフル出場。高校年代最高峰の舞台で経験を積み重ねているバランス感覚に優れたボランチ。今シーズンは10番を託されているチームでの活躍はもちろん、年代別代表も含めて今後のステップアップを期待される逸材」

MF北條滉太(実践学園高3年)
「リーグ戦でもトーナメントでも、今シーズンの都内で確実に結果を残している実践学園不動のボランチ。彼が不在だった総体予選の準決勝では、深町公一監督も『アイツがいないからなかなかボールも動かないし、中盤のバランスも良くなかった』と言及。決して派手さはないが、確実にセカンドボールを回収し、確実に左右へ配球できる北條の存在は、ベスト8を目指すチームにとって絶対に欠かせない」

MF岡健太(徳島市立高2年)
「駒場のスタンドがどよめきに包まれたのは昨年度の高校選手権1回戦。試合終了間際にピッチへ送り込まれた岡は、とんでもないスピードでピッチを疾走し、あわやというチャンスを創出。『身体能力の高い1年生の中でも物凄く足が速い』と河野博幸監督も称したように、短い時間で鮮烈な印象を残した。初戦の長崎総合科学大附高戦で活躍すれば、一気にブレイクする可能性も」

FW遠藤寛紀(浦和西高3年)
「30年ぶりに夏の全国へ帰ってきた浦和西の10番は、165cmと小柄ながらボールコントロールに優れた左利きのテクニシャン。全国出場権を獲得して臨んだ県予選決勝では、唐牛七海加藤淳志との連係で強豪の昌平高ディフェンスを翻弄するシーンも。ロースコアで勝ち上がってきたチームにとって、攻撃の中核を担う彼の出来がその浮沈を握っている」

FW池田健太(関東一高2年)
「小野貴裕監督が『南米の選手っぽいというか、トレーニングの中で上手いというよりも、ゲームの中で生きるヤツ』と表現したストライカーは、3年連続となる全国を狙った総体予選の関東一に突如として出現。『そんなに良い所にいるという選手じゃなかったんですけど』と本人も首を傾げたものの、準々決勝からの3戦連発で一気に定位置を確保。まだ大舞台での経験に乏しいだけに、この夏で大化けする可能性も秘めている」

■執筆者紹介:
土屋雅史
「(株)ジェイ・スポーツに勤務。Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、『デイリーサッカーニュース Foot!』を担当。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。ゲキサカでコラム、『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』を連載中。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。」

●【特設】高校総体2017

ユース取材ライター陣が推薦する総体注目の11傑vol.1

元の記事へ移動

森田氏が注目するストライカー、FW高木慎也(四国学院大香川西高
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体注目の11傑』」

 ゲキサカでは7月29日に開幕する平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)の注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義:「選びたい選手やお勧めしたい選手が、たくさんいるのでいつもこの企画は誰を選ぶか悩みますが、今回は、今年見た選手の中から、『今大会を機にブレークするかもしれない』と可能性を感じた選手を選考しました。夏の仙台で彼らがどんなプレーをしてくれるのか、見る人にインパクトを残すことができるのか、活躍に期待しています」

以下、森田氏が注目する11人
GK新田峻也(名経大高蔵高3年)
「初の全国行きを掴んだ新興勢力の隠れたキーマン。高さを活かしたキャッチングに自信を持つ守護神だが、『ボールを回しながら相手を崩すスタイルに、自分の持ち味であるキック力を織り交ぜたい』と話すように攻撃力も高く、正確なロングキックで攻撃にアクセントを加える」

DF西野太貴(丸岡高3年)
「元々は中盤の選手だったが、最終学年を迎えた今年に入ってCBにコンバートされた主将。的確なコーチングと気持ちのこもったボール奪取に加えて、小阪康弘監督が『今年のチームは西野の存在が大きい』と称賛するほどのリーダーシップも備える」

DF中島賢悟(神村学園高3年)
「今年の神村学園はU-18日本代表のFW高橋大悟を中心とした破壊力十分な攻撃が目を惹くが、守備も実力は十分で、インターハイ予選は6試合無失点。中でもCBとしては小柄なサイズながらも、競り合いで強さを発揮する中島の存在は大きく、全国でどこまで戦えるか見ものだ」

DF坂本航大(中京大中京高3年)
「精度の高いロングフィードが光るCB。新チーム発足直後は定位置を掴めずにいたが、インターハイ予選の序盤で出場機会を得ると、岡山哲也監督に『僕らが思っていた以上のパフォーマンスを見せてくれた』と言わしめる働きを披露し、スタメンの座を掴んだ」

DF前野恵吾(市立尼崎高2年)
「FWとトップ下が本職だが、『ポジションは決まっていない。色んな所をやりすぎて、どこが向いているかも分からない』と笑うように、複数の位置をこなせる万能型。インターハイ予選では、3バックの左や左サイドバックを務め、柔らかいボールタッチと左足キックの精度の高さが目を惹いた」

MF江口隆史(明徳義塾高3年)
「183cmの長身に左右両足から繰り出すパスセンスを備えた要注目のボランチ。主将を託された今季は課題だった活動量にも改善が見られ、飛躍を遂げる可能性は十分。『全国に出ただけでは意味がない。全国でも勝てるように頑張りたい』と初戦で当たる東福岡の撃破を狙う」

MF篠永雄大(京都橘高2年)
「空間認知能力の高さを活かしたボール奪取とパスセンスの高さが光るボランチ。2年目を迎えた今季は主軸の一人として期待されており、『大事な所で点を決めたり、梅津(凌岳)クンと一緒にパスで試合を支配してチームに貢献したい』と活躍を誓う」

MF石原利玖(東福岡高2年)
「50m6秒ジャストの快足を活かし、サイドから見せ場を作るアタッカー。中学時代は無名の存在だったが、インターハイ予選からAチームに抜擢されると他を圧倒するスピードで好機を作り、主力に定着。初の全国でその名を轟かせることができるか注目だ」

MF南出紫音(三重高3年)
「高い技術力を活かしたドリブルと裏への飛び出しでチャンスを作るMF。『先輩についていくだけだった昨年と違い、チームを引っ張らないといけない』と意気込む今年は、ピッチで他との違いを見せている。全国では、『力が出せなかった』と昨年のリベンジを果たし、プロ入りを狙う」

MF山口直也(広島観音高3年)
「緩急をつけたドリブルが持ち味のアタッカーで、早生まれとして挑んだ昨年の岩手国体では日本一と得点を獲得。主将の座を託された今季は、攻撃の要として期待されており、試合状況に応じて左右中央とポジションを変えながら、タメとチャンスを生み出す」

FW高木慎也(四国学院大香川西高3年)
「兄・彰人(G大阪)は力強い突破が持ち味だが、弟の慎也は巧みなボールコントロールとスピードが売り。これまでは、持ち味を結果に結び付けられない印象が強かったが、『今年は勝負の年。FWは点を獲らないと評価されない』と話すようにゴールへのどん欲さが増し、覚醒の予感が漂う」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校総体2017

エース負傷離脱のアクシデントを全員でカバー!真岡が4年ぶりの全国へ:栃木(24枚)

元の記事へ移動

真岡が全国3位に食い込んだ13年度以来4年ぶりの全国へ
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

総体予選初先発のFWが大仕事!FW齋藤が栃木決勝で2得点!(6枚)

元の記事へ移動

前半24分、真岡FW齋藤遼平(3年)が先制ヘッド
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

準決勝ではPK戦でGK努めてシュートストップ!CB後藤主将が真岡の栃木制覇に大貢献(4枚)

元の記事へ移動

真岡の主将、CB後藤智亮主将(3年)
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

危険な存在になり続けていた真岡の注目レフティー、MF金澤礼弥(4枚)

元の記事へ移動

真岡の注目レフティー、MF金澤礼弥(3年)
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

栃木決勝が3年生のラストマッチに。進学校・栃木高が見せた諦めない戦い(20枚)

元の記事へ移動

主将の右SB谷内小太郎(3年)が激しく競り合う
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

決勝で敗れるも、栃木高の中盤で存在感放ったMF大内(4枚)

元の記事へ移動

MF大内拓真(3年)は存在感ある動きを見せた
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017

栃木高が意地の1ゴール!後半ATに交代出場FW味村が真岡ゴール破る(4枚)

元の記事へ移動

0-4の後半アディショナルタイム、栃木は交代出場FW味村大地(3年)が意地のゴール
[6.25全国高校総体栃木都予選決勝 栃木高 1-4 真岡高 栃木グ]

 25日、平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた栃木県予選決勝が行われ、栃木高と真岡高の公立勢対決となった決勝は、真岡がFW齊藤遼平(3年)の2ゴールなどによって4-1で快勝。全国3位となった13年度以来、10回目となる全国総体出場を決めた。
●【特設】高校総体2017